ヒロミ「俺は都合のいい男」、中居正広や岡村隆史との関係を告白

ヒロミ「俺は都合のいい男」、中居正広や岡村隆史との関係を告白

「おかべろ」にヒロミが2度目の登場

12月23日(土)昼2時27分からカンテレで放送されるトークバラエティー「おかべろ」に、ヒロミが2回目の登場を果たすことが明らかとなった。ヒロミは2016年11月5日以来、番組初の2度目の来店となる。

久々の再会を喜ぶのかと思いきや、田村亮は「言いたいことがある」とお怒りモード。実は前回、ヒロミが「別荘に遊びに来い」と言っていたにもかかわらず、岡村隆史だけが別荘に行き、亮は呼ばれなかったことが不満なのだという。

「それはちょっと違うんだよ! 誘ってはいない!」と釈明するヒロミに、岡村は「ヒロミさん、それはないですよ!」と抗議。そこで岡村がヒロミの別荘を訪れた経緯を説明する。

この1年の間に、ヒロミの別荘を2回訪れたという岡村。別荘での様子を、ヒロミは「バーベキューをやっていても、油断すると、ず〜っと火を見ている」と言い、岡村の“寂しい一面”を暴露。

「ヒロミさん、たぶん俺が別荘に行っても何にも楽しくないと思う。俺、石みたいなものだから」と、岡村は自虐的な発言を連発しながら、ヒロミの妻・松本伊代の手料理の他、別荘でも大忙しのヒロミの行動を明らかにする。

岡村いわく「フットワークが軽い」というヒロミ。ある日、岡村が中居正広と食事中に電話をかけたところ、仕事終わりにすぐに駆けつけたのだとか。

誘いは極力断らないというヒロミだが、いざヒロミが中居を誘うと「その日は無理ですね!」と、あっさり断られると嘆く。自分を呼びつける中居について「俺は“都合のいい男”なんだよ」というヒロミ。中居と同様、ヒロミによく電話をかけるという岡村からは「ヒロミさんがいたら、お金を出してくれるから!」とまさかの本音も。

また、10年間芸能界から離れていたヒロミ。その間の芸能界の変化を客観的に見ているというものの、いまだにイラッとすることがあるという。一方で、芸能界から離れた期間に会社を経営したヒロミは、怒ることの難しさを実感したと話す。誰かを怒ることで、自分の襟も正さないといけない、「怒る時は、自分を怒っているようなもの」と語る。

このほか、一般の社会とは違い、しゃべるだけでお金がもらえる芸能界の特殊性について力説し、岡村が「刺さりました!」と納得する一幕も。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)