声優初! 鈴村健一・神谷浩史が60年の歴史を持つカレンダーに登場

声優初! 鈴村健一・神谷浩史が60年の歴史を持つカレンダーに登場

「2018東映スターカレンダー」に鈴村健一と神谷浩史が2ショットで登場(写真右列、上から3段目)

10月1日(日)より東映オンラインショップにて販売が開始される「2018東映スターカレンダー」に、声優の鈴村健一と神谷浩史が登場する。

「東映スターカレンダー」は1957年より制作されており、これまでに高倉健、千葉真一、美空ひばり、松田聖子など、時代を彩ってきたスターが登場してきた。

鈴村は「仮面ライダー電王」(2007-2008年、テレビ朝日系)でリュウタロスの声を担当。また、神谷は「宇宙戦隊キュウレンジャー」(毎週日曜朝9:30、テレビ朝日系)でショウ・ロンポーの声を務めており、共に東映特撮に縁の深い2人だ。

さらに、鈴村と神谷はラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」(毎週金曜夜0:30、文化放送)にも出演中。そんな2人が60年の歴史を持つ「東映スターカレンダー」に声優として初めて登場する。

また、9月29日(金)放送の「仮面ラジレンジャー」では今回のカレンダー撮影時のエピソードが披露される。

その他、今回の2018年度版カレンダーには松田龍平、志尊淳、筧美和子が初登場。また、舘ひろしは1981年以来37年ぶりの再登場となっている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)