松田るか、一番つらかったのは“重ね着できない衣装”

松田るか、一番つらかったのは“重ね着できない衣装”

12月14日発売の「週刊ヤングジャンプ」グラビアに登場する松田るか

「仮面ライダーエグゼイド」(2016年10月〜2017年8月、テレビ朝日系)で、仮野明日那・ポッピーピポパポ・仮面ライダーポッピーを演じた松田るかにインタビューを敢行。ドラマ、グラビアなど幅広い活躍を見せる松田に、2017年を振り返ってもらった。

――2016年から続く「仮面ライダーエグゼイド」から始まった2017年はいかがでしたか?

「―エグゼイド」のおかげでたくさんの人に知っていただけた一年でした。Twitterのフォロワー数ではそれがすごく顕著に表れていて、「―エグゼイド」が始める前は2万人くらいだったのですが、今は11万人! 

“仮面ライダー”の偉大さを感じると共に、女優としての土台作りの一年だったと思います。

―― 一年という長い期間の撮影では、大変な事も多かったのでは?

たくさんありましたね。挙げればキリがないくらいハードでした(笑)。そんな中で、一番つらかったのはあの格好で長時間いること! 夏場はいいんですけど、冬のナイター撮影は…(つらい)。重ね着できないデザインの衣装だったので、本当に大変でした。

――逆に良かったことは?

スタッフ・出演者のチームワークが良かったのは、良かったなって思います。撮影が始まる前は「やはり大人数ではあるし、人として合う、合わないとかがあるだろうな」と不安に思っていたのですが、そんなことは全然なくて、みんな本当に仲が良かったです。

また、WOWOW動画でリーガ・エスパニョーラにまつわるさまざまな情報を紹介する「リーガダイジェストNEXT」にも出演中。

――世界最高峰のサッカーリーグを紹介する番組にも出演中ですが?

サッカーのスペインリーグを中心に、試合結果や最新のチーム&選手の情報、さらには選手のファッションなども取り上げる、サッカー初心者の方も取っ付きやすい内容になっています。私もサッカーは詳しくなかったので、視聴者の皆さんと一緒に勉強させていただいています。

――番組が始まって試合を見る機会も増えましたか?

はい。特に、大きな試合は必ず見ています。バルセロナとレアルマドリードの“クラシコ”とか! 試合を見ていると、すごくレベルが高くて、ゲームみたいで飽きないんですよ。

番組に関わらせていただくようになって、サッカーの知識がどんどん増えて、興味も深まっています。最近だと、ロナウジーニョ選手がよく使っていたドリブルの技“エラシコ”を知りました(笑)。

さらに、グラビアでも活躍中。12月14日(木)発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)では表紙を飾っており、水着姿のほか素の表情などさまざまな表情を見せている。

――撮影はいかがでしたか?

ずっと行きたかった台湾で撮影していただきました! 沖縄出身というのもあってか、青い空と青い海でのグラビアってちょっと飽きてきているというか、“女優としての私”を見ていただきたいなと思った時に、雨が似合う街として台湾に行ってみたいと常々思っていたんです。

2年くらい前から「台湾に行きたい!」って言っていて、決まってもいないのにパスポートを用意して待っていたくらいで(笑)。だから、やっと念願がかなったという感じです。

――初めての台湾は楽しめましたか?

撮影には雨だったので時間がかかりましたが、食事では台湾料理を堪能できてすごく楽しかったです。食後も撮影があるにも関わらず、めちゃくちゃ小籠包を食べていました(笑)。

あとは、せっかくの台湾ということで自前のカメラを持って行って、プロのカメラマンさんに直接カメラについてご教授いただきました!

――出来上がった写真を見た感想は?

これまでは、キラキラした元気な感じの王道なグラビアを撮っていたのですが、これから女優として頑張っていく上で、グラビアアイドルではなく女優として自分を表現できたらいいなと思っていたんです。

決めた感じの笑顔よりも、自然なふとした表情や躍動感のあるカットなど、映画のワンシーンを切り取ったようなグラビアになったらいいな、と。そういう思いが形になっていて、女優としての松田るかが表現できたんじゃないかなと思っています。

――カメラマンさんとの相性はいかがでしたか?

すごく良かったです! というのも、細居(幸次郎)さんの写真を見て、自ら「細居さんに撮ってもらいたい!」ってお願いしたんですよ。まさに映画のワンシーンのような写真を撮ってくださって、本当に感謝しています。

――次はどこに行ってみたいですか?

やっぱりキラキラしたところよりは、雰囲気のあるところがいいですね。雨のロンドンとか。雨シリーズとかいいですね!(笑) 私だからこそできる表現みたいなものを追求できたらなって思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)