山崎ハコ、もたいまさこがユニット“ハコ&マコ”結成!新ドラマ主題歌に

山崎ハコ、もたいまさこがユニット“ハコ&マコ”結成!新ドラマ主題歌に

小林聡美と大島優子が初共演の「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN゚10』」

山崎ハコともたいまさこによるユニット“ハコ&マコ”が歌う「気分を変えて」が、11月に放送・配信スタートの「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN゚10』」(※読み:コートダジュールナンバーテン)のエンディングテーマに決定した。

山崎が作詞・作曲し、1975年に発表した「気分を変えて」を、新たに音楽家の金子隆博が編曲し、“ハコ&マコ”の2人がギターをかき鳴らしてロックな歌声で曲を披露する。

■ 山崎ハコ コメント

「気分を変えて」はデビューからずっと歌い続けてきた歌なので、驚きのうれしさだった。明日をつくるのは、自分だ。という言葉が好きで。そうだ、この歌も、バイバイしてから何かが始まる! と自分に向けた歌だった。あらためて気付かされた。

アレンジもカッコ良く、もたいさんのハモリは高難易度! パンクで不思議な「ハコ&マコ」。このままフィギュアになりたいと思ってしまいました。

■ もたいまさこ コメント

初めてこの曲を聴いたとき、今の時代にマッチしていると思いました。そして、ハコさんが、17歳でこの曲を作ったと聞いて、ビックリしました。その歌を私も歌えと言われた時、さらにビックリしました。

スタジオでの時間が終わり、落ち込んでいましたが、撮影でハコさんと海辺に立ち、流れてくるこの歌を聴いたとき、ひとごとのように、何だか気持ち良くなりました。実は、海辺の空の向こうにマッチする歌なのでした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)