小池栄子、菅田将暉への“説教”に後悔

小池栄子、菅田将暉への“説教”に後悔

小池栄子

12月17日(日)に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した小池栄子が、菅田将暉に説教した過去を人生最大の後悔……と振り返った。

この日のテーマは「人生の後悔スペシャル」。

5年前、ドラマで共演した当時19歳の菅田将暉に対して小池は、俳優として主体性が感じられず、説教してしまったとか。

「調子に乗ってたなーと思います」と当時を振り返る小池。

しかし、その後菅田が大ブレイク。

そんな相手に、演劇論を振りかざして説教してしまったことが恥ずかしくてしょうがないという小池は、テレビ局などで菅田に会った際は、挨拶ぐらいはしようと、「適度に『おぅ元気?』みたいに、さっと切りぬけています」と、恥ずかしそうに明かした。

声だしな!熱くなろうよ!魂だよ!芝居はって、それぐらいの勢いで説教しちゃって。と後悔する小池に「魂とか、言わねーよ」と、ゲストで出演していた堤真一も大爆笑でツッコミを入れていた。

小池が説教したことを後悔していると、番組スタッフ菅田将暉に伝えたところ、菅田から小池宛にお手紙が。

「小池さんが後悔していると聞きましたが、とんでもないです!小池さんからのアドバイスが心に響いた事を今でも覚えていますが……何を言われたのか覚えていません(笑)」

菅田の手紙を読んだ小池は「やだ恥ずかしい〜」と感想を漏らし、スタジオは笑いに包まれていた。

次回12月24日(日)は「2時間生放送ザンゲSP」を後8:00から放送予定。

明石家さんま司会のもと、2017年にブレイクした、みやぞん(ANZEN漫才)、ブルゾンちえみ、サンシャイン池崎、アキラ100%らが公開生ザンゲ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)