市村正親ら“大人たちの青春”を描く「最後の同窓会」

市村正親ら“大人たちの青春”を描く「最後の同窓会」

「スペシャルドラマ 最後の同窓会」は11月26日(日)放送!

平成29年度文化庁芸術祭参加作品「スペシャルドラマ 最後の同窓会」が、11月26日(日)朝10時からテレビ朝日系で放送されることが分かった。脚本は、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合)などを手掛けた岡田惠和が担当する。

本作は、60歳を迎えた小学生時代の同級生5人の“大人たちの青春”を描いたロードムービー。同窓会に集まったメンバーは、「定年退職後の人生に迷った男」「余命宣告を受けた男」「強盗事件を起こして逃走中の男」「鬼嫁に虐げられているマドンナ」「ひとり娘に拒まれている男」という訳あり男女。みんなさまざまな事情を抱えており、仲間の一人が突然死を遂げたことにより、現実を直視した彼らがある決意をする、というストーリーだ。

小学校時代はみんなのリーダーだったが、今はさえない主人公・高槻功を演じるのは市村正親。同窓会のメンバーには片岡鶴太郎、角野卓造、でんでんの他、紅一点のマドンナ役は松坂慶子が務める。

遺体を連れてドライブするシーンでは、男性陣が革ジャン&サングラスの“ちょいワル”風の衣装に身を包み、吉田拓郎の名曲「結婚しようよ」を熱唱。死体を演じるでんでんの手足を片岡が歌に合わせて動かすアドリブを披露し、切なくも笑える名シーンが誕生した。

■ 市村正親コメント

台本を読んで、まず「いい物語だなぁ」と思いました。どことなく「スタンド・バイ・ミー」の雰囲気が漂っていて、非常にやりがいのある作品だと感じましたね。自分の同窓会とも重なるところが多々あり、深刻な会話を交わす場面では「こういうことってあるよな」「切ないなぁ」としみじみ実感しました。

5人が車の中にひしめき合う形で撮影しましたが、とても楽しかったですね! (松坂)慶子さんとずっと近くにいることができてうれしかったのはもちろんですが、みんな同じ時代を生きてきたので、「あれを見た」とか、「これを読んだ」とか、「体のどこが痛い」とか、いちいち話が合うんです(笑)。現場では、みんなで鶴ちゃん(片岡鶴太郎)に健康法を教えてもらいました。

■ 片岡鶴太郎コメント

台本を読んでキャスティングを聞いたとき、この作品は絶対にいけるなと思いました。まさに最高の“座組み”ですね! キャストの皆さんとは話も合うのですが、なぜかトイレに行くタイミングまでピッタリ合いました(笑)。

同級生でなければ出てこないような言葉を台本が綿密に表現していて、角野卓造さんが病名を告白するところなどは素晴らしいお芝居で、もしや本当に病気なのではと思ってしまうほどでした(笑)。

私は死体を生きているように見せるため、操り人形のように動かす役だったのですが、死体役のでんでんさんがかなり自主的に動いてくれたんです。死体なのに運動量が多かったでんでんさんはみんなの中で一番汗をかいて、衣装さんに怒られていました(笑)。

■ 角野卓造コメント

最初に台本を読んだとき、2、3回泣きました。でも撮影現場に来たら、笑ってばかりでしたね。同世代なので、みんな膝が痛かったり、ほかにも具合が悪いところが同じで(笑)。とにかく撮影がとても楽しかったですね。

私はすい臓がんで余命宣告されたのを機に仲間に会いたくなって同窓会を呼び掛ける男の役でしたが、みんなが集まった場面を撮影したときは本当にすい臓辺りに何か異変がありそうな気がして、参りました(笑)。

■ でんでんコメント

死体役は何度か演じたことがありますが、こんなにアクションが多くて疲れる死体は初めてです(笑)。だって、生きているときより動いているんですから!

僕自身、毎年、少人数で同窓会を開いていますが、感じるところは同じだなと、台本にものすごくリアリティーを感じました。ドラマをご覧になった皆さんにほろりと泣いていただくことができたら、僕らが表現したかったことが達成できたなと思えるはず。ぜひ多くの皆さんに見ていただきたいですね。

■ 松坂慶子コメント

私は市村正親さんの大ファンでよく舞台も拝見していましたが、市村さんをはじめ、皆さん本当にすてきな方ばかり。皆さん、“人間力”があるから話題が豊富で、ちょっとした空き時間にお話しを聴くのも面白くて、毎日現場に来るのが楽しみでした。

岡田惠和さんの台本は大変素晴らしく、「さすが!」の一言。心の琴線に触れるすてきなお話で、監督がそれをさらに盛り上げて面白く演出してくださいました。

仲間が死んでしまうという、哀愁も感じさせられる物語なのですが、こんな明るい死人は見たことないですし、すべてにおいて突き抜けた素晴らしさがありました。キャストの皆さんの“底力”を感じる作品でした。

■ 「スペシャルドラマ 最後の同窓会」あらすじ

三流商社勤務の高槻功(市村正親)はその日、定年を迎えた。形ばかりのセレモニーで送り出されて帰宅したところ、妻の英子(かとうかず子)は友人との旅行にいそいそと出掛けて行くところだった。

高槻が「つまんねぇ人生だなあ」と思わずそうつぶやいたとき、小学校時代の同級生・坂田典夫(角野卓造)から、同窓会の誘いの電話が入る。先日、欠席の返事を出していた功だったが、典夫から「俺たちのリーダー・功ちゃんがいないと始まらない」などとおだてられ、顔を出すことに決めた。

しかし当日、会場の小さなスナックに到着してみると、集まったのは功の他、幹事の典夫、お調子者の田村実(でんでん)、影の薄い米倉正一(片岡鶴太郎)、マドンナの花岡真知子(松坂慶子)のたった5人。同窓会とは名ばかりで、幹事の坂田が当時、仲の良かった5人を集めただけの会だったのだ。

ガッカリしつつも懐かしさが込め上げ、すぐにかつての関係に戻る5人。みんなそれぞれ訳ありだったが深くは語らず、大いに見栄を盛り込んで近況を報告し合っていく。

ところが、坂田が余命宣告を受けたことを告白したのを機に、それぞれのうそが次第に明らかになっていく。幸せな同居生活を送っていると話していた真知子も、会場に乗り込んできた息子夫婦に強引に連れ戻されてしまった。

ハプニングはそれだけで終わらなかった…。明け方、ウトウトした功たちが目覚めると、なんと実がひっそりと死んでいたのだ。暗く沈んだ気持ちになった一同は「どうせ、この先いいことなんてないんだよな…」などネガティブな愚痴を語り合う。

そんな情けない会話を聞いてなぜか無性に腹が立った功は「こんなしょぼい終わり方で同窓会を終わってたまるか!」と一喝。実が「死んでも行く」と話していた孫娘のピアノ発表会の会場まで、実の遺体を連れて行ってあげようと、一同に提案する。

その後、功たちは自宅に連れ戻されていた真知子をなんとか奪還する。こうして、実の遺体を連れた、奇妙なドライブが始まる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)