「わろてんか」りん役・堀田真由の“やってやったぞ”なシーンにご注目!

「わろてんか」りん役・堀田真由の“やってやったぞ”なシーンにご注目!

てん(葵わかな)の妹・りんを演じる堀田真由

葵わかながヒロインを務める連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、10月16日より第3週が放送されている。

本作は京都の老舗薬種問屋に生まれたてん(葵)が、ひょんなことから寄席経営を始め、日本中に「笑い」を届けるために奮闘する物語。

10月14日放送の第12回で、ようやく藤吉(松坂桃李)と再会を果たしたてん。しかし、第3週では、藤吉が大阪・船場の米問屋の長男坊であることが判明し、てんと藤吉は“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている。

そんな時、てんの妹・りんがある大胆な行動に出て、周囲を驚かせる。姉のことが大好きで、“優等生タイプ”のりんを好演する堀田真由にインタビューし、撮影中のエピソードや今後の見どころを聞いた。

■ 実は大阪局制作“朝ドラ”のファン?

──出演が決まった時の心境を教えてください。

とにかく、びっくりしました! ヒロインを葵わかなさんが演じるということは知っていたので、その妹役と聞いてうれしかったです。

──ご家族にはすぐに連絡されたのですか?

今は一人暮らしをしているのですが、決まったという連絡があった日は、たまたま母が家に来ていたんです。うれしくてニタニタが止まらない表情のまま家に帰ったら、母に「何かいいことあったでしょ? もしかして“朝ドラ”?」と言い当てられました(笑)。まだ公表できなかったので、この日は伝えませんでしたが…。

祖母もリアルタイムで見て、さらに録画したものをもう一度見るほど“朝ドラ”のファンなので、早く言いたくて。発表会見が終わってからすぐに電話で報告したら、家族みんなが喜んでくれました。撮影が始まるのが、とても楽しみでした!

──ご自身はこれまで、“朝ドラ”は見ていましたか?

「てっぱん」(2010年)や「カーネーション」(2011年)などは、ずっと見ていましたね。あれ、大阪局制作の作品ばっかりだ!(笑)

■ 関西出身ならではの“難しさ”も…

──大阪での撮影には慣れましたか?

そうですね。私は滋賀県出身で、大阪へは地元にいる時もよく遊びに行っていたんです。なので、どちらかと言うと「ただいま〜」という感じで、ほっとします。

──では、方言での苦労はあまりないですか?

りんちゃんが話すのは京ことばなので、滋賀とはちょっと違うんです。基本的なイントネーションは同じなのですが、似ているからこそ、一度ハマってしまうとなかなか抜け出せないこともあって。「この一言が言えない!」という場面が多いですね。

──明治後期からスタートする物語ですが、着物でのお芝居はいかがですか?

これまでにも「獄門島」(2016年、NHK BSプレミアム)や、映画「超高速!参勤交代 リターンズ」(2016年)などでは着物でお芝居をしていたのですが、今回は「りんちゃん、何着持っているんだろう?」と思うくらい、たくさんの着物を着るんです。

てんちゃんの衣装は鳥がモチーフになっているものが多いのですが、りんちゃんの着物や髪のリボンには、ウサギがたくさんついているんです。すごくかわいいので、注目していただけたらと思います。

■ 大阪局周辺の「グルメリスト」をゲット!

──葵さんとは同い年ですが、撮影現場ではどのように過ごしていますか?

葵さんとトキ役の徳永えりさんと3人そろった日には、ずっと一緒にいますね。ずっと喋っています(笑)。

それから、撮影が早く終わった日やリハーサルの後は、一緒にご飯に行きますね。スタッフさんが、NHK(大阪局)の近くにあるおいしいお店のリストをくださったんです。リハーサルの合間などで、「今日、どこにする?」ってみんなで相談しているんです(笑)。

──りんちゃんは3人きょうだいですが、ご自身にきょうだいはいらっしゃいますか?

兄がいます。私はりんちゃんと同じ末っ子なので、親しみを感じます。

てんちゃんとトキさんと3人で“恋バナ”をするシーンは、「姉妹ってこんな感じなのかな」と疑似体験できました。「姉妹っていいな」と思いましたね。

■ 第3週では、りんの「見せ場」が!

──ところで、りんちゃんはどのような人でしょうか?

りんちゃんは家族が大好きで、おっとり、ふわふわしているような、典型的な「女の子」なんです。お姉ちゃんが恋をしたり、破天荒なことをしたりするので(笑)、その刺激を「いいな」と憧れている、夢見る少女のような部分もあるんだと思います。

でも、ある決意をする場面では、堅物なお父さん(儀兵衛=遠藤憲一)にはっきりと物申すので、意志が強い子でもあります。お姉ちゃんの影響を受けて、「私も変わらなきゃ」と思ったんだと思いますね。

私は普段あまり緊張しないのですが、そのシーンはすごくドキドキしました。

──その場面を撮り終えて、手応えを感じていますか?

皆さんにどう映るか分かりませんが、今までと違う“やってやったぞ”という感じのりんちゃんになっていると思います! トキさんがスッと泣いている一方で、りんちゃんは堪えていたり、そういうところも見てほしいです。

■ 今後の見どころは?

──この後、姉妹は別々の道を歩いていきます。りんちゃんの今後の見どころはどこでしょうか?

私も先の展開はまだ分からないのですが、りんちゃんはお姉ちゃんとは違った形で、喜びを感じて生きていくのだと思います。「お姉ちゃんのために」だけではなく、りんちゃんだから分かる「幸せ」を見せていければいいなと思っています。

──最後に、視聴者・読者へメッセージをお願いします。

撮影現場ではキャストもスタッフさんたちも、みんなよく笑っています。アドリブもよく飛び交っているので、“素”で笑っていることも多いんです。全然笑わないシーンなのに、ツボに入って笑っちゃっているキャストの方もいますし(笑)。そんな撮影現場のすごく楽しい雰囲気が、見ている方にも伝わるんじゃないかなと思います!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)