石原良純、滝沢カレンに“インスタ映え”の極意学ぶも…「フォロワーが減っちゃう」

石原良純、滝沢カレンに“インスタ映え”の極意学ぶも…「フォロワーが減っちゃう」

10月16日(月)放送の「有吉ゼミSP」で滝沢カレンから“インスタ映え”を学ぶ石原良純

日本テレビ系で10月16日(月)に放送される「有吉ゼミ 5年目突入!秋のチャレンジグルメSP」内で、新企画「世界の鉄道でいいね!をもらおう」で石原良純がInstagramに奮闘する。

この企画は、スマホ初心者で“インスタデビュー”したばかりでフォロワー数7人の鉄道オタク・石原が、フォロワー数86万人のインスタの女王・滝沢カレンと、台湾高速鉄道(通称・台湾新幹線)を舞台に、台湾南部の写真映えスポットで、「いいね!」がもらえる写真を撮りまくるもの。

■ 石原が“インスタ映え”すると思ったのは脱出用の斧!?

そんな“鉄オタ”石原の目にまず留まったのは、台湾新幹線の大きな窓のような見た目の緊急出口。石原「日本の新幹線にはこんな緊急出口はないね! そこに斧があって、割って出るのかな? これは撮っておきますかね!」と大興奮。

すかさず滝沢が「(斧なんか投稿したら)フォロワーが減っちゃう」と心配。石原は「斧が理由でフォロワー減っちゃうの!?」とインスタの世界観がまだ分からない様子。

■ 良純とカレンの珍道中は爆笑必至!

2人が最初に訪れた“写真映えスポット”は、高さ6mの巨大ガチャガチャ。体積は通常の600倍で9000個のものボールが入っている。カラフルな色合いと見た目のインパクトで、今では30分待ちが当たり前の人気インスタスポット。

石原は「台南に来て、インスタ映えを狙うのがこれって、正解なのかな? 普通、台南の城とか美術館とか公園とか行って、噴水とか撮った後に来るなら分かるけど…」とポツリ。そんな石原を滝沢は「大丈夫です。今の子はそういうの見たくないんです」と、バッサリ否定する。

さらに、石原は滝沢のアドバイスを受けながら、台南で女子に大人気の「重症スイカジュース」や台湾新幹線の駅弁撮影にチャレンジ。

若者文化が理解できないながらも奮闘する石原と天然な滝沢の珍道中をスタジオで有吉弘行らが大爆笑しつつ見届ける。

他、「ヒロミ、自宅を作る」「ギャル曽根VS巨大グルメ」「はなわ柔道3兄弟」の人気企画を送る。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)