「直虎」森下佳子、大河の脚本を書き終え『なせば成るもんだな〜』

「直虎」森下佳子、大河の脚本を書き終え『なせば成るもんだな〜』

「直虎」の世界観を描き切った森下佳子が、現在の心境を明かしてくれた

NHK総合ほかで、1年にわたって放送されてきた大河ドラマ「おんな城主 直虎」が、12月17日に最終回を迎えた。そして今回、全50回の放送の脚本を書き終えた森下佳子が、現在の心境などについて語った。

――脚本を書き終えた感想を教えてください。

初めは書ききれる気がしなかったので、なせば成るもんだな〜という感想です。終わってみて、すごく楽しかったという気持ちですね。

――周囲からの反響でうれしかったことはどんなところですか?

女性からの反応が今回は“ビビッド”でしたね。女の人が面白いと言ってくれて、歴史物に食い付いてくれたというのが、私の身の回りでも感じることができてうれしかったです。

この「直虎」という題材だったからこそ、こういった反響なのかなとも思い、やりがいがありました。

――直虎(柴咲コウ)という人物は、残されている資料などが少なく苦労した点も多かったのではないですか?

(物語の分岐となる歴史の)点しか残っていないので、その間にどういうことがあったんだろうと考えるところが一番難しかったですね。また、どういったことがあったにせよ、どう伝えていったらいいんだろうということが、面白いと同時に苦労した点だったと思います。

――どのように作品を作っていったのですか?

物語の4分の3くらいは井伊谷のお話なのですが、その井伊谷で起こり得ることには何があるんだろうと考えていくことが多かったです。海があるわけではないので、貿易をしていたわけではない。

ですが、近くには気賀という街があり、そこは湖を使って船が行き来していた形跡がある。どこまで確かな情報かは分かりませんが、方久という人間が気賀の城主をやっていた可能性がある。

そういった何かつながりがあるんじゃないかという痕跡を拾って、井伊谷に起こりそうなことにフィードバックしていくという形でした。

あとは尼僧である直虎が、どう事件に立ち向かっていったのかを考え、そうして生み出されたキャラクターと史実を擦り合わせて作っていった感じです。

――政次(高橋一生)の壮絶な死を描いた時の感想を教えてください。

初めは、(直虎が政次を)刺す予定じゃなかったんですよ。政次が身をていして井伊谷を守って、死の覚悟を決めるという設定は初めから決めていたことだったんですが、本来は、直虎は刑場に見送りに行って経を上げる。

その直虎の経を聞きながら政次がフッと笑って最期を迎える。その一瞬のほほ笑みのために政次役を高橋さんにお願いしたといっても過言ではないです(笑)。

ですが、諦めが悪くて、最後まで粘って何とか他に手はないか探し出す直虎という主人公が、政次の処刑に関して何も答えを出さずに見送るだけなんだろうかと考え初めたんです。

そして、政次の意志も分かりつつ、彼女なりの最大の送り出し方、手向けという答えが、あの行動になりました。

――柴咲コウさんの演技の印象はどうでしたか?

華があり、迷いがなく、こうと決めたらこうやるんだとピシッと表現されている演技ですよね。尼僧の時や、やんちゃな領主時代、そして農民となって裏から井伊谷を治めていくというスタンス。

おとわという人なんだけれども、その時代時代で、明らかに別の色を持っているというのが鮮やかでした。

――脚本を書いていて、1番楽しかった回はどこでしたか?

最終回! 「ぱーっと終わっていく」と言ってしまったら変な表現なんですが、正にそんな感じなんですよ。もう、この回のために、この瞬間に光が当たるために今までがあったんだなという“はじけた回”なんです。

私も、走るというか走らされるというか不思議な感じで書かされました。

なお、12月23日(土)昼1時5分からNHK総合で最終回が再放送される。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)