アイドルユニット・No,SateLight、生みの親の高橋優里花に贈るメッセージ

アイドルユニット・No,SateLight、生みの親の高橋優里花に贈るメッセージ

No,SateLightはいちごみるく色に染まりたい。の公式ライバルユニットとして誕生

いちごみるく色に染まりたい。の公式ライバルユニットとして4月から活動を開始したNo,SateLight。

11月19日をもっていちごみるく色に染まりたい。からの脱退、そして芸能界も引退した高橋優里花プロデュースの下、誕生したグループで、迫力あるダンスと歌唱パフォーマンスを得意としている。

高橋の引退前日に開催されたイベント「高橋優里花色に染まりたい。」に出演した際は、リーダーの藤縄穂月が「ここにいるのは優里花ちゃんのおかげ。ノーサテらしいパフォーマンスを見せて笑顔で送り出したいです」と語り、グループ一丸となって高橋の新しい旅路に花を添えた。

そんなNo,SateLightメンバーに、生みの親への思いとこれからのグループとしての目標を聞いた。

――高橋さんはどのような方でしたか?

藤縄:優里花ちゃんは明るくて、本当に優しいんです。

春奈桃佳:(手首を見せながら)手作りのブレスレットを、メンバー全員にプレゼントしていただいたんです。

鳥羽加奈子:私たちNo,SateLightといちごみるく(色に染まりたい。)さんは(高橋優里花色に染まりたい。ステージで)コラボするので、2つのグループのモチーフカラーのブレスレットを作ってくれて。

藤縄:いろいろと気を使ってくれる方で、本当に私たちのことを考えてくれていたプロデューサーでした。

――高橋さんから学んだことはありますか?

春奈:私とは間逆で声もかわいくて、踊りもかわいいし、ずっと笑顔を見せてくれる。本当に“アイドルの中のアイドル”という方でした。

藤縄:指先からつま先まで全部アイドル!

春奈:乙女新党で活動している頃からテレビなどで見ていた方だったのに、今では自分がライバルユニットのメンバーとして活動していて、同じ場所にいて変な気分でもあり、光栄でもあります!

長山桜:オーディションのときから、私たちのこと見てくれていたんです。

春奈:(初対面の時の)洋服がすごくかわいくて、ずっと優里花ちゃんを見ていました。着ていた服もいちごみるく色で「さすがだな!」って。

鳥羽:ピンクのワンピースで胸元にハートが付いていたんです。

長山:笑い方も「ウフフ」って絵に描いたような美少女で…(ウットリ)。

鳥羽:すごくかわいくて、「アイドルってこういうことか」って思いましたね。私たちノーサテはアイドルらしさが足りないかな…。

(ファンの方が)撮影可能なライブも時々やらせてもらっているのですが、ダンスが激しいこともあって全員がかわいく写っている写真がなかなかなくて…(笑)。でも、優里花ちゃんを見ると、どこを切り取ってもかわいいんです。

Twitterでも「優里花ちゃんはカメラ下手な人が撮ってもかわいい」とつぶやいている人がたくさんいるんですよ。

春奈:ノーサテはまだまだその部分が足りないですね。激しいのも大事だけど、激しい中でもちゃんと撮られる側としてかわいくならないと!

鳥羽:ダンスの振り付けを覚えるのに必死で、顔を作る余裕がないんです…。

――ちなみにダンスが一番うまいのは?

一同:(長山)桜ですね!」

鳥羽:自信はないんですけど…メンバーの中では一番ダンス歴が長いので、みんなを引っ張れるように頑張ります!

間渕莉緒:逆に私は苦手です…。ダンスの先生に「間渕のダンスを見ていると、自分までダンスが下手になりそう」って…(笑)。

――デビューから約7カ月を振り返っていかがでしょう?

藤縄:ファンの皆さんの反応が直に見れるので、ライブはすごく楽しいですね。楽しそうにしてくれているファンの方々を見ると、私たちも「やっててよかったな」って思えて。本当にライブが楽しいんです!

春奈:最近沖縄へ初遠征(ライブ)へ行ったんです。そこではずっとメンバーと一緒でした。

鳥羽:4泊5日でね。この遠征で、さらに仲が深まった気がします。

間渕:5人なのに、4枚の布団で雑魚寝したんです(笑)。

鳥羽:部屋はたくさんあったのに、わざわざ1つの部屋に集まって寝たんです。

春奈:5人なのに布団が4枚っていう(笑)。

長山:そうそう! 布団分け合って寝たよね(笑)。

――何かおいしいものは食べましたか?

鳥羽:食べてばかりの毎日だった気がします。

長山:アグー豚食べました!

鳥羽:石垣牛も!

間渕:焼き肉もいきました!

春奈:高級なおいしいお肉で幸せでした…。

鳥羽:味が全然違ったもんね!

――観光地はどこか行きましたか?

一同:国際通り!

長山:すごく楽しくて、毎日国際通りに行ってました。

藤縄:“国際通りマスター”みたいになったよね。

鳥羽:毎日試食の旅に出たよね。行きたいところがバラバラのときは2グループに分かれて、後から『こんな店があったよ』って情報交換もしたり。沖縄にすごく詳しくなりました(笑)」

――グループとしてのこれからの目標は?

藤縄:「ワンマンで赤坂BLITZを満員にできるぐらい大きなグループになりたいね」ってデビューの時からみんなで話しているんです。

春奈:12月20日(水)に恵比寿CreAtoで初ワンマンライブがあるので、まずはそのライブを成功させたいです! そこから新たな課題と目標が見つかると思います。もっともっと歌とダンスをレベルアップさせていきたいですね。

――最後に高橋さんへ一言!

藤縄:優里花ちゃんがいなければノーサテは誕生していないどころか、私のアイドル人生は優里花ちゃんがいてこそのものなので感謝でいっぱいです。お疲れ様でした!

鳥羽:優里花ちゃんのおかげでノーサテは生まれたので、本当に感謝しかないです。ライブの時に「疲れ取れるよ」ってホットアイマスクをもらったりいつも気遣いをしていただいて。最後に同じステージに立てたことがすごくうれしかったです。お疲れ様でした。

長山:ちょうど1年くらい前に「自分は何をすればいいのか」と迷っている頃にオーディションを見つけて。優里花ちゃんのおかげで今の自分がいるので、有難い気持ちでいっぱいです。最後に同じステージで踊れたことに感謝しながら、これからも頑張ります!

間渕:一度アイドルをやめて迷っている中で、ノーサテにご縁があって入ることができました。ノーサテを作っていただいてこの5人でやれて本当に良かったと思っています、ありがとうございました!

春奈:「アイドルになりたい」という自分の夢をかなえられる場所があってよかったなっと思うし。引退してからは会えなくなるかもしれないんですけど…だからこそ、自分の活躍している姿を優里花ちゃんに見せていければと思います。これからも頑張ります!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)