アンジュルム・竹内朱莉、「うんこドリル」で書道レパートリー”増”宣言(笑)

アンジュルム・竹内朱莉、「うんこドリル」で書道レパートリー”増”宣言(笑)

新曲の発売イベントを行ったアンジュルムのメンバー。勝田里奈、中西香菜、佐々木莉佳子、笠原桃菜、竹内朱莉、和田彩花、室田瑞希、船木結、川村文乃、上國料萌衣の14人

女優・蒼井優が大好きなアイドルグループとしても注目集めている、ハロー!プロジェクトに所属するアンジュルムが、新曲「マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ...friends」の発売記念イベントを池袋サンシャインシティ噴水広場で行った。

本作は、彼女たちにとって初の試みとなるBlu-ray/DVDシングルという映像作品としてのリリース。また、6月に船木結(カントリー・ガールズ兼任)と川村文乃が加わり新体制となってから初の楽曲となる。

一曲目に新曲「キソクタダシクウツクシク」を披露した後のMCコーナーでは、勝田里奈が「WEAR っていうファッションアプリをやっているので、きょう来た方は全員フォローよろしくお願いします」とコメント。続く竹内朱莉も「書道とかを書く上で、書けることは書けるんですけど、読めない字も書いている。それはなくしたいと思いますので、話題の『うんこドリル』を買いました!」と平常運転な意気込みでイベントがスタートする。

リーダーの和田彩花は「きょうの見どころの一つは、一人ずつの口紅の色。みんなそれぞれ違うのをつけていて、私は真っ赤。ちょっと黒めの子もいれば、紫色っぽいのやベージュを付けている子もいるので注目してください!」とアピールし、会場に詰めかけた約1100人のファンを盛り上げた。

その後も新曲「マナーモード」を皮切りに、「ドンデンガエシ」「次々続々」「大器晩成」と、彼女たちの代名詞とも言うべきアッパーチューンなナンバーをたたみかける。ラストは、本誌の月刊ザテレビジョンで連載中の「ハロ!愛(ラブ)」のインタビューでも語っていた(11月24日発売号)、和田自身が歌詞を見て涙したという楽曲「君だけじゃないさ...friends」を披露。ラストの室田瑞希と上國料萌衣のフェイクで訪れたファンを魅了した。

イベント終了後の囲み取材で新体制について問われると、和田は「一年に一回新体制になるので、特に変わったことがないんですけど」と笑いながら、「今回の新メンバー2人は、今までもいろいろな経験をして入ってくれたので、いろんな刺激を受けています。船木結ちゃんがカントリー・ガールズでの経験がすごく大きくて、MCとかもきっちり考えてくる。そういうのをほかのメンバーたちが見て真似して、いい刺激で、いい部分をとり入れてうまくやっています」とにっこり。褒められた船木は「(兼任している)カントリー・ガールズとはコンセプトが違うなと思っていて、カントリー・ガールズのかわいさにアンジュルムのカッコよさを加えて、世界一のアイドルになってやろうと思います!」と宣言していた。

また、先日行われたモーニング娘。'17の工藤遥卒業公演に関して質問が飛ぶと、工藤を尊敬している佐々木莉佳子は「いつも泣いているので、今回はいってらっしゃいの気持ちで送り出そうと思ってたんですけど終止泣いていました」と告白。続けて「本当に抜け殻だったんですよ。頭の中が工藤さんみたいな」と振り返ったところ、思い出してまさかの号泣。メンバーからティッシュを渡されるハプニング(?)も。

最後に昨日に発表された“ことしの漢字”が話題に。習字が得意で自分たちのライブの題字などでも腕をふるっている竹内(前出の「ハロ!愛(ラブ)」の題字も担当)が、ことしの漢字を書いて来たと自信満々に披露。「蒼」「竹」「増」「他」と4つも順番に取り出し、メンバーからを多いとツッコミが。最後の「他」の字を発表した際に竹内は「四文字熟語で言いますと、他流試合、他力本願の意味もある」と博識ぶりをアピール。

しかし取材陣の後ろに目を向けると…しっかりとマネジャーさんがカンペを出していました(笑)。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)