有村架純、カナダへの旅で「自分の“毒素”が抜けた」

有村架純、カナダへの旅で「自分の“毒素”が抜けた」

有村架純がカナダへ10日間の旅に出た

12月16日(土)夜7時30分より、NHK総合にて「有村架純 カナダ大自然の旅」が放送される。

本番組は有村架純がカナダを訪れ、“自分を見詰め直す旅”を行うというもの。

有村は15歳で女優を目指し、24歳のことし連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを務め上げた。そんな“国民的女優”となった有村は、「気持ちの“解放の仕方”を忘れてしまっていた」と振り返る。

10日間の旅を終えた有村に、旅を通して得たものや、番組の見どころを聞いた。

■ 自分の中で固まっていたものが、解けていった

──カナダへの旅はいかがでしたか?

カナダは留学している友達から、カナダの人は温かいし、自然と街とが共存しているような国だと聞いていたので、行ってみたかったんです。

今回、実際に旅をしてみて、国籍関係なくいろんな国の人が住まれていることもあって、寛大な人たちがとても多いなと思いました。皆さん優しく接してくださるし、街も自然も両方楽しめるような、そんな国だなと感じました。

──“自分を見詰め直す旅”というコンセプトがありますが、何か特別な思いがあったのでしょうか?

そうですね。旅番組なので、(出発する前は)五感をフルに活用して、視聴者の方に伝えなきゃいけないなと思っていたんです。でも、ただ喋っていればいいというものではないかなとも思っていて。

(旅の)初めは、気持ちの“解放の仕方”を忘れてしまっている感覚がありました。それがカナダで1日1日を過ごしていくうちに、自分の中で固まっていた何かが、柔らかく解けていく気がして。自分を見詰め直したり、向き合ったりしている時は「言葉にできないな」と思いました。

今までお仕事をさせていただいてきて、自分の気持ちを解放的にしていくということが、難しくなっていたんだと思います。でも、今回はそういう自分の中の毒素が抜けたというか、デトックスができたような、そんな旅でした。

──では、もう“ひよっこロス”を感じることはなく?

実は、「あ、『ひよっこ』が終わったのって、つい最近なんだ」って思うくらい、はるか昔のことのように感じるんです。「自分の毒素を、もう日本には絶対に持って帰らない!」と思って旅をしていたので、いろんな人と出会ってコミュニケーションをとって、リフレッシュできたんだと思いますね。まぁ、自分の毒素をカナダに置いてくるっていうのも、どうかと思うんですけど(笑)。

■ 地球の大きさを、肌で感じました

──10日間の旅が73分に詰まっているわけですが、「放送時間が足りないな」と思いますか?

やっぱり、入りきっていないところはあります(笑)。でも、編集で人と会話しているところを多く使ってくださっているそうなので、そのあたりを見ていただければと思います。

──巨大なナイアガラの滝や、“世界で一番美しい島”と呼ばれるプリンスエドワード島なども訪問されているのですよね?

そうですね。ナイアガラの滝は、本当に迫力がありました。船に乗って、滝の近くまで行けるアトラクションも体験したんです。1日にいったいどれくらいの量の水が流れているんだろうとか、そういうことを考え始めたら、地球のあまりの壮大さによく分からなくなってきてしまって(笑)。自分の住んでいる星の大きさを、肌で感じましたね。

プリンスエドワード島は、ナイアガラの方とはまた違う、本当に優しい島でした。海もあるのでシーフードもおいしいですし、クランベリー畑もたくさんあって。

【「有村架純、高瀬アナと再共演!?」へ続く】(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)