ONEPIXCELメジャーデビュー&大型タイアップが決定!

ONEPIXCELメジャーデビュー&大型タイアップが決定!

ONEPIXCELがワンマンで“ワンピクスタイル”全開

ガールズユニット・ONEPIXCELが、東京・渋谷TSUTAYA O-WESTにて「ONEPIXCEL LiVE 2017 FREE&EASY vol.4 〜第1章→第2章〜」を開催した。

同事務所の妹分ユニットであるPiXMiXがオープニングアクトを務め、会場はすでにオーバーヒート気味。そんな中、田辺奈菜美、傳彩夏、鹿沼亜美の3人が登場し、「Analoganize」「TONDEKE」「FREEDOM」「RUN」「umbrella」と、序盤から“ワンピクスタイル”全開でファンからは大歓声が上がる。

ONEPIXCEL恒例の“ゆる〜いMC”では鹿沼が「ワンピクは雨に好かれて…2017年はほとんどのイベントが雨だった(笑)。メンバーとスタッフさん全員が雨女、雨男なのかな」と振り返る。

すると田辺は「(ファンの方に)雨男、雨女が多いんだよ(笑)」、傳も「みんな雨っぽい顔してるもん(笑)」とファンをイジッた。

中盤は「Time」「hello, wonder star」「S」と続き、メンバーが「自分たちの曲にしたい」と語るモンゴル800の「あなたに(カバー)」ではファンと大合唱。

また、客席にサンタ帽をかぶったファンがいたことで、MCはクリスマスプレゼントに関する話題に。11月に18歳の誕生日を迎えた田辺は「誕生日プレゼントとクリスマスを兼ねてiPhone Xをもらった」と語ると、鹿沼も「サンタクロースにカーペット頼んだんですよ!」と、大好きな「ニトリ」の商品をおねだりしたことを明かした。

終盤では「sora」「seven colors」「Hungry Calorie Monster」、10月に発売したフルアルバムのリード曲「monochrome」を披露。そして「KICK START」「Blue Ocean」でことし最後のライブを駆け抜けた。

アンコールでは「be with you」「Beautiful Lady」「One 2 Three」を熱唱すると共に、ONEPIXCELから重大発表が。

3人は「私たちONEPIXCELは、本日をもちまして…」と悲しげな表情になるが、次の瞬間「第1章を終了し、日本コロムビアよりメジャーデビューが決定しましたー!」とビッグサプライズを発表する。

鹿沼らが「(ドッキリのために)3人で悲しい表情練習したんだー」とドヤ顔を見せるが、突如ステージが暗転。

戸惑うメンバーが悲鳴を上げる中、バックスクリーンにはデビューシングル「LAGRIMA」(2018年3月7日発売)が、2018年1月クールのフジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」のエンディング曲に決定したことを告げる。

タイアップのサプライズはメンバーにも極秘にされていたようで、3人の目には涙があふれていた。

また、メンバー学業優先のためグループ活動は来年3月まで一時休止することも明かされたが、復活までは毎週日曜朝のアニメと共にONEPIXCELを堪能できそうだ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)