八代亜紀、音楽フェスの出演に「若者のエキスがあった方がいい!」

八代亜紀、音楽フェスの出演に「若者のエキスがあった方がいい!」

八代亜紀の素顔に迫るドキュメンタリー

12月29日(金)、八代亜紀に約半年間密着したドキュメンタリー番組「素顔の八代亜紀(仮)」(夜8:00-9:55、BSフジ)が放送される。

演歌歌手として「舟唄」や「恋の慕情」など多数のヒット曲を持つ他、ジャズやブルースなども歌い上げる八代。近年では音楽フェスへの精力的に参加し、活動の幅を広げている。さらに、画家としてフランス最古の画壇「ル・サロン展」にて5年連続入選し永久会員となるなど、マルチな才能を見せている。

番組では、八代がジャズアルバムの制作に取り組む様子や、ことし10月に行われた34年ぶりとなるロサンゼルス公演の模様、舞台裏を紹介。今回、八代にインタビューを行い、自身の活動に対する哲学、さらには地元・熊本の復興に対する思いを聞いた。

――今回、八代さんにとって34年ぶりになる、ご自身2度目のロサンゼルス公演が実現しました。オファーがあった時の感想を教えてください。

日本語を勉強する学生のための奨学金基金が開催するコンサートで、2年前からオファーがあったんですけど、スケジュール的に時間が合わなくて、やっと今回、行けることになったんです。私は日本が大好きで、日本を応援するためならいろんなことをしたいと思っていますので、「(コンサートを)やらなきゃ。手伝わなきゃいけないな!」と。

――実際にコンサートをされていかがでしたか?

「イェーイ」や「OK」など、私はそういったパフォーマンスが多いようで、それがアメリカ的だったらしくて、主催者の方から「今回は英語をたくさん使っていただいてありがとうございます」と言われたんです(笑)。

(観客には)若い方も多くて、私が「おんな港町」を歌ったら、20〜30代の若い方たちも「イェーイ」と言ってくれてビックリしました(笑)。一方で泣いている方もいましたから、私もその姿を見て感動しましたね。日本への思いを感じました。

――34年前のロサンゼルス公演に来た方が、今回のコンサートにも来場したそうですね。

そうなんですよ! メキシコから来たという方で、その方の車のナンバープレートが「YASHIRO」でビックリしました(笑)。

コンサートの後に、奨学金で学校に行けた方や、卒業することができたという高校生や大学生にもお会いして、私に「アリガト、アリガト、アリガト!」と言ってくれました。

――八代さんは今回のロサンゼルス公演以外にも、モンゴルやブラジルでも公演もされていますよね?

私はその土地に行った時、“郷に入りては郷に従え”みたいなところがあるので、モンゴルへ行ってもブラジルへ行っても、あるいはニューヨークのライブハウスでも、その場所のノリになっちゃうみたい(笑)。

―― 一方で、八代さんの地元・熊本で地震の復興支援として精力的に公演を行われています。

熊本に行った時、ファンの方から「亜紀ちゃんは全国にコンサートに行くから、全国の方に(復興支援の)お礼を言っておいてください」と頼まれるんです。ですから、全国コンサートでは私から全国の皆さんへ「ありがとう!」とお礼を伝えています。すると、皆さん喜んで拍手してくださる。そして、そのことを熊本の方に伝えていく。私はそういう役割だと思っているの。

モンゴルの公演でも、モンゴルの方が熊本の震災復興のために200万円も集めて募金してくれたことを知りました。私はそういうお話を聞いて、コンサートで皆さんに伝える役割です。

――八代さんは野外音楽フェスにも参加されています。2010年以降はほぼ毎年とステージに立っているそうですが、これまでのステージと雰囲気は違いますか?

すごく楽しいです! 「演歌の八代」と言われていますが、若い方からのオファーにも挑戦することはとても重要。キャリアと年齢だけで「やりたくない」ではなく、「トライしましょう!」と。

同じところに固まらず、若い人たちの意見をどんどん取り入れた方がいいですよね。今でも年間180ステージ(1日2回公演)こなして、テレビに出演して、絵も描くというルーティーンになっていますが、さらに知らない世界を経験して若者のエキスがあった方がいいかな!

――音楽活動に加えて、八代さんは画家としても創作活動を続けられています。

元々、絵描きになることが私の目標でしたから! だから絵は捨てられないの。八代亜紀として歌手活動をして忙しかった時でも、深夜そっと絵を描いて腰痛になったり、風邪ひきやすかったりとかね。朝の6時にコンサートでも、朝5時まで絵を描いていましたから(笑)。事務所から注意されても内緒で描いていました。

今では、絵の時間と歌の時間と決められているので、とても楽しいです。30年近く前から月に2度3日間ずつは必ず神奈川・箱根のアトリエに行って絵を描いています。

――事務所の1階もギャラリーになっていますね。

ご近所の方がもし時間を持て余していたら、コーヒーもお茶も自由に飲んで、いつでも自由に遊びにいらっしゃってほしい。そういう空間を作りたいと思って1階はギャラリーにしたんです。無名のアーティストの方たちから「個展をさせてください」というご依頼もあって、無料で提供もしています。「応援してくれてありがとう」というお返しなの。

――もうすぐ2018年を迎えます。2018年の抱負をお願いします。

1月2日からディナーショーです。だから箱根駅伝は見られません(笑)。ですが、生の歌を聴きに行きたいと思われるような、元気な八代でいたいと思います! 意欲的にやりますよ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)