ダンスを交えたDJパフォーマンスを展開!姉妹ユニット、NERVOが会場を盛り上げる!【FANTASIA】

ダンスを交えたDJパフォーマンスを展開!姉妹ユニット、NERVOが会場を盛り上げる!【FANTASIA】

コミカルなライブパフォーマンスを披露する、DADA LIFE

“日本の美”を世界に発信していくことをコンセプトに、音楽・ファッション・テクノロジーを融合した音楽フェスティバル「FANTASIA」。11月18日に千葉・幕張メッセにて開催された「EPISODE 1 PRINCESS KAGUYA」の後半のDJパフォーマンスの模様をリポートする。

■ DADA LIFE

「This is your moment. Lock up to DADALAND!」というアナウンスとともにDADA LIFEが登場すると、歓声が沸き起こる。この日は、Stefan Engblomのみのスペシャルパフォーマンスとなった。

「Don't think about tomorrow! This is DADALAND!」の叫び声で、今度は「Rolling Stones T-Shirt」を流し始める。会場内でお酒を嗜む観客の様子を再現しているかのような「Happy drunk in the afternoon」という歌詞に、観客は楽しそうに体を揺らす。

続いて、「Hey!」のコール&レスポンスが巻き起こり、「Tokyo, DADALAND, once again! Think it's time you turn up the music!」の叫び声とともに、「Turn Up the Music」を流し出す。

その後は、大きな手のぬいぐるみを片手につけ、「One Last Night On Earth」を披露。ほか、「This is Tokyo!」との掛け声とともに、大きな旗を振りながらのパフォーマンスや、DADA LIFEの風船2つ投下するなどの工夫は、観客を飽きさせない。

「We gonna start a huge pillow fight. Hold on to your pillow! Hold up your pillow!」と掛け声をかけると、またもや座布団が投下されるサプライズに、観客は大盛り上がり。そこへ、枕投げにふさわしい「Fight for Your Right」が流れ始める。

一人一人が座布団を持ち上げ、踊る人の他、中には座布団を投げる人も。「This is DADALAND! There are no rules!」の掛け声で、今度は「Night of the Crowd」へ。まさに人々が集うホールにふさわしい曲をドロップ。DADA LIFEはコミカルなライブパフォーマンスで最後まで観客をくぎ付けにした。

■ Thomas Jack

Thomas Jackは、これまでのDADA LIFEとは対照的なパフォーマンスを展開。掛け声よりもDJプレーメインで曲を流し、1曲1曲を長めに披露した。

「Baby」を掛けながら、「Japan! What's up!」の掛け声とともに登場したThomas。次の「I want you」では、踊る人が続出し、観客は各々楽しんでいた。続く「Good Times」の途中で、「How are you feeling Japan? Feeling good?」と会場の温度を確かめると、会場は一気にボルテージへ。

そして、ハスキーボイスが印象的な「Liquid Spirit (Claptone Remix)」では、1曲をやや長めに流し、流れるようにスムーズに「Man Gone (Tube & Berger Remix)」へと切り替える。観客は、ややゆとりのあるスペースで、次曲「Booty Percolatin'」を思い思いに楽しんでいた。ややスペースにゆとりがある客は、踊りながら、途中ヒップホップ風に手を上げるしぐさを取り入れ、楽しそうに揺れる。

ホールの温度が上がってきたかと思うと、次第に辺りは手を上げている人で埋もれていた。観客も他の人と同じ動きをするのではなく、それぞれ独自の乗り方を。ダンスを披露し、周りを圧倒しているオーディエンスの姿も見える中、そのまま「Summer On You」を流し始める。

観客の様子を見たThomasはうれしそうに「Let's go Japan!」を二度ほど繰り返し、スモークの演出を。観客も満足げに自分の世界に浸っていた。

時間が経過するような時計の音で、「In The City (Claptone Edit)」へと曲が切り替わると、今度はスモークの演出を多数取り入れる。ステージの左右には、和装のダンサーも登場。一気にライトは赤へと切り替わり、ステージを赤く染め上げた中、扇子を持ったダンサーがあでやかに舞いながら、会場を盛り上げる。

「Don't Leave (Throttle Remix)」では、Thomasが「Let's put your hands up guys!」と手拍子をするよう観客を誘い出し、観客の拍手が一斉に会場を包み込んだ。中には、肩車して楽しそうに踊る若者も。「去らないで」と言わんばかりに、ホールも歌詞にあった雰囲気へと染まってゆく。

途中、ミラーボールに無数の光が当たり、ディスコ風にステージが彩られる場面も。幻想的な空間を生み出しながら、「Emergency (Sam Feldt Remix)」を投下した。パーティーチューンはその後も続き、「Mumble」では、さらにヒートアップ。「Thank you, amazing Japan!ありがとうございます!」と日本語を交えながらあいさつした。

「Thank you! I love you guys!」とステージを後にするThomasに、やまない拍手の音が降り注ぐ。中には、Thomasに向かって元気に手を振る人もおり、Thomasは笑顔で去っていった。

■ BASEMENT JAXX

突然、英語と日本語のアナウンスが交互に流れ、ミラーボールに光が照らされる。会場がどよめく中、BASEMENT JAXXが登場。

両手を頭に当て、大きくハートを作ると、そのままのポーズで一礼し、会場が沸く。そして「ようこそ」のアナウンスで、ミサのような音楽が流れ始める。観客は手を上げながら待ち続け、曲が切り替わったタイミングでビートを刻み始めた。

インストゥルメンタルが長めの曲に、狐のお面を振り上げる人のほか、思い思いに体を揺らす人も。煙の演出でBASEMENT JAXXはさらにヒートアップし、会場に向かって、ポイント。さらに、手をクロスし、踊るよう指示する場面も。

そして、「こんにちは! We are in Japan!」と日本語を交えたあいさつで場を沸かせると、「After That」を披露する。ディープなサウンドに観客が陶酔する中、徐々にボーカルが入った声楽曲へと変わり、「Sending you love from U.K. and Japan」とあいさつを。またもや観客を沸かせると、曲の終わりで一部の観客はウェーブを起こす。

次曲「Do your thing」では、「We'd like to say ありがとうございます。This is planet earth. You have got to live your right to your peace forever.」と感謝の気持ちを述べるとともに、正義を貫くことが自らの平和につながると独自の意見を展開する。

続く、「Love Sensation (Todd Terry Remix)」では、思い思いに体を揺らす人が続出する。BASEMENT JAXXは観客の様子を見ながら、パーティーチューン「JUS 1 Kiss」「Romeo」を次々と投下した。

最後の曲となる「Red Alert」を披露すると、BASEMENT JAXXは「You are the future! Raise your hands up!」と手を上げるよう指示を。観客が手を上げると、うれしそうに「Repeat you all! ありがとうございます!」とあいさつし、観客からは温かい拍手と声援がBASEMENT JAXXを包み込んだ。

■ NERVO

日本語を取り入れた掛け声と、凝った演出で観客を盛り上げたNERVO。観客と一体感を生み出し、オーディエンスとの心の距離感を感じさせないパフォーマンスを展開する。

早速、NERVOが日本語で「会いたかったよー!」とあいさつをしながら登場すると、客席からは歓声が上がる。興奮冷めやらぬうちに「Revolution」を掛け、「はじけろ Hey〜!」と叫ぶと、観客はゆっくりと手を振り、見事にシンクロした光景を作り上げた。

「Mi Gente (MOSKA Remix)」では、拍手が始まり、途中の「幕張ー!」の叫び声でより一層、盛り上がりを見せる。「Sex (Extended Mix)」で、NERVOはダンスを披露し、観客も見よう見まねで踊り、大いに盛り上がる。

NERVOは、「Familiar faces in front!」と前列での盛り上がりを指すと、「Infinity (Klaas Vocal Mix)」を流し、次第に曲は「Silence (Tiesto's Big Room Remix)」へ。「Everybody get down!」と観客にしゃがむよう指示し、そこから一斉に飛ぶほか、「We want to see your hands!」とハートで手を作るよう指示する場面も。

観客が最高潮に達したところで、NERVOはミラーボールの演出を。「Do you like it?」とホールの温度を確かめると、ステージの上に立ちながらのDJプレイを披露。「What Is Love 2016 (Dimitri Vegas & Like Mike Extended Remix)」を流し始め、観客はすっかりNERVOに魅了されていた様子で見入っていた。

次曲「Keep On Going」でホールが熱気に包まれる中、「Sit down!」と再び座るよう指示する。そこから一斉に飛び、再びホールを揺らすと、「We just broke the record!」とおどけて見せた。

「Right Here, Right Now」ではNERVOがダンスをレクチャー。またもや、みんなでダンスを披露する団結力を生み出した。その後も観客に「Are you with us?」「Are you feeling good?」と尋ねるなど、心遣いを忘れない。

そして、そのままホールを「More Than You Know」で包み込むと、「会いたかったよー!愛してます、日本!」と叫びだした。これには、観客も大盛り上がり。再び手でハートを作り、NERVOに必死にアピールする観客も見受けられた。

終盤に差し掛かったところで、「Final Song」をドロップ。まるでNERVOが「もう少しこの楽しい雰囲気が続いてほしい」と願っているかのようなセレクションに、観客はさらに盛り上がる。ここでNERVOは、「Oh, I wanna see ya how much energy you get! People in the front!」と前方にいる観客をさらにあおりたてた。

最後にNERVOは、日本の国旗を掲げながらステージの上に立ち、「We love you Japan! ありがとうございます! Amazing crowd you have been! Thank you so much! ありがとうございます、日本!」とあいさつを。鳴りやまない拍手がNERVOを包み込み、幕を閉じたあともしばらく観客からの拍手が鳴り響いていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)