Sexy Zoneが“ワガヘヤ”に出演決定も、主演・菊池風磨は「見てない奴が2人いる」

Sexy Zoneが“ワガヘヤ”に出演決定も、主演・菊池風磨は「見てない奴が2人いる」

菊池風磨が主演を務める「吾輩の部屋である」にSexy Zoneメンバーが“声の出演” を果たすことが決定!

Sexy Zone・菊池風磨が主演を務める、日本テレビで放送中のドラマ「吾輩の部屋である」。10月23日(月)放送の6話以降から声のゲストで、主題歌を担当しているSexy Zoneメンバーが出演することが分かった。

本ドラマは、菊池が演じる1人暮らしの大学院生・鍵山哲郎の日常を描く物語。1人、部屋であれこれを考える哲郎に、家具たちがツッコミを入れるという原作の世界観を忠実に再現した演出が話題になっている。

■ 声の出演者たちは毎回話題に!

彼の部屋にあるカバの置物は林家木久扇、炊飯器は賀来千香子、照明はミッツ・マングローブ、ビンたちは山寺宏一、と豪華な声優陣が顔をそろえ、「豪華過ぎる!」と視聴者からの声が続出。

そんな中、Sexy Zoneのメンバーが、10月23日(月)放送の6話以降から11月13日(月)の9話まで1話ずつ登場することに。誰が、何の声を演じるのかは放送で明らかになる。

三上絵里子プロデューサーは“共演”実現について「主題歌をSexy Zoneに担当してもらい、『風磨君の1人初主演をメンバーが支えているって感じ、いいなあ』と思ったら欲が出ました」と経緯を説明。

そして「もっと『ぎゅっと』近くで支えてもらえる方法(に至りました)。“ワガヘヤ”なりの哲郎への愛あるツッコミが入ります。誰が何を演じたか、ドラマで見つけてください」と、主題歌のタイトルを交えつつアピールした。

■ オファーは座長・菊池から!

今回、「吾輩の部屋である」のドラマ撮影現場で、主題歌「ぎゅっと」の取材を受けていたSexy Zoneのメンバーに、菊池が突然「声の出演をお願いしたい」とオファー。その現場で台本を読み込み、出演することになった。

そんなメンバーのコメントと、菊池の喜びの声をたっぷりとご紹介!

■ 鍵山哲郎役・菊池風磨のコメント「すごくうれしい!」

自分の主演ドラマに、自分のグループの主題歌が流れるというだけでもすごくうれしいことだと思っていたのに、声の出演とはいえメンバー全員が出るなんて! 最初に、「メンバーの出演をどう思うか」とプロデューサーさんに聞かれて「え〜?」と言いながら、本当にすごくうれしかったです。

オファー前に、きちんとドラマ見てるかメンバーには聞きましたけど、約2名、まだ見てないヤツがいたので、そこは注意しておきました!

■ 中島健人のコメント「菊池風磨with Sexy4をお楽しみに」

オファーを受けて一瞬でワクワクしました。Sexy Zoneとしてドラマに携わることができて本当にうれしかったです。

菊池のお芝居で笑ってしまいそうになるのを堪えて、声の出演にチャレンジしました! ヤバいくらいめちゃめちゃ楽しかったです。菊池風磨with Sexy4をぜひお楽しみください!

■ 佐藤勝利のコメント「緊張がヤバかった!」

台本を風磨君に渡されて、10秒で「はい、撮るよ」と言われ、緊張がヤバかったです(笑)。風磨君の主演のドラマに僕含めSexy Zone全員で出るっていうのは、すごいことだと思いました。それが本当にうれしいです。

この作品が声の出演の代表作になるように頑張らせていただきました!

■ マリウス葉のコメント「皆さんの心に残る良いキャラが演じられた」

自分の役を聞いて、「なるほど! 僕だからこの役!」と納得しましたし、すごくうれしかったです。風磨君にいろんなアドバイスをもらったので、皆さんの心に残るような良いキャラが演じられたと思います!

メンバーが全員いる中でアフレコをしたのは初めてで、みんなのお芝居を生で見ることができ、普段見ないメンバーの顔を知ることができたのもうれしかったです。

■ 松島聡のコメント「とても勉強になりました!」

人生で一度はアフレコをやりたいと思っていたので、風磨君のドラマを声のお仕事の出発点にできて感無量です! ものすごく緊張したし、役がモノなので感情を入れるのが大変でしたが、楽しかったです。

普段やらない声色に挑戦したり、風磨君のお芝居のいろんな引き出しも見られたり、とても勉強になりました!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)