とろサーモン久保田「苦労しているやつほど幸せが降ってくるんです」

とろサーモン久保田「苦労しているやつほど幸せが降ってくるんです」

「THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ」で漫才を披露する“M-1”王者・とろサーモン

12月17日(日)に名実共にスターの芸人たちが漫才を披露する「THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ」(夜7:00-10:24、フジ系)が放送される。

番組にはコンテスト時代の“THE MANZAI”優勝者のウーマンラッシュアワーや博多華丸・大吉ら、“M-1グランプリ”王者の銀シャリ、サンドウィッチマン、チュートリアル、トレンディエンジェル、中川家、NON STYLEらに加え、2017年の覇者・とろサーモンも登場。

さらに、爆笑問題やおぎやはぎ、タカアンドトシ、ナイツなど、そうそうたる漫才師がネタを披露していく。ザテレビジョンではその舞台裏に密着。ステージを終えた後の芸人たちに、年末の大舞台での感想を聞いた。

■ とろサーモン

今年の“M-1”で優勝したとろサーモンも急きょ、出演が決定した。久保田和靖は「“THE MANZAI”に出演できてうれしいです。失礼ですけど、(キャスティングしたスタッフを)高く評価しています」と“プレミアマスターズ”初出演にもかかわらず、堂々としたコメント。

さらに久保田は「今回、(M-1グランプリを優勝して)分かりましたから。苦労しているやつほど幸せが降ってくるんですよ」と、仕事の充実ぶりもアピールした。

しかし、“M-1”で審査員を務めた博多大吉は「(とろサーモンの)今日の漫才見たら、和牛の方が良かったかな(笑)。久保田の野郎!」と辛口の評価。果たしてどのような漫才を披露したのか。

■ 銀シャリ

2016年の“M-1”チャンピオンである銀シャリ・橋本直は「1年間、恥じることのないようにちゃんと漫才をやってきましたか、試されている感じです」と漫才を終えた感想を語る。

さらに、橋本は「僕らの紅白(歌合戦)ですよね。ですから、(衣装は)ネクタイが赤で、シャツは白にさせていただきました(笑)」と年末恒例の大仕事を終えたことに胸をなで下ろす。

■ 中川家

ブレーク後も精力的に舞台で漫才を披露する中川家。しかし礼二は「“THE MANZAI”は緊張するので、普段だったら冷静になってお客さんの笑い声とか分かるんですけど、ここだけは緊張しますね」と“THE MANZAI”独特の空気感を伝えた。

剛も「(ネタを)1個飛ばしてもうた…」と緊張からミスをしたことを告白。礼二は「僕らの漫才は御膳に小鉢がいっぱい並んでる(ような)漫才ですから。1個抜けても分からへん(笑)」と冗談交じりにフォローした。

■ 爆笑問題

毎年トリを飾っている爆笑問題。太田光は「貧血起こしそうだったね、テンション上がっちゃって」と疲れをあらわに。続けて、田中裕二も「緊張感がすごいあるんですよ。毎回、口がカラッカラになっちゃいますからね」とうなずいた。

さらに番組では、12月9日に放送された「THE MANZAI 2017 プレマスターズ大会」を勝ち抜いた3組の芸人も登場。ことしの“M-1”決勝でとろサーモンと激戦を繰り広げた和牛やミキ、さらにはジャルジャル、カミナリ、三四郎らが参戦し、その3組は番組放送中に発表される。

最高峰の漫才の祭典に出演できる芸人は、どの漫才師なのか。これにも目が離せない。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)