桜井ユキが高橋一生と作り上げた“リミスリ”の世界

桜井ユキが高橋一生と作り上げた“リミスリ”の世界

桜井ユキがは映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」で初主演を務める

桜井ユキが初主演を務め、高橋一生との共演で話題の映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」が、10月21日(土)から東京・新宿武蔵野館ほかで全国順次公開される。

主人公・オリアアキ(桜井)は、29歳の売れない女優。毎日、小さなサーカス団でマジシャンの助手をし、30歳を目前にしても仕事への熱も生きる目標もなかった。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。唯一、アキの中で美しい思い出として残るのは恋人・カイト(高橋)との時間だった…。

過去と現在、現実と妄想。見る者を縦横無尽の世界に引き込み、その視線を外させない力強い映像で綴るのは、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。自主映画界で注目を浴びてきた二宮健監督が脚本も担当し、かつて誰も見たことがないほど挑発的で衝撃的な世界を描く。

公開を目前に控え、桜井を直撃。ロングインタビューの中で、初主演への思い、作品の見どころ、高橋との撮影秘話、自身の女優像などを語ってもらった。

■ 主演は作品のカラーになる

――初主演の撮影を終えた気持ちから聞かせてください。

完成した映像を何度か見ても、いまだに客観視できない状態で、まだ世界観に浸かっている自分がいるなっていう感じです。

――桜井さんはほぼ出ずっぱりですね。

ここまで出ずっぱりな作品もなかなかないと思います。撮影中は「大変だな」「きついな」って感じる暇もないくらい、日々終えることに必死でした。体力的なものもありましたけど、シーンによっては大変だったなって思うことも、その時はそんなことを感じることなく撮影の日々が過ぎていきました。

――主演ということは意識されましたか?

今こうやって取材を受けたり、掲載されたものを見ることで、「あ、主演なんだな」って自分の中で自覚するくらいで、撮影前や撮影中は、「私主演なんだ」っていう意識はなかったですね。

――では、実際に務めてみて“主演”に対する印象の変化などは?

自分が主演をする日が来ると思っていなかったんですよね。主演って作品のカラーになるし、どの役者さんがやるかによって、その作品自体の色が変わってくると思うんです。

心の動きの全てが作品に影響するという部分では、本当に責任重大なポジションだと思います。役とちゃんと向き合っていないといけないし、少しでもそこが抜けたりするだけで作品に影響を及ぼすという、自覚というものは必要だと思うんです。

だけど、「主演だから」ということを特に意識するということはあまり必要ないんじゃないかなって思っていて、そこに重きを置いてしまうと、自分の中の軸がちょっとぶれちゃうんじゃないかなって思っています。

■ アキは感情の幅が大きい

――今回の作品はストーリーがすごく独特ですね。

台本を読んだ時、気付いたら読み終わっていたというくらい、作品の世界観に引き込まれました。そして、読み終えた時には「やりたい!」と思っていました。

この作品のオファーをいただいた時、肌の露出を含めて大変なシーンや精神的にきついシーンが多いということを、事前に説明をしていただいた上で台本をいただいたのですが、読んだ後もやることに迷うことはなかったですね。

――女優・アキを演じる中で、ご自身と重なる部分もあったのでは?

アキは10代で女優になるということを夢見て、カイトという存在に縛られつつそのまま成長していってしまいました。あったはずの出口ですら自分でどこにあるのかわからなくなっている。そこは私も若い頃にあって、葛藤するアキの気持ちを理解するというか、自分の過去にあった感情などを掘り起こすということはありました。

――これまで演じてきた役とはずいぶんと違いますね。

違いましたね。演じる感情の幅が大きな役だったので、きつかった部分もあります。陰の部分から陽の部分まで、一つの作品の中で感情の幅がとてもある役でした。今までの経験にない奥行きを感じました。

――二宮監督から演出などで言われたことはありますか?

基本的に「こう動いてほしい」「こういう風にしてほしい」という演出をする監督ではないんですね。監督の中にしっかりと作品の世界観と、オリアアキという人物、高橋さん演じるカイトという人物が、監督の中で生きている感覚なんです。

だから、例えばアキとカイト二人のシーンだったら、「こういう生活をしているんだよね。だから、こうだと思うんだよね」って、立体的な話を投げ掛けてくれるんです。「こうしてほしい」というよりも、「こういうことだよ」ってストーリーをその都度渡してくれました。

■ フラットな状態で生まれた空気感

――高橋さんと二人で作り上げる雰囲気は印象的でした。

お互いに撮影中は、役についてとか、「次のシーンはこうだから」といった話をしていなかったんです。それを撮影が終わって高橋さんとお話をしていて気が付きました。

現場でもお互いに比較的フラットな状態でいて、切り替えるということもなくすっと入っていくという感じで。だからこそ生まれた二人のシーンの空気感があると思いますし、演じている時も高橋さんの出してくださる雰囲気が心地良かったです。

――高橋さんとは初共演ですか?

ドラマでご一緒したことがあるのですが、出演シーンが違ったので、お会いしてなかったんです。ちゃんと一緒にお芝居をさせていただいたのは今回が初めてです。

――どんな方でしたか?

お会いするまでは、すごくまじめで聡明なイメージでした。実際は、とてもユニークで、いろいろなことを知っていて、撮影現場でも監督とよくそういうお話を聞いたりしていました。奥行きのある、とても深い方だなっていう印象です。そしてどこか少年っぽさも感じます。

――刺激を受けた部分もあったのでは?

このタイミングでこうしてとか、頭で計算しないでお芝居をするってなかなかないと思うんですよ。でも高橋さんは、それをとうに済ませて遠くのかなたに置いておいた状態で、お芝居で会話をすっとされる方でした。一緒にお芝居をさせていただいて、初めて得た感覚でしたね。

――演じる中で高橋さんが引っ張ってくれたところもあったと。

それはあると思います。お互いに打ち合わせをしたわけでもないのに、自然とその場で生まれて結果こうなったねというシーンが結構あったので、高橋さんがそういう雰囲気をお持ちなんですかね。

■ ラブシーンでは高橋一生に「思わずポロっと」

――初挑戦のラブシーンは緊張されたのでは?

人前で肌を露出するという部分では、撮影までは特に身構えるという感覚はなく、比較的フラットな状態でいられたんです。でも、そのシーンになってスタートがかかる直前に、すごく心臓がバクバクしたんですよ。「あ、私たぶん緊張しているな」と思って、その時に高橋さんに言っちゃったんです。思わずポロっと。高橋さんは「そうだよね、大丈夫だよ」とさらっと言ってくれて。そのままスタートしました。

そこからは、周りのカメラは気にならなかったですし、自然体でその場で生まれたものを構築していく感じでした。そのシーンは映像で見ても良かったと思いましたし、(高橋さんが)受け止めてくださったので、伝えて良かったなって思いました。高橋さんに感謝すべきところですね。

――高橋さんに緊張を伝えたことで変わったんですか?

「緊張している」と言ったことへの安堵というか、自分が言った一言にも、受け止めてくださった高橋さんの一言にも救われました。繊細なシーンではあるので、気にすることなく自然体で演技ができたというのは、お相手が高橋さんだったというのも大きいですし、幻想的な空間によるものも大きいと思います。

――屋上のシーンでしたね。

屋上のシーンは、照明も含め美術の一つ一つが、幻想的な空間を作っていました。周りには夜景が広がっていて、そんな日常と離れた空間だったからできたというのもあると思いますね。建物の中の一室ではなく、どこか異空間な場所だったことが、あの世界観を表現できたのだと思います。

――確かに屋上は印象的なシーンでした。

美術品一つ一つの色彩や電飾の色彩までもが幻想的でした。撮影前にセットが完成した屋上に足を踏み入れた瞬間に鳥肌が立ちました。「ここでアキとカイトが生活していたんだよ」って、横で監督が説明してくれて、私はただただ「何てすてきな空間なんだろう」って思って見ていました。

屋上は、カイトとの幸せな時間もそうなんですけど、カイトが去ってしまった後にアキが一人で過ごした空間でもあるんですね。そこはアキにとって大切な場所であり、いろいろなものが詰まっている場所でもあるので、思い入れがあります。私にとっても屋上が一番好きなシーンです。

■ 年々充実して満たされている

――今回の作品では、現実や妄想の世界が目まぐるしく展開されますが、桜井さんは普段から妄想することはありますか?

私は基本的に妄想して過ごしているようなものなので(笑)。役を演じる上でも、役作りということより、役を妄想するということが自分の中で重要で、毎回そこから得るものが大きいんですよね。

――妄想による失敗などは?

ないですね。幸せに浸っているか(笑)、役について考えているか。楽しい方の妄想なので、今のところ失敗とかはないです。

――アキとは逆ですね。

そうですね。マイナス要素に働いたことがないので逆かもしれないです。

――では、過去のどこかに飛びたいという思いは?

私はあまり戻りたい過去というのがないんです。それは年々充実していっているというか、満たされていると感じているので。

■ 見る方の状況などで受け取り方が変わる作品

――女優として今後について考えていることはありますか?

具体的な女優像というのはないんです。こんな役を演じたいというのは細かいところで言えばあるんですけど、それよりも自分のキャパ(シティー)を常に広い状態で、どんな状態になっても受け入れる状態に整えておくっていうことの方が、受け身でいいかなって。

あまりそこに自分というものを強く出していくと、たぶんどこかでぶれちゃうのかなって思うので、具体的にこういう女優というよりは、間口の広い役者でいられたらなって思います。

――この作品は、女優・桜井ユキにとって間違いなく代表作になると思います。

この作品を見て、桜井ユキという人物を初めて知る方がほとんどだと思うんですけど、この“リミスリ”で、そしてオリアアキを演じている桜井ユキとして知っていただけるというのは、もう本当にうれしいです。この作品で人の目に触れるきっかけになれた、この作品で良かったって心から思います。

――どんな人に見てもらいたいですか?

(高橋さんのファンなど)女性の方が多いとは思うんですけど、私は男性の方にも見てもらいたいですね。年齢や性別、見る方の状況などで受け取り方が変わる作品だと思うんです。あまりこの(ポスター)ビジュアルに限ったような内容ではないので、男性や幅広い年齢層の方にも見ていただきたいなって思います。

――では、最後に読者へメッセージをお願いいたします。

ストーリーはもちろん、映像美と音楽の相乗効果に、“見る”というよりも“体感”できる作品です。ぜひ劇場で体感してください。そして、オリアアキの奮闘ぶりと、カイトの優しさに触れてみてください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)