「科捜研の女」通算200回へ! 沢口&内藤は“ドモマリ”の関係!?

「科捜研の女」通算200回へ! 沢口&内藤は“ドモマリ”の関係!?

「科捜研の女」(テレビ朝日系)が放送通算200回へ!

京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く「科捜研の女」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)。1999年10月から始まった同作は、3月15日(木)に放送通算200回を迎える。

■ マリコ役・沢口靖子と土門役・内藤剛志に直撃!

主人公の榊マリコを演じる沢口と、その“良き相棒”でもある京都府警捜査一課の警部補・土門薫役の内藤がその感想を語った。

沢口は「台本の表紙にあった『放送通算200話』という文字を見て思わず込み上げてくるものがありました。『科捜研の女』に出会ったのは私が30代半ばのころ。こんなにも息の長い作品になったこと、視聴者の皆さまに愛される作品になったことに本当に感謝しています」と、記念回の台本を手にしたときの喜びを明かした。

そんな沢口に対し、「200回は単なる回数の積み重ねではない」という内藤は「僕は200種類のドラマをやってきたという感じがします。というのもマリコが科学を駆使して、それぞれ違う解き方で事件を解決しているから。いわゆるシンプルな刑事ものではないんです。

200の事件を200の科学で解き明かす、というのは他の追従を許さないところでもあると思います。だから単なる回数ではなく、種類だと思うんですね」とここまで続いた「科捜研の女」シリーズを振り返った。

マリコ、土門の2人の関係性について、沢口は「土門刑事はマリコにとっての一番の理解者、尊敬と信頼の絆で結ばれている存在だと思っています。個人的には内藤さんはお芝居のことを相談するといつもおおらかに受け止めてくださり、私を支えてくださる存在ですね」と、ドラマの中でも実際でも頼れる存在であるとほほ笑んだ。

一方、内藤は「土門は“マリコ”と呼び捨てにしますし、マリコも土門に対してタメ口なんです。恋人でもない、きょうだいでもない、あえて言うなら同志。個人的には2人の関係を“ドモマリ”と呼べるジャンルにしたいぐらいです(笑)」と語り、あらためて2人の信頼関係が垣間見えた。

■ 「放送200回記念スペシャル」は、科捜研の“働き過ぎ”が問題に!?

そんな第17話の「放送200回記念スペシャル」では、放火と思われる火災の真相をマリコらが科学捜査で解明する。さらに、科捜研や捜査一課の“働き過ぎ”を問いかける興味深い内容に。

事件解決を第一に行動する科捜研のメンバーと捜査一課の刑事たちが昼夜問わず事件を追う姿は、時に上司らの目に余ることも。現代社会に一石を投じる社会派ドラマとなっている。

放送200回記念SPの見どころを、内藤は「もう一つのテーマは、あえて言えばヒーローは働き過ぎていいのか、ということだと思うんです。だけど、働き過ぎることによってまわりに迷惑をかけることもあり、正義の味方は本当に働き過ぎていいのか、と。

今回の作品で優れているところは、その問いかけの結論を出していないところ。視聴者参加型のようになっているので、ぜひドラマを見ていただいて一緒に考えていただければと。もちろんミステリーはミステリーとして楽しんでいただけると思いますので、そちらもご期待ください」と熱弁を振るった。

また、放送通算200回という大きな節目にふさわしく、ゲストにも豪華キャスト陣が集結。2013年のクリスマススペシャル以来の出演となる、芝監察官役の戸田菜穂をはじめ、足立梨花、升毅、宮地雅子、深水元基らが出演。

放送200回記念スペシャルにふさわしい、重厚な作品になっている。

さらに、放送200回を記念して、2月15日(木)から番組公式HPで「ファンの皆様が選ぶ もう一度見たい!『科捜研の女』名作エピソード・人気投票」を実施。番組スタッフが厳選した30エピソードからベスト10を人気投票で決定する。

なお、投票上位のエピソードは、3月上旬からテレビ朝日(※関東ローカル)にて放送予定だ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)