「わろてんか」鈴木保奈美が明かす、しずの“裏設定”とは?

「わろてんか」鈴木保奈美が明かす、しずの“裏設定”とは?

連続テレビ小説「わろてんか」で、てん(葵わかな)の母・しずを演じる鈴木保奈美

ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

こっそり会う2人に、“ギョロ目の鬼さん”こと、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)が怒り狂うなか、母・しず(鈴木保奈美)は儀兵衛とてんの仲を何とか取り持とうと尽力している。おっとりとした天然キャラの奥様ながら、聡明さを兼ね備えた、しずを演じる鈴木保奈美のインタビューを紹介する。

──“朝ドラ”への出演は今回が2作目ですが、出演が決まった時のお気持ちは?

ずっと現代劇ではないものに出演してみたかったですし、京ことばを話す役を演じてみたかったので、とてもうれしかったです!

以前、連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」(1988年)に出演した時はまだこの仕事を始めたばかりで、プロデューサーとディレクターの違いすら分かっていませんでした。とにかく夢中だったせいか実はあまりよく覚えていないので、今回は撮影が始まるのがとても楽しみでした。

──しずはどんな女性だと思いますか?

とにかく朗らかで前向きな人です。京都のいいとこのお嬢様で、きっと、そんなに苦労せず育っているんじゃないでしょうか。

お店のこともお家のことも、母親のハツ(竹下景子)さんにきっちり仕込まれていて、自分自身にも、生家の藤岡家にも誇りを持っていると思います。

ある意味では、怖いもの知らずで、何が起きても動じないし、笑顔で受け止めて笑顔で返すような、まっすぐなキャラクターですね。

──しずは儀兵衛と娘たちの、間を取り持つ役割も担っていると思いますが。

そうですね。クッション役となって、ふわふわとやわらかく受け止めています。お父さんに怒られたときのいい逃げ場として、子どもたちにとって話をしやすい相手なのかもしれませんね。

実は自分の中で、台本には書かれていない、しずの“裏設定”を決めているんです。たとえば、娘のてんと同じ女学校に、しずも昔通っていたんだろうなとか。てんが女学校の校長先生に叱られるシーンがあるのですが、「しずがいるころから、この先生は怖かったんだよね」なんて、みんなで話していました(笑)。

しずはきっと叱られるタイプではないと思いますが、内心「私、この校長先生知ってる。あのころから怖かった」って思いながら、母親として謝るシーンを演じました。

──夫の儀兵衛について「堅物」と言い切る場面がありましたが、しずは儀兵衛のことをどう思っているのでしょうか?

夫の儀兵衛さんについても、勝手に“裏設定”を作っているんです。脚本の吉田智子さんは「全然違う」と仰るかもしれませんが(笑)、しずは儀兵衛さんのことを、結構気に入っているんじゃないでしょうか。

周りの人は「あんな無口な人、どこがいいの?」と思っているんだけど、しずの男性の好みはちょっと変わっていて、「え? 結構いいと思うけどな」と娘時代から思っていたんです。だから、ハツさんに「この人を婿に」と言われたときも嫌じゃなかった…と、勝手に決めています(笑)。

──京ことばに憧れがあったとのことですが、どのように練習しているのですか?

慣れるために早くから音声データをいただいて、繰り返し聞いています。何度もしずのせりふを聞いているうちに、「とても柔らかい言い回しだけど、実はしっかり言いたいことを言ってるんだなぁ」と感じました。

相手の言い分をちゃんと聞きながら、自分の考えは絶対に譲らないという印象です。柔らかいけれど、決してくずれないし、折れない。まさに、しずのキャラクターそのものだと思います。

──撮影現場の雰囲気はいかがですか?

明るくて朗らかな現場だと感じています。ヒロインの葵わかなちゃんは、天然なんだか真面目なんだか、ちょっと分からないんですよ(笑)。たぶんすごく真面目な人なんだと思うんですけど、飄々(ひょうひょう)と現場になじんでいらっしゃいます。変な気負いがないんですよね。

みんなで大爆笑したのは、伊能(高橋一生)さんが初めて藤岡屋にいらして、長男の新一(千葉雄大)の書いた論文について話をするシーン。前半すごくしんみりした雰囲気なのですが、後半からは大どんでん返しになるシーンで、テストで私が吹き出してしまったことをきっかけに、撮影が続けられないほど皆で笑ってしまいました…。

──最後に、視聴者・読者の方へメッセージをお願いします。

ドラマ序盤の京都編では、藤岡屋の仲がよくて朗らかなところを見ていただけると思います。この先、てんちゃんは茨の道を歩んでいくことになるのですが、どんな時にも笑って乗り切っていける心の基盤を築いたのは、この家なんだなということを表現できたらいいなと思います。ぜひ、朝から笑ってください。

あと、私たち女性陣の着物や美しい刺繍の入った半えりなどは、とても華やかなんです。毎回着替えてたりもするので、そこにも注目して楽しみにご覧ください!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)