リアル「ルーキーズ」!“野人”岡野、超ヤンキー高でサッカー部立ち上げ、選手兼監督としてベスト4に!!

リアル「ルーキーズ」!“野人”岡野、超ヤンキー高でサッカー部立ち上げ、選手兼監督としてベスト4に!!

番組MCの若林正恭

12月11日(月)放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に、元サッカー日本代表の岡野雅行が登場。高校時代の激レア体験を語った。

「サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにするという『ルーキーズ』ばりの体験をしたのに、その話をあまりしていない野人・岡野」として本人が登場し、学生時代に自らが体験した“サッカーの奇跡”を告白。

番組では、高校時代、島根県にある全寮制のヤンキー高校に通っていた岡野が、一からサッカー部を立ち上げ、県大会ベスト4まで導いた感動の軌跡を紹介。

ヤンキー高校に真面目に通い、サッカー部を立ち上げた岡野だったが、集まってきたのは、鬼みたいな顔をしたトップレベルのヤンキーばかり。

試合相手も荒廃した高校しか見あたらず、ボンタン姿にスパイクを履いた選手たちと対戦し、キックオフ後、一斉に乱闘になってしまうこともあったという。岡野は「エリートヤンキーが集まる学校だけあって、まぁ強いんですよね。マンガみたいだけど、こんなに人ってパタパタ倒れていくんだなと思いました(笑)」とコメントした。

リアル「クローズ」ばりの乱闘シーンを目の当たりにした真面目な岡野は、号泣しながら「僕はサッカーがしたいんです!」と部員たちに訴えたそう。

ヤンキーたちも「悪かった…」と素直に謝罪し、翌日から目の色が変わったようにサッカーの練習し始めたという。

岡野は監督兼選手として部員を指導。

めきめき上達し、順調に強くなったヤンキーたちは、なんと学力もUP。その後、県大会ベスト4まで勝ち進む偉業を達成したという。

マンガばりの青春時代を経て大人になったヤンキーたちは、今もなお、何かしらの形でサッカーに携わっているそうで、岡野は「それが嬉しい!」と笑顔でコメント。

そんな岡野もまた、今はガイナーレ鳥取の代表取締役GMとして、サッカー活動を続けているという。

次回は12月18日(月)夜11:15〜放送。「ボクシング界の伝説 マニー・パッキャオと戦ったおかげで、フィリピンパブでめちゃめちゃモテている人。」「突然やってきたビートルズ御一行をただの外国人だと思って無関心に接客したら、気に入られて爆買いしてもらった古美術店の人たち。」をフィーチャーし、ゲストに塚田僚一(A.B.C-Z)、筧美和子が登場する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)