OnePixcelがデビュー2周年!「“ワンピクスタイル”で50歳までアイドル」!?

OnePixcelがデビュー2周年!「“ワンピクスタイル”で50歳までアイドル」!?

デビュー2周年を迎えるOnePixcel(左から鹿沼亜美、傳彩夏、田辺奈菜美)

OnePixcelが初のフルアルバム『monochrome』をリリース。さらに10月22日(日)には東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで「2nd Anniversary LiVE」を開催する。記念すべき日を前に、メンバーの鹿沼亜美、傳彩夏、田辺奈菜美にロングインタビューを実施! インタビューその(4)では、活動開始から2年間の振り返りとこれからの目標を聞いた。

【OnePixcel・傳彩夏、メンバーからのLINEに怒る? より続く】

―― 2周年おめでとうございます。この2年間を振り返ると?

田辺:この前、YouTubeでOnePixcel1周年記念ライブで歌った「Analoganize」の動画を見ていたんです。その時と今を見比べてみたら、全員声が違うのはもちろん、気合いの入り方も違ったし、何て言うのかな…。

鹿沼:より表現力が付いたのかな?

田辺:そうそう!(笑)

傳:(今見返すと)声高いよね。

鹿沼:あの頃はフレッシュさがあったね!

田辺:表現力と、うれしいことに最近ワンピクは「声量がすごい」と言われるので、1年前よりも成長してるのかなって思いました。

鹿沼:個人的に振り返ると、この2年間でだいぶ変わったと思います。オーディションの時の動画を見返すと、顔も雰囲気も変わったし、考え方も変わったんですよ。あと、練習した分だけ力になるんだなっていうのを、この2年間で実感しています。小さい頃、ダンスを習っていたとき、その教室ではセンターで踊っていたんですけど、この世界に来て自分の実力のなさを実感して…。「無理だなぁ」「2人(田辺と傳)についていくので精一杯だ」と感じることもありつつ、2人とは違う面で頑張っていこうと思ったんです。傳ちゃんみたいに踊りたいけど、それだと亜美じゃなくなっちゃうから、「自分を極めよう」って考えながらできるようになりました。

――鹿沼さんなりの“Blue Ocean”に行くわけですね?

鹿沼:そうです、 “ブルーオーシャン”ならぬ“鹿沼オーシャン”に行こうかな!みたいな(笑)。だから、2年間で一番変わったのは、自分自身です! あと、月日が経つごとにワンピクのことを考える時間が多くなりました。

――ワンピクの将来を?

鹿沼:そうですね、3人で「(これから)どうする?」ってよく話すんですけど、2年前よりは3人でいっしょに考えて話していますね。

田辺:夢膨らむよね。

鹿沼:夢をちゃんと3人で共有するようになりました。

傳:ワンピクが始まった頃は歌を(本格的に)やったことがなくて、ワンピクに入って始めてマイク持って人前で歌うということをして。小さい頃からダンスしかやってこなかったから、どうしよう?っていうのが一番大きくて。だけど、2年間ずっとマイク持ち続けて、少しだけOnePixcelとして自信が持てるようになりました。自分のポジションというかキャラクターが定まってきたのかなって。

――やっぱり、強みはダンスですか?

傳:ダンスしかできないので、でも歌も2人についていくだけじゃ、この先ダメだと思うから。

――メンバー間で切磋琢磨できているんですね

田辺:私、ダンス下手だし。

傳:(田辺は)歌が上手い!(鹿沼は)喋れる!!

鹿沼:喋れはしてないよ。

田辺:でも一番愛嬌あるよね。

鹿沼:17年間、愛嬌だけでやってきました。親には「女は20歳まで愛嬌だ」って言われて育てられてきました(笑)。

――では、2周年ワンマンはどんなライブにしたいですか?

鹿沼:3年目もファンの方がついて来てくれるようなライブがしたい!

傳:2年分の「ありがとう」を伝えるのと、自分たちの成長を見てほしいですね。

田辺:「これからも、よろしくお願いします」って。

傳:それは絶対伝えたいね!

――立ち止まることなく、3年目もガツガツいきますか?

一同:いきます!

田辺:OnePixcelスタイルで、OnePixcelの道を、OnePixcelでいきます!

傳:大統領演説みたいな言葉だね。

――妹分のPiXMiXさんも10月21日から本格始動ですね?

田辺:PiXMiXは「ザ・女子」っていう感じです。

鹿沼:ファンの方には2つのグループを推してほしいな。ワンピクを知ればピクミクも知るだろうし、逆にピクミクを知ればワンピクの良さも分かってもらえるだろうし。例えば、「今日はノリたい気分だな」って思ったらピクミクに行ってもらって、「(本格的な)ライブを見たいな」って思ったらワンピクに来てくれればいい、みたいに。

傳:それぞれテイストが違うから、両方応援すれば2倍楽しめると思う!

――それぞれの良さがあるということですね。

傳:ファンの方に「ピクミクのステージを見に行っちゃったんだ、ごめんね」みたいな事を言われたりもするんです。

田辺:全然平気だよね。

傳:そういうのじゃないじゃん!って思う。

鹿沼:ピクミクを応援してくれて、ありがたいなって思います。

田辺:OnePixcelの特典会のときに「これからピクミク、行ってくるわ!」みたいな感じの方がいたから、「行ってらっしゃい! 楽しんでね」って見送ったよ。

鹿沼:元々OnePixcelが好きで、「ピクミクができたから、ピクミクも応援してるよ」って言ってくれる方がいて、本当にうれしいなって思います。OnePixcelにない部分がピクミクにはあるので、そこが心の隙間を埋めてくれる“休憩所”みたいになってると思うんです。

――2つのグループを推して、完全に満たされるという感じですね。

鹿沼:そうですね(笑)。ワンピクとピクミクを一緒に推していただければ、本当に心が満たされると思うんですよ。

傳:他の現場に行かなくても大丈夫になります!

――かわいい後輩という感じですね。

田辺:女子でかわいい。

鹿沼:癒やされるよね。

田辺:あんな女子になりたかった。

鹿沼:私が中学生の時なんか、弟と一緒に鬼ごっこしたり、虫カゴ持ってトンボ捕まえたりしてたんですよ。で、脚とかケガして。ちなみに、バーベキューとかも一緒にやるんですよ。

傳:あと、LINEのグループもあります。

鹿沼:ピクミクのみんなはマメで、今どきの女子中学生。ライブ見にきてくれた時も「お疲れさまです」みたいな。

田辺:「格好良かったです!」って言ってもらえたね。

鹿沼:「ライブまた行きます」とか言ってくれたり、すごくマメなんです。

先輩・後輩の壁もなくて、仲良く、楽しくやってますね。

――PiXMiXは「休憩とレッスンのメリハリを見習いたい」とおっしゃっていました

鹿沼:うれしいね。そこは、3人でもちゃんとケジメをつけてやろうって話している部分だもんね。

傳:昔はできていなくて、ずっとしゃべっていて注意されていたもんね。

――逆にPiXMiXを見習いたい部分はありますか?

田辺:女子力!

傳:愛嬌!

鹿沼:歌が上手い! ピクミクは6人の声が、それぞれきれいだなって。

傳:本当に歌が上手いなって思います。

鹿沼:ダンスは負けてないと思うんです、傳ちゃんがいるので(笑)。

傳:でも、活動始めたばかりであのクオリティーは、私たちくらいの歳になる3年後は恐ろしい存在になってそうです。

鹿沼:かわいいしね。あんなかわいいい子たち、よく見つけてきたなって思います(笑)。

田辺:そう、6人もどうやって見つけたの?って思ったよね。全員かわいいから、怖い存在になっちゃうね。

鹿沼:将来はワンピクとピクミク合同で、大きな会場でライブをやりたい! そこでコラボして、一緒に曲とか作って。

田辺:やりたいね!「Pump It Up!」やりたい。

鹿沼:ワンピクがピクミクの曲やって、ピクミクがワンピクの曲をやるっていうステージもいいな。夢が広がって楽しいですね。

――ピクミクはデビュー3年目で東京・日本武道館、5年目でドームツアーと目標を立てていました。OnePixcelとしての今後の目標も教えてください。

田辺:私たち、5年で武道館だと思っていたんだけど。どうしよう?

鹿沼:亜美たちも言っちゃおう!

傳:大きいこと言っちゃっていいですかね?「フジロック」(FUJI ROCK FESTIVAL)と「ロッキン」(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)に出たい!!

鹿沼:あー、出たいね!

田辺:私と亜美か、傳ちゃんが20歳のときに出たいね。2〜3年後ですかね。

傳:そうだね。

鹿沼:20歳になったら年末カウントダウンコンサートとか、元旦ライブもやりたいなって。

傳:夜中のライブは眠くならない?

田辺:そこ? ダメ、出るんだよ(笑)。あと、野音でライブして水をバーってみんなにかけたりして(笑)。

鹿沼:でもさ、OnePixcelはキャピキャピしていないから、このままの路線でいけば大人になっても歌えるよね。だから、何年でもどこまででも行ける気がするんだよね。

田辺:50歳になっても歌えるよね。

傳:ダンスはちょっと厳しいかも。

鹿沼:「Analoganize」は無理かな(笑)。

傳:腰も肩も、全部痛くなっちゃうから。

鹿沼:すぐ疲れて、「タイム、タイム!」みたいな。

田辺:ちょっとテンポをゆっくりにするんじゃない?

傳:それでもしんどいよー。

――3年目は具体的にどこを目指しますか?

鹿沼:本当はこの2017年の内に、赤坂BLITZ(東京)に立ちたいって言っていたんです。でも叶えることができなかったから、やっぱり赤坂BLITZが目標だね!

田辺:4年目でZepp?

鹿沼:現実を見て、Zepp DiverCity(東京)…。

田辺:5〜6年で武道館?

鹿沼:5〜6年で!

田辺:からの、アリーナ? 私、武道館で絶対やりたくて。BABYMETALさんみたいに、360°円形ステージの真ん中で歌いたい。

鹿沼:全国でライブハウスツアーをやって、ワンピクを色んな県にまで広めたいね。

傳:確かに! 全国周りたいね。

鹿沼:3人とも住んでいる所も関東なので、ツアーで全国に行きたいなって思います。

田辺:まだ北海道、福岡、大阪、名古屋、仙台しか行ってないから、四国とかも行きたいね。

傳:美味しい物も食べたい!

鹿沼:そして将来的には、さいたまスーパーアリーナ(埼玉)でやりたいです。埼玉人なんで。

田辺:私は横浜アリーナ(神奈川)がいいな。

傳:横浜アリーナでやりたいね。

鹿沼:さいたまスーパーアリーナと横浜アリーナだ!

傳:まずは、ワンマンライブに必ず来てくれる人数を増やしたいです。毎回1000人とか来てほしい!

田辺:ワンピクのワンマンがあったら、他のをやめてでも「絶対にワンピク行くぞ!」って。

傳:主現場がワンピク、みたいな。

田辺:サブって言われないように頑張ろう!

鹿沼:ワンピクは平日のライブがないので、土日に他のアイドルと被っても「ワンピク行くわ!」みたいな人が多くなってほしい。

傳:女性のファンも増やしたいですね!

――ライブに1回でも来てもらえれば、とりこにする自信はありますか?

傳:50%くらいは…(笑)。

田辺:うーん…あるかもしれないです(小声)。

鹿沼:半分くらいあります。いや、この3人なら自信ある!「monochrome」と「Analoganize」やって。

田辺:「TONDEKE」もやって。

鹿沼:で、「Cinderella Girl」やったら。

傳:もう落ちるね。

田辺:こんな言って大丈夫かな? ハードル上がっちゃうよ(笑)。

鹿沼:でも、本当にライブに来てほしい。

田辺:「私たちがOnePixcelだぞ!」ってなりたいです。

鹿沼:やっぱり、愛されたいよね。色んな人に愛されたい。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)