今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔

今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔

「アナザースカイ」に登場したRENA選手

12月15日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に格闘家のRENA選手がゲスト出演。今田耕司と対戦した思い出について語った。

RENA選手が今田と対戦したのは、今田が司会を務める「炎の体育会TV」(TBS系)の特別企画でのこと。初対戦の2011年当時、19歳のRENA選手はすでにシュートボクシングの女王として君臨していた。一方の今田はグラバカなどのジムに数年間通い続けていた格闘技愛好家。

RENA選手は対戦した時の今田の戦いぶりについて「めちゃくちゃうまい」「緩急のある打撃を使ってきたり、変則な技をちょいちょい使ってくる」と語る。

レフェリーストップで試合終了となったVTRを見て、今田は「(自分は)変なリズムなんですよね〜」と苦い顔をしてみせるが、「それがあるからこそ、ちゃんとした打撃を結構もらっちゃう」とRENA選手は評価した。

2011年以降無敗の24連勝を続けるRENA選手は、2015年からは総合格闘家としても活躍。圧倒的な強さを見せるRENA選手の公式試合での様子がVTRで流れると、苦しそうにうずくまる対戦相手を見た今田は「あれ同じことされてるからな俺(笑)」と冗談交じりにつぶやいた。

次回、12月22日(金)放送予定の「アナザースカイ」は1時間SP。内村航平がゲスト出演する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)