“ミスド”のCMでブレイクした、双子美少女が登場! 「植木等とのぼせもん」出演中の鈴木みな・まりあSPグラビア&インタビュー

“ミスド”のCMでブレイクした、双子美少女が登場! 「植木等とのぼせもん」出演中の鈴木みな・まりあSPグラビア&インタビュー

土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」でザ・ピーナッツを演じる鈴木みな(左)&まりあ(右)

現在放送中の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(NHK総合)に出演中の鈴木みなと鈴木まりあの双子姉妹。ことし1月に出演したミスタードーナツのCMで「あの女の子たちは誰!?」と話題を集めた、双子界の新星!! そんな2人にインタビューを敢行しました!

■ デビューのきっかけは双子揃ってのスカウト

――デビュー間もないですが、そもそもどんなきっかけで芸能界に入ったんですか?

まりあ(妹)「私たちは茨城出身なんですが、お父さんと3人で東京に遊びに来たときにスカウトされたのがきっかけなんです。元々、そんなに興味はなかったんですけど…」

みな(姉)「家に帰ってから、結構相談したよね? 最初お父さんは反対していたんです。だけど、周りの友達にも芸能活動をしている子達がいたっていうこともあって、羨ましいな、その子達に私達も負けたくないという気持ちもあって(笑)」

――その後、出演したミスタードーナツのCMでは大きな話題を集めましたね。

みな「“ミスド”のCMは初めてのお仕事だったので、びっくりすることがいっぱいありました。撮影スタジオの広さとか、スタッフさんの多さとか、それまでは見ている側だったので、“こんな風に作られているんだ〜”と。でも緊張せずに楽しむことができたと思います」

まりあ「あのCMを見た方から街で声をかけていただいたりもして。友達は私達がドーナツを食べているシーンをマネした写真を送ってくれたりもして、本当にうれしかったですね」

みな「ただ、CMのオーディションは緊張したよね! そもそも人前に出ることがあまり得意じゃなかったんです」

まりあ「だから、合格の知らせをいただいたときは、みなと2人で大盛り上がりでした。撮影の日まで、鏡の前でドーナツを食べる練習をしたよね(笑)」

みな「したした〜(笑)」

――そして「植木等とのぼせもん」では連続ドラマ初出演を果たしました。しかも、演じているのは昭和の大スターである、ザ・ピーナッツさん!

みな「そうなんです。ザ・ピーナッツさんはとにかく歌がお上手で、そんな方々を演じることになってプレッシャーは相当ありました。合格したときはうれしかったんですけど、撮影が迫るにつれて、『本当に私たちで大丈夫なのかな?』って不安になりました」

まりあ「ザ・ピーナッツさんは声が大人っぽいので、少しでもそれに近づけるように必死で練習してね」

みな「週に1〜2回、東京に出てきてレッスンを受けてたんですけど、それだけでは不安だったので、休み時間に学校のトイレにある鏡の前で練習したりもしました」

まりあ「そうだったね。友達に見られたらちょっと恥ずかしいので、あまり人が来ないトイレでみなと待ち合わせしてね」

■ 人前で歌うことは、まだ少し恥ずかしい

――歌といえば、2人はアーティスト「Who's That Girl」としても活動されてますよね?

まりあ「そうですね。でも、正直、人前で歌うのは得意じゃなくて、いまだに緊張するんです…」

みな「そう。2人でカラオケに行くことはあっても、知らない人の前で歌うことはなかったので、恥ずかしいっていう気持ちが強いですね」

――2人でカラオケに行くときは何を歌うんですか?

みな「バラードだったり明るい曲だったりいろいろですけど、そのとき流行っている歌を一通り歌うようにしてますね」

――なるほど。でも、歌手活動の経験も本作では役に立っていますよね。では、第一線で活躍する俳優陣との共演はいかがでしたか?

みな「私たちはザ・ピーナッツさんの20代〜40代までを演じたんですけど、最初は大人っぽい声の出し方も分からなくて。そんなときに高橋和也さん(渡辺晋役)が、『ゆっくり、落ち着いた感じで話すといいんだよ』ってアドバイスをくださったんです」

まりあ「他の方々もみなさん優しくて、分わからないことは丁寧に教えてくれました」

――自分たちの演技を映像で見た感想はいかがでしたか?

まりあ「全然ダメだなって思いました(苦笑)。たとえば、他の方のお話を聞いているシーンで、映っているかどうか分からなくても、表情や仕草を作らなければいけないのに、それができていなくて…」

みな「皆さんセリフがないシーンでも、完璧に役に入り込んでいるんです。そこが私たちにはまだ足りていない部分ですね」

まりあ「そういう反省点は、よく2人で話すようにしてるんです。“ここがダメだった”“あそこができていなかったね”って。でも、たいてい思っていることは一緒なんですけどね」

■ 二人を見分けるコツは?

――考えていることまで一緒なんですね! そんなお2人を見分けるコツはありますか?

まりあ「よく見ると、輪郭が微妙に違うんですよ。みなの方がシュッとしていて、私は丸いんです。それにずっと一緒にいると、話し方も違うのでわかるようになりますよ」

みな「でも、学校の先生はいまだに見分けられてないよね(笑)」

――似すぎていて困ったことはありませんか?

みな「高校に入学願書を出すときに、証明写真を2人で撮りに行ったんです。その時に、写真がカバンの中で混ざってしまって。家に着いたら、“どっちが自分!?”って困ったことはありました(笑)。当てずっぽうで選んだら、どっちもまりあの写真だったんです」

まりあ「あの時は輪郭も隠れる髪型だったから、自分たちでも分かんなくなっちゃったよね(笑)」

みな「でも、得をすることもあるんですよ。地元のコンビニでバイトをしていたことがあるんですけど、2人でそれぞれ朝と夜に入っていたんです。そしたら来てくれたお客さんが『あなた、朝も夜も働いていてえらいわねぇ』って声をかけてくれて(笑)」

まりあ「本当に困ったときは、こっそり交代できちゃうくらい、みんな見分けがつかないよね(笑)」

■ プライベートでハマっているのは「漢字」!?

――芸能界で活躍する一方で、まだ現役の高校生ですね。最近、プライベートでハマっていることはありますか?

みな「昔から建物を見るのがすごく好きなんです。車での移動中はずっと建物ばっかり見てますね」

まりあ「あと、お父さんと一緒にモデルルームを見学しに行ったりね」

みな「そうそう! あとは、いつも料理をしています。冷蔵庫にあるもので適当にパパッと作っちゃうんですよ」

――最近のヒット作は?

まりあ「うーん、餃子かなぁ。普通の餃子よりもニラをたくさん入れて、お肉は鶏肉を使うんです」

みな「それをたっぷりの酢につけて食べると、すごくさっぱりしていておいしいですよ!」

――ドラマのタイトルにもある「のぼせもん」=「熱中する人」という意味ですが、2人が最近熱中していることはありますか?

まりあ「私は漢字にハマってます! 読み書きできない文字を覚えるのがとにかく楽しくて、11月には漢字検定の2級を受ける予定なんです」

みな「学校では私の後ろにまりあの席があるんですけど、授業中に振り向くとずーっと漢字を書いてるんです(笑)。こないだなんて数学の授業中なのに、ノートの片隅に漢字を書いていて、本当に好きなんだなって思いました」

まりあ「みなも一緒に検定受けようよ〜(笑)」

みな「考えとくね(笑)。私が最近熱中しているのは、フィルムカメラです。常に持ち歩いていて、風景や動物、まりあのことを撮影したりしてます」

まりあ「みなは本当に撮るのが上手なんですよ」

みな「ありがと! フィルムカメラって、スマホで撮る写真と違って、薄暗かったりぼやけたりするんですけど、それがレトロチックてオシャレなんです。周りでも流行っていて、その写真をSNSに投稿するのがブームになってます」

――好奇心旺盛でいろんなことに興味がある時期ですね! では、芸能界での今後の目標を教えてもらえますか?

みな「今は歌手や女優などいろんなジャンルに挑戦させてもらっていますが、今後もまずはいろいろ経験してみたいなって思ってるんです」

まりあ「そうだね。バラエティーにも出てみたいですし、その中で自分たちに合うものが見つけられたらいいなって思ってます!」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)