現代の出版業界で“幕末の英雄”たちが熱い闘いを繰り広げる!

現代の出版業界で“幕末の英雄”たちが熱い闘いを繰り広げる!

「サラリーマン土方歳三」幕末の英雄たちが現代の出版・書店業界で熱い闘いを繰り広げる

NHKの公共放送理解促進キャンペーンサイト「どーも、マンガです。」では、12月13日より新たなコンテンツ「サラリーマン土方歳三ーもし幕末の英雄が会社員ならー」を公開した。

第1話では、誰もが知っている幕末の偉人たちがもしも現代の出版界にいたら…という設定で、ネット販売の影響で改革を迫られる出版界において、熱い書店愛を胸に最後まで闘い続けた1人の男の姿を描いている。

主人公の土方歳三をはじめ、沖田総司、坂本龍馬、桂小五郎、ペリー、そして2018年1月7日(日)よりNHK総合ほかで放送される大河ドラマ「西郷どん」の主人公でもある西郷隆盛など、幕末の英雄たちが、出版不況・電子書籍の進出(黒船)に苦しむ現代の出版・書店業界で熱い闘いを繰り広げる。

なお、1月7日スタートの「西郷どん」は、鈴木亮平主演で明治維新の英雄・西郷隆盛の人生を描く。

薩摩の貧しい下級武士の家に育った西郷(鈴木)は、3度の結婚、2度の島流しなど、波乱の生涯の中で唯一無二の揺るぎなき「革命家」へと覚醒していき、明治維新を成し遂げる。

共演は北川景子、鹿賀丈史ら。原作は林真理子で、中園ミホが脚本を手掛ける。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)