ブレーク芸人・アキラ100%が輝き続けた2017年をプレーバック!

ブレーク芸人・アキラ100%が輝き続けた2017年をプレーバック!

2017年ブレーク芸人・アキラ100%に直撃インタビュー!“輝き続けた1年”を振り返る!

2017年2月末、ピン芸人のNo.1を決める「R-1ぐらんぷり2017」で優勝し、一躍ブレーク芸人の仲間入りを果たしたアキラ100%。お盆で股間を隠すという裸芸が話題となり、優勝後はテレビへの露出も急増! 2017年のお笑い界に大きな爪痕を残した彼に、仕事やプライベートでの劇的な変化や2018年の野望を語ってもらった。

■ R-1優勝して奥さんからの祝福がうれしかった!

――まずは単刀直入に、2017年はどんな1年でしたか?

アキラ100%:「R-1ぐらんぷり2017」で優勝させていただいてからはもう何もかもがガラッと変わりました。2015年と2016年の年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)にも出させていただいて、特に2016年の放送後はTwitterのフォロワー数もバッと増えたんですけど、実はお仕事的にはそこまで変わらなくて。もちろん、あの原田龍二さんが僕のネタをやってくださって、アキラ100%という名前が格段に浸透したのは本当にありがたかったんですけどね。だから僕的には、ホップ・ステップ・ジャンプじゃないですけど、ガキの使いに出させていただいて…という流れがあってのR-1優勝だったのかなって。いきなりR-1に裸で出ていっても、知らない人は誰?って感じだっただろうし、そういう意味では2年かけて草の根運動してきたのがついに実ったといいますか。

――“ガキ使”でたくさん人に知ってもらった下地があったからこその優勝だったと。

アキラ100%:そうだと思います。しかも僕ってインパクト系のネタだから、たとえば来年もまたR-1に出場できたとしても衝撃はだいぶ減ると思うんです。そういう意味では最初で最後のチャンスだったのかなとも思うし、優勝できてラッキーでしたね。

――具体的に2016年の2017年の数字の比較はいかがですか? お仕事の本数とか年収とか…(笑)。

アキラ100%:R-1優勝後、テレビは100本以上出させていただきまして。2016年はネタ番組を中心に10〜20本だったので、まさに雲泥の差ですね。お給料は、多いときで全然稼げてないときの100倍くらいになりました。営業の数もグンと増えて、今は子供や家族連れからの反応もめちゃめちゃいいのでやりやすいです!

――アキラさんのネタは子供が好きそうですよね(笑)。

アキラ100%:出ていくと「わー来たー!」って感じで、くるっと回ってお尻が見えるとものすごい笑ってくれます(笑)。子供からすると、裸で何かやってるって行為自体が面白いみたいですね。

――あはははは。ところでアキラさんは2015年に結婚されていますが、R-1優勝後、奥様の反応はいかがですか?

アキラ100%:「優勝して本当によかったね」ってまずは言ってもらえたのがうれしかったです。ずっとアルバイトで生活をまかなってたんですけど、2017年はお笑いの方でもお給料をもらえるようになって、僕的にも心のゆとりができました。あとは義理のお父さんとお母さんもすごい喜んでくれて、そういう意味では結婚して初めて心の底から笑えたといいますか。

――今まではどこか引け目を感じていた?

アキラ100%:めっちゃ感じてましたね。僕、結婚するとき、芸人よりスポーツクラブのインストラクターのほうをさも本職みたいに言って許しをもらったんです(笑)。アルバイトだって言わずに。だからずっと後ろめたかったし、向こうのご両親もずっと不安だったと思うんです。今はもう、電話を代らわれても気が楽ですね(笑)。

■ 裸芸人のあるあるは“雪祭り”に呼ばれること(笑)

――小島よしおさん、とにかく明るい安村さん、ハリウッドザコシショウさんなど、他の裸芸人さんとのつながりはありますか?

アキラ100%:もともと小島さんと安村さんがやってた“裸”っていう名前のLINEのグループがあって、そこに混ぜてもらいました。なかなか予定が合わなくて飲みに行くとかはないんですが、同じ裸だからか常に距離が近い感じがするし、ぜひ今度飲みに行きましょう!って話はしてます。

――裸芸人あるあるって、ありますか?

アキラ100%:僕はR-1に優勝して次が初めての冬なんですが、別の裸芸人の方から「いろんな雪まつりに呼ばれるよ」っていうのは聞きました。これは“あるある”みたいですね。あと本当に寒いときは靴だけは履いたほうがいいって。足が完全に冷えると体にも影響が出て、ネタどころじゃなくなるみたいなんです。あともうひとつ“あるある”としては、裸芸人は絶対にウェットティッシュを持ってる。ネタが終わるとみんな足の裏を拭いて、ちゃんときれいにして靴を履くっていう。

――なるほどー(笑)。ところで2017年は忘年会でアキラさんのネタをやる人も多いと思います。アドバイスはありますか?

アキラ100%:まずはちゃんとTPOをわきまえること。ちょっとお堅い会社の忘年会とかだと、もしかしたらコンプライアンスの審議にかけられる可能性もありますから、そこは慎重になってほしいです(笑)。ネタに関しては、股間を絶対に隠しきること! よくノリで「見せろー!」とか野次が飛んで結局見せて笑いになる…っていうのがあるみたいなんですけど、見せたらもうそこで終わりなんですよ。その後いくら隠しても1回見えちゃったら面白くないんで、最後まで絶対に隠しきってほしいです。

――結構隠しきれるものなんでしょうか?

アキラ100%:いや、これが難しいんですよ。前は大丈夫だとしても横や後ろを向くと角度的に見えちゃうこともある。時間があれば鏡の前に1回立って、お盆の隠し方を何度も練習してから挑んでほしいですね。どうなると見えるのかっていう自分の守備範囲を確認してください(笑)。

■ 裸じゃない仕事のオファーもうれしい!

――今後のお仕事としては、元旦放送の「いつでもマラソン24時」(フジ)で約80kmを24時間以内でゴールするマラソンに挑戦。しかもマラソンの様子はテレビカメラで追わず、一般の方々が撮影したスマホ動画などを番組に投稿してもらい使用するという手法。お話をいただいたときはいかがでしたか?

アキラ100%:聞いたときはとにかくビックリしましたし、服を着た状態で走るから僕でいいんですか?っていう(笑)。あと、スポーツは好きなんですけど長距離だけは苦手で…。43歳という年齢もありますし…。でも、裸じゃない仕事のオファーもいただけたっていうのは純粋にうれしかったです!

――どのように完走したか、マラソンの模様も楽しみです! では、最後に2018年の野望を聞かせてください。

アキラ100%:レギュラー番組とかCMをいただけたらうれしいし、トーク番組にもどんどん出たいです。もちろんこの裸で(笑)。あとは“丸腰刑事”っていう刑事コントをやっているので、本物の刑事ドラマにも出てみたいですね。本人役ではなく、普通に服を着て、たくさんいる刑事の中の1人でもいいので。僕の個人的な夢なんですが、刑事ドラマが大好きなのでいつか出てみたいです。

取材・文=川倉由起子(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)