古川雄大が語る人気ミュージカル”黒執事”の魅力

古川雄大が語る人気ミュージカル”黒執事”の魅力

セバスチャン・ミカエリス役を演じる古川雄大

11月23日(木・祝)夜9時からWOWOWライブで、「ミュージカル『黒執事』〜NOAH'S ARK CIRCUS〜古川雄大×玉城裕規×三津谷亮×輝馬 副音声解説付」が放送される。

2009年より上演されている本シリーズは、“生執事”と呼ばれ、回を重ねるごとに観客動員数を伸ばし、今や2.5次元ミュージカルを代表する作品の一つとなっている。

4人での副音声収録後、2015年からセバスチャン・ミカエリス役を務める古川にインタビューを行い、副音声収録の感想や、黒執事の魅力、見どころを聞いた。

■ 演じているからこそ、言える言葉に注目してほしい

――前回から約1年ぶりの副音声収録を終えての感想をお聞かせください。

3時間くらい喋っていたんですけど、意外と話が尽きなかったです。全員見入ってしまう瞬間も何度かあって、特に2幕は話がよりシリアスなので、見入ってしまいました。

――昨年とメンバーも変わり、収録の雰囲気も違いましたか?

違いました! 前回はみんな割と落ち着きのあるタイプの人だったんですよ。その中で、植原卓也くんがリーダーシップを取ってMCをやってくれていたんですけど…今回は一人わちゃわちゃした人(三津谷)と、冷静っぽく見えてわちゃわちゃした人(輝馬)がいたんで、自然に盛り上がった感じはありましたね。

――喋る時のポイントや心掛けていた点はありますか?

知らないような情報、実は…みたいな裏エピソードの部分を多く話せたらいいなと思って話すようにしていました。でも実際そこを掘り下げられて、「あれ? 実は俺、理解しきれてなかったかも」みたいな瞬間もあったりして(笑)、まだまだ勉強しなきゃなと思いました。

――副音声で、ここはぜひ聴いてほしいというところはありますか?

演じているからこそ言える言葉・説明みたいなものがきっとあると思うので、そこはぜひ聴いてほしいポイントです。あとはやっぱり裏エピソード。すごいくだらない部分もあると思うんですけど、そのくだらない部分も含めて聴いてもらえたらなと思います(笑)。

■ 漫画の魅力がそのまま描かれたミュージカル「黒執事」

――WOWOWで放送されるということで、実際に舞台を見に行っていない方も見られると思いますが、「黒執事」の一番の魅力はどこだと思いますか?

この「黒執事」という作品はとてもシリアスな中に、コミカルな要素が入っていて、それが漫画で感じた僕の印象です。今日自分で見てそのコミカルとシリアスのテンポ感を舞台にもそのまま感じました。

その漫画の魅力がそのままステージで繰り広げられるというのが魅力だと思います。

あとは、物語が二転三転していきながら“人間の愚かさ”や“人間とは”という部分も描かれているストーリーも面白くて、魅力的だと思います。報われないお話で悲しいんですけど、報われないからこそ残るものや感じるものもきっとあると思います。

――今回、初めて全編通してご覧になったとのことですが、古川さんが特に引き込まれたシーンはどこでしたか?

サーカス団の登場はずるいですね(笑)。迫力があるし、サーカス団が登場するまでとはまた違うキャッチーな曲調で。チームサーカス団のシーンは魅力的で、特に引き込まれます、あれはかっこいい!(笑)

――12月31日(日)から新作公演「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」が始まり、シエル・ファントムハイヴ役の内川蓮生さんも続投されますが、それも含め今の意気込みをお願いします。

前回お仕事したときは、内川くんは小学六年生だったんですけど、約3カ月一緒にお仕事をして僕自身すごく彼から得たものがありました。

前回から1年を経て、またどんな刺激を受けられるのかなと楽しみにしてます。あとは単純に「サーカス編」から「豪華客船編」に話が進んでいく喜びもあるし、待ち望んでくれているお客さんの期待に応えたいという楽しみもあります。期待を裏切らずに全うしたいです。

――最後に、視聴者の方と、年末見に来てくださる方に、黒執事の見どころをお願いします。

生身の人間が2次元を演じている「2.5次元」というものを楽しんでいただきたいです。漫画の魅力というものをとにかく再現しようとしているのが、2.5次元で、黒執事もその代表だと思っています。

WOWOWをご覧になる前に原作を知らない方は漠然と黒執事の世界を楽しんでいただきたいです。集中して見ていただけたら、きっと面白いと思ってもらえると思います。

そして今回劇場に足を運んでくださる方は、ぜひ放送で「黒執事」を見てから、来てほしいなと思います。見なくても楽しめるんですけど、いろいろな人物の関係性だったり、前のストーリーの伏線だったり、見るとより深い部分まで楽しめるので…ぜひ楽しんでください!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)