指原莉乃、松居一代は「ラスベガスでショーをしたら人気が出る」

指原莉乃、松居一代は「ラスベガスでショーをしたら人気が出る」

松居一代についてコメントした指原莉乃

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティ番組「ワイドナショー」(フジ系)。12月17日(日)の放送では、コメンテーターとして、指原莉乃が出演し“松居一代劇場”について感想を述べた。

今月14日、俳優・船越英一郎とタレント・松居一代の離婚が成立したことを、船越の所属事務所が発表、マスコミ各社に送られたFAXによると「慰謝料や財産分与はない」とのこと。すると、翌15日には、松居が緊急会見を開き、「財産分与はないことを勝ち取った」と離婚の喜びを表現した。

芸能レポーターの駒井千佳子によると「13日の調停の際、松居さんから船越さんに『16日まで公にしないでほしい』と申し入れがあったそうなんですね。しかし、14日にスポーツ紙に離婚のことが大きく報じられてしまったので、船越さんは間違っている内容を訂正するためにマスコミ各社にFAXを送ったんですが、松居さんはそのことを『約束が違う、裏切られた』という思いから、15日に会見となったと。

財産分与については、松居さんは勝ち取ったと言ってるんですが、そもそも離婚の調停を申し入れたのは船越さんで『財産分与も慰謝料もいらないので離婚に応じてほしい』という内容だったはずなんですね」という事情だったことが解説された。

指原は、松居一代のことを「エンターテイナーだと思ってるので、ラスベガスでショーをしたら人気が出るんじゃないのかなって、私はそのくらい楽しませてもらいました」と素直な感想を述べた。

次回は、12月24日(日)朝10:00放送予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)