【SASUKEその2】塚田僚一&岩本照も挑戦!目指すは完全制覇

【SASUKEその2】塚田僚一&岩本照も挑戦!目指すは完全制覇

10月8日(日)に「SASUKE2017秋」(TBS系)がいよいよ放送! タカアンドトシがMCを務める

1997年に誕生した「SASUKE」が20周年を迎え、10月8日(日)夜6時30分から「SASUKE2017秋」が放送される。

今回もプロサーファー・自衛官・漁師・板前・美容師など多種多様な100人が集結。芸能界からも、セカンドステージ制覇を目指す樽美酒研二、森渉、石田たくみらが参戦し、完全制覇を目指しアトラクションに挑んでいく。

ジャニーズからの塚田僚一、岩本照が挑戦前に囲み取材に登場し、意気込みやSASUKE対策、周囲からの反響などについて語った。

――コンディションはいかがでしょうか?

塚田:バッチリです! 夏の大会に出るのは初めてですけど、しっかりご飯食べたし、冬より動きやすいのですごくいい状態です。

岩本:僕は前回結果を出せなくて…ある意味結果を出したスタートになってしまったんですけど(笑)、今回の大会では「今のJr.はすごいんだぞ」というところを見せたい。落ち着いていけば何も怖いものはないかなという感じです。

塚田:今のJr.の活動っていろいろと活動の幅が広がっていて、その中の一つのSASUKE…岩本照に引っ張って行ってほしいですね、期待してます!

岩本:ありがとうございます(笑)。

――前回出場されて、周囲の反響はいかがでしたか?

岩本:結構気を使わせてしまったと思うんですよね…メンバーにもファンの方にも(笑)。「(SASUKEに)出られただけでもすごいし!」とか「照のすごさは俺らが一番よく知ってるからさ」とか、「結果としては本人が一番悔しいと思うから俺らはこれ以上言わないけれども、次は大丈夫でしょう」っていう感じで。

塚田:出場するしないというのも結構大きい決断なのかなと思うんですよね。僕は小さい頃から憧れていましたし。滝沢(秀明)くんとお話する機会があったんですけど、見ていてくださったみたいで、「SASUKEすごかったね」って言ってくださったりして、「滝沢くんも出場したらクリアできそうですね」って言ったら「いやいや、遊びで出たら楽しそうだけど実際やると大変そうだね」って仰っていて、SASUKEに出場するだけでもすごいことなのかなと感じました。

岩本:僕も滝沢くんから言われました。「岩ちゃん見ていて、かっこいい感じで出てきたからどこまで行くんだって思ったら最初でポチャッと落ちちゃって『あれ?』ってなっちゃったけど(笑)、その場の空気感というのはテレビで見てるのと違うし、実際目の前にしたらやっぱり緊張もするだろうし、背負うものもあるだろうから、その中でよく頑張ったと思うよ。次期待してるね」って言ってくださって。先輩にこういう結果でしたよってちゃんと報告できるようにしたいですね。

塚田:報告できるといいね。メンバーにもファンの子にも。

――塚田さんは前回念願の1stステージクリアを果たしましたが、メンバーの反応はいかがでしたか?

塚田:「おめでとう!」って言ってくれました! 「すごいじゃん!」って喜んでくれましたね。でも、その分どんどん期待も高まっていると思うし、自分の中でももう完全制覇するまで引き返せないかな、という感じです。今回で4回目、徐々に徐々に完全制覇に近づいてるので、完全制覇に向けてやっていきたいです。

――前回クリアしてみて、クリアには何が必要だと感じましたか?

塚田:一番大きかったのは、後輩が参加するってことで、最初は「やめてくれ!」って思ったんです。僕より先に彼が結果を出したら僕がクビになっちゃうと思ったんです(笑)。でも、彼は現場で応援してくれて、近くにいてくれると力になるなって。じかにすごく響くものがあるなと思いました。お互いがライバルでもあったりするので、こうやってじかに同じ目標に向かって頑張る仲間っていう感じでした。

――今大会に向けて2人で対策を話し合ったりしましたか?

岩本:一緒に練習させてもらった時に、お互いの練習姿を見てアドバイスし合ったりはしました。

塚田:前回僕、2ndの「サーモンラダー」っていうところでミスしてしまったので、稽古場に「サーモンラダー」を設置しました。どうしてもやりたいなと思って。前回やって、あの感覚って言うのは初めてだったので、どうやれば攻略できるだろうって考えた時に「作っちゃえばいいや!」ってなって。そこで2人で練習したりしました。

――ずばり、目標は?

岩本:僕は前回いただいたチャンスをものにできなかったという悔しさがすごいあるので、自分と向き合って自分に勝てれば1stステージクリアできると思うので、落ち着いて一歩一歩進んでいきたいです。まずは1stステージクリアですね。

塚田:もちろん完全制覇ですが、まずは2ndステージを突破したい。そして、3rdステージを体験してみたいですね。前のめりな気持ちでいきたいと思います!

■出場者紹介(No.26〜No.50)

【No.26】旅行代理店営業 内洞遼

【No.27】巡視船あしたか乗組員 大石恵也

【No.28】キャビンアテンダント 濱田敬太

【No.29】漁師 橘大貴

【No.30】積水ハウス勤務 野口達雄

【No.31】東洋大学アイススケート部 小林寛和

【No.32】慶應義塾大学 軟式野球部 福田竜也

【No.33】陸上自衛官 望月雄斗

【No.34】潜水士 小野美波

【No.35】フィギュアスケート インストラクター 鈴木健太郎

【No.36】ファイアーナイフダンサー 上田拳嗣

【No.37】プールインストラクター 田中佑樹

【No.38】足場工事職人 宇賀神翔悟

【No.39】アウトリガーカヌークラブコーチ 中山広基

【No.40】居酒屋オーナー 藤松龍弘

【No.41】スラックラインプロライダー 細江樹

【No.42】ロックバンド 撃鉄 ボーカル 天野ジョージ

【No.43】第2代K-1スーパー・フェザー級王者 卜部弘嵩

【No.44】ジャニーズJr. 岩本照

【No.45】キタガワ電気 店長 日置将士

【No.46】漁師 第37金比羅丸 高須清輝

【No.47】ゲームセンター SEGA 従業員 山本浩茂

【No.48】建築現場監督 渡辺陽介

【No.49】海苔機械メンテナンス 小畑仁志

【No.50】中学2年生 岸野涼吾

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)