草なぎ剛「みんなの期待に応えられるように進んでいきたい」

草なぎ剛「みんなの期待に応えられるように進んでいきたい」

「いろいろやりたいこと、届けたいことはたくさんある」と草なぎ

“新しい”船出を切ったばかりの草なぎ剛が、発売中の「月刊ザテレビジョン(11月号)」の連載で、最近の心境や近況など存分に語った。

また、この10月で「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)が20年目に突入するということで、「僕の人生の一部」という同番組を振り返りつつ、これからの意気込みも語った。そのインタビューの一部を紹介。

■ “最強の43歳”になりたい

「季節は秋。秋といえば?最近は、映画を見てる。「ラ・ラ・ランド」「君の名は。」、最近の話題作とかいろいろDVDで。全部面白いよ。あと海外ドラマ「ブレイキング・バッド」も面白い。中居(正広)くんイチ押しの「24―TWENTY FOUR―」よりかは、あまり知られてないシリーズかもしれないけど、フィギュアとかも集めちゃおうかな〜ってくらい好きになってる作品です」

以前、同インタビュー時に「ハマッてる作品があって、全部見終わったらタイトルを教えてあげる」と話していたものの、他の雑誌でこのドラマの話をしてしまった草なぎだが、「ゴメンネ。じゃあ、今からまた違う海外ドラマ見るよ。でさ、またハマったら今度は一番に教えてあげるから(笑)。お気楽〜! 」と新しい活動の局面に入ったからといって、その“お気楽”スタイルは変わらない。

「あと、秋といえば僕は運動の秋。常にアクティブに動くことに重きを置きたいなと思うよね。ジムに行ったり、季節的にも爽やかだから外を歩いたり。7月ごろは暑くて暑くて、洗濯してるだけで疲れちゃう!なんてダレたこと言ってたら、ちょっと太っちゃって。運動して戻したのね。そのとき思った。やっぱり好きみたい、体を動かすことが。僕、“最強の43歳”になりたいんですよ。人間、歳をとっていくのは当たり前。だったら、同級生とか同じ43歳の人に会ったときに、自分が一番元気にいたいなと思って」

汗をかいて身体を動かさないと、逆にストレスがたまってしまうタイプの草なぎ。おいしいものが並ぶ季節だからこそ、運動もきっちりするという。

■ 「ぷっ」すま20年目。これからも今のスタイルで続けられれば

「さて、この10月で「『ぷっ』すま」が20年目に入ります。20年…、長くやってるんだね。でもなんかテキトーにやってるのがやっぱりいいのかな。今さらね、急に変えようと思っても、変わらないと思うし(笑)。ユースケさんとやるのが楽しいので、今のスタイルで長くゆる〜く続けられればいいなと思ってる」と、ゆる〜く今後の意気込みを語った。

「番組が始まったときは、僕は23、24歳ぐらいで、すごく忙しかったなというのは覚えているのね。こんなに長く続くと思ってなかったし、とりあえず自分の中では毎回毎回一生懸命やったという印象なんだけど、見るとそうでもないっていう(笑)。いろんなコーナーがあったよね。「記憶力絵心クイズ」とかはわりと最近もやったけど、自分では普通に絵を描いてるつもりなので、みんなが「スゴいね、剛くんの絵」というのが、いまだに何がスゴいか分からない。画伯なんて呼ばれちゃってね。まあ楽しんでもらえるならいいんだけど(笑)」

■ みんなの期待に応えられるように進んでいきたい

「僕の中で1、2位を争う企画は、『普通免許一発合格への道』。ようするに番組で普通免許を取得したわけですよ。あれは本当に大変でね。教習所に行かず、先生が付いて教えてくれて、鮫州の運転免許試験場に一発トライしに行くんだけど、何度も落ちて。朝は早いし、僕が試験をしている間、ユースケさんが近くで待っててくれるっていう、今じゃ考えられない企画。すごい忙しかったときなのにね。若くてエネルギーがあったんだよ。だから今も番組が続いてるんだと思うけど。あと、免許と同じくらい、忘れられない企画は『ギターマンへの道』。和田唱(TRICERATOPS)さんとの出会いは本当に大きくて。アルバムにも僕は曲を書いてもらったし、トライセラのライブに飛び入りで参加して、初めてお客さんの前でギターを弾いた。しびれたな」と感慨深げに20年を振り返る草なぎ。やはりその長い年月の中には、番組の“相方”であるユースケ・サンタマリアと紡いでいた関係性が大きく作用しているようだ。

「たまにね、ユースケさんと2人でご飯を食べるときがあるのね。半年に1回ぐらいかな。こないだもちょっと食べて。いろいろね、こういう時期だし『ありがとう』みたいな感じで。『これからこうしていこう!』みたいな話はしてないけど『2人で20年やってきたね』みたいな。『ちょっとした奇跡みたいなものでできている番組だから、このまま気負うことなく、長く続けられたらいいね』って。そう、ユースケさんみたいな面白い人と出会えたことこそ僕にとって奇跡。これからも大事に楽しく番組を続けていきたいなと思ってます」

■ やりたいこと、届けたいことはたくさんある

「そして、いつも応援してくれているみなさんへ。いつも本当にありがとう。こんな僕のことをとても心配してくれている感じは伝わっています。そんな思いに恩返しというか、みんなの期待に応えられるように進んでいきたいなと思ってます。今はまだいろいろ考えて模索してるときだけど、やっぱり走っていかないといけないし、自分も走りたいし。いろいろやりたいこと、届けたいことはたくさんあるので。多分楽しいこと、いろいろ報告できるんじゃないかな」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)