西野七瀬がか、か、かわいすぎる!!主演ドラマ「電影少女」シーンカット最速公開

西野七瀬がか、か、かわいすぎる!!主演ドラマ「電影少女」シーンカット最速公開

女優・西野七瀬のドキッとする色っぽい表情も…!

テレビ東京系で1月13日(土)からスタートする「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」で、野村周平と共にW主演を務める乃木坂46・西野七瀬のシーンカットが公開された。

西野が演じるのは、主人公・翔(野村)の前に現れるビデオガール・アイ役。普通の高校生・翔が家にあったビデオテープを再生し、飛び出してきたアイと一つ屋根の下、3カ月に及ぶ奇妙な共同生活を送るSFラブストーリーだ。

今回、西野は役作りのため、肩まであった髪を20cmほどバッサリカットして撮入。「人生初のショートカットです」とうれしそうに語る本人に対し、ファンからも「なーちゃん、何でも似合う!!」「ショートもかわいすぎ!」と称賛の声が上がった。

西野がキャスティングされた理由を、五箇公貴プロデューサーは「彼女が持つはかなさと今にも壊れてしまいそうな繊細さ。だからこそファンは彼女の姿を見て支えてあげたくなるし、そんな西野さんからパワーをもらっているんじゃないだろうか。

彼女が演じてくれたら、作品の持つメッセージを誰よりもストレートに伝えられると僕らは確信しました」とコメント。

さらに五箇Pは「人気絶頂のアイドルが3か月しか生きられないアイを演じる。

もしかしたら(一般論としての)”アイドル”という存在のはかなさは、ビデオガールが抱えるはかなさと重なるのかもしれないなと、このコメントを書いていてふと思いました。

デビュー以来初めて髪をショートにし、並々ならぬ覚悟で役に臨む女優、西野七瀬が演じるアイちゃんの『おまえのいいとこ、ひとつめーっけ!』で世界中の男子が天野アイのガチ恋ファンになる日は近い」とアピールしている。

また、ドラマの公式ツイッター(@videogirl2018)では、予告編動画を公開中。意外な西野の姿も話題となっている。

■ 「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」イントロダクション

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを始める。

学校では同じクラスの奈々美(飯豊まりえ)に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章(清水尋也)に好意を抱くという一方通行状態。

そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると天野アイ(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて...!?

ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)