オードリー・春日がロボットと秘境への旅を熱望!「ロケの何たるかを叩き込んでやりますよ!」

オードリー・春日がロボットと秘境への旅を熱望!「ロケの何たるかを叩き込んでやりますよ!」

「ロボット旅 日本一周〜タカラモノクダサイ〜」でMCを務めるオードリー、進行役の三谷紬アナウンサー

10月22日(日)にテレビ朝日系で「ロボット旅 日本一周〜タカラモノクダサイ〜」(毎週日曜昼2:40-3:20)がスタート。MCを務めるオードリー・春日俊彰は「私がロボットにロケの何たるかを叩きこんでやりますよ!」とロボットに強気に宣言した。

同番組は、6月24日に放送された特番がレギュラー番組へと昇格。ヒューマノイドロボットと芸能人が日本全国を行脚。旅をしながら、その土地の人に「あなたのタカラモノ(=宝物)は何ですか?」とインタビューし、ロボットに搭載された記憶装置で出合った宝物を保存していく。MCをオードリー、進行を新人の三谷紬アナウンサーが務める。

初回収録を終えたオードリー・若林正恭は、「さっそくロボットならではのロケが展開していましたね! 皆さんからいい表情を引き出す力をロボットが持っていることがスゴイ」と驚いたよう。春日も、「ビックリしましたよ!! 人間とロボットがロケに行く…という見たことのない映像でした」とロボットの活躍を絶賛した。

そして、今後ロケに参加予定の春日は、「一緒に秘境に行ってみたい!」と熱望し、「私がロボットにロケの何たるかを叩きこんでやりますよ!」と宣言した。

また、三谷アナは大緊張でバラエティー番組の収録に初参加。オリンピックの報道に携わりたいという夢を持つ三谷アナに、オードリーは「この番組がオリンピックへの足掛かりになればうれしいです(笑)」(若林)、「三谷さんをオリンピックに送り出すため、2020年までこの番組をつなげたいです(笑)」(春日)と、温かいエールを送った。

最後に、「僕がもしロボットと旅をするなら一緒に船に乗りたいなと思ったのですが、太郎と花子は水に弱いらしいので防水について考えてもらわないと…(笑)。本当にこれからの展開が楽しみです!」(若林)、「ロボットなら、頑固オヤジがいる取材拒否の店など難しそうなところにも取材に行けそう。頑固オヤジが“しょうがねぇな”と根負けするまで待つことができますからね(笑)」(春日)と、期待を込めた。

第1回放送は、はしのえみが長野・南箕輪村を訪れて、出会った人々にひたすら宝物を見せてもらえるようにお願い。すると、珍しいロボットに興味津々の村の人々は、宝物を見せてくれることに。夫婦二人三脚で農業を続けるおじいちゃん、おばあちゃんの“愛”が詰まった宝物や、村で商店を営む男性の意外な宝物、稲刈り中に出会った男性の人生を物語るような宝物など、さまざまな宝物が登場する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)