「所さんの目がテン!」で世界初 ジンベエザメの捕食シーンを大公開

「所さんの目がテン!」で世界初 ジンベエザメの捕食シーンを大公開

深海を泳ぐジンベイザメ「ユウユウ」

10月1日(日)と10月8日(日)、2週にわたって放送される「所さんの目がテン!」(毎週日曜朝7:00-7:30日本テレビ系)で、「バイオロギングスペシャル『ジンベイザメの謎』」と題し、世界最大の魚類・ジンベエザメの謎に迫ることが明らかとなった。

体長12m以上にもなるといわれるジンベエザメだが、実際の大きさや食べ物はいまだ解明されていない。今回、ジンベエザメの生態の謎を明らかにするため、鹿児島・かごしま水族館、長崎大学の河邊玲教授らと合同プロジェクトを発足。水族館から海に放流されることになったジンベエザメ「ユウユウ」にカメラなどを装着し、「バイオロギング」という方法でジンベエザメの生態を探る。

バイオロギングとは、動物に小型カメラや行動記録計などの小型の装置を取り付け、その動物の動きや周りの様子などの生態を調べる研究手法。

4日後に回収したカメラの映像を確認すると、ユウユウが深海に潜り、プランクトンを捕食するシーンが捉えられていた。河邊教授によると「世界初」というこの映像は、後編10月8日(日)に公開予定だ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)