葉加瀬太郎&堤幸彦が初タッグ! 最高のエンターテインメントショーの裏側を語る

葉加瀬太郎&堤幸彦が初タッグ! 最高のエンターテインメントショーの裏側を語る

今回初タッグを組む堤幸彦(写真左)・葉加瀬太郎(写真右)

現在、全国ツアー「葉加瀬太郎コンサートツアー2017『VIOLINISM III』」を敢行中の葉加瀬太郎。今回のツアーでは15年ぶりとなるフル・アコースティックサウンドのアルバム『VIOLINISM III』の収録曲などが披露されるが、その総合演出を、監督・堤幸彦が手掛けている。

コンサート冒頭に流れるムービーでは、架空のイタリアの田舎町“クレルモンナーラ”で音楽会が開かれ、葉加瀬扮(ふん)するバイオリン職人のアントニオ・タロンティーノたちが登場。そんな遊び心たっぷりの趣向はコンサート本番でも生かされ、これまでにない音楽劇的演出として評判を呼んでいる。

WOWOWでは全国で50公演行われるツアーの中から、12月27日(水)、東京国際フォーラム ホールAでのコンサートを生中継する。幕あいでは、葉加瀬と堤がツアーの舞台裏やクリエイターとしてのこだわりなどを語り合うスペシャルトークも放送。

今回トークコーナーの収録を終えた葉加瀬と堤にインタビューを行った。

――今回初めてタッグを組まれて、いかがですか?

葉加瀬:僕は恋をしているみたいな雰囲気で(笑)、堤さんとの仕事をとてもとても楽しんでいます。もちろんすごく光栄なことなので、初めのうちは堤さんと仕事しているんだ! という気持ちでしたけど、今は恋しちゃっている感じなので“次は何してやろうかな”と楽しんでいます(笑)。

堤:(笑)。私は仕事を始めたときは、ずっと音楽の表現に関わってきたので、今回このような形で本当にワクワクする舞台に関わらせてもらえて、とても幸せです。葉加瀬さんにお会いする前に、CDやDVDを拝見したんですけど、超絶テクニックの表現者であるというところにまず圧倒されましたね。それもバイオリンという非常に長い歴史を持ち、最も制御するのが難しい楽器をいともたやすく、楽しく高いレベルでなさっている。

ところがふたを開けて打ち合わせに行ってみると、「クレルモンナーラ?」これはいったいどういう…(笑)。関西的な面とイタリア的なアーティストな部分を持ち合わせた方だなと思いました。

――今回のツアーの中で、印象的なエピソードや裏話はございますか?

葉加瀬:毎回コンサートの途中で、公演先の街を歩いて、それをフィルムにして流す「ふれあい散歩道」というコーナーをやっているのですが、実は初日の葛飾公演(9月14日、東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール)は、堤監督自らカメラを回してくださったんです! 亀有のイトーヨーカドーに一緒に行って、カメラを回しながら「実はイトーヨーカドー詳しいんだよ!」って仰っていて(笑)。

堤:詳しいんですよ(笑)。

葉加瀬:なので1回目のロケがすごい思い出深いです。堤監督が小さなカメラを一つ持って、「葉加瀬さん次あっち行きましょう!」「葉加瀬さんエスカレーター昇ってください!」ってびっくりしましたよ(笑)。

堤:葉加瀬さんが亀有のショッピングモールに行って、たこ焼きを食べるんですよ。これを目撃しなくてどうするんだと思い、撮りました(笑)。

葉加瀬:監督自ら撮ってくださったのが本当にうれしかったです! 気持ちもジョインするじゃないですか。あの瞬間はじけましたね(笑)。

――堤監督はそこから発展して、葉加瀬さんで撮ってみたい映像的なものはありますか?

堤:葉加瀬さんのみならず、今回演奏をしているメンバーの方含めて、最初に若干演劇的なシチュエーションの強い撮影をさせてもらったときに、皆さん勘が良くて、めちゃくちゃ面白いんですよね。役者ではないわけですから、新鮮味が尋常じゃなくて、メンバー含めて「劇団にしたらどうですか?」とご提案申し上げたくらいです(笑)。そういう短編映画みたいなのを作って20分の幕あいで流すのもまた一興かなと!

葉加瀬:おーいいですね! やりましょう、それ!(笑) 本当に食事会やミーティングなど、どの瞬間でもこういうお話ができるので、一緒に作る仲間として面白いです。

――12月27日(水)の東京国際フォーラムでの公演を今回生中継されるということで、間近に控えていかがですか。

葉加瀬:生中継は過去にも何度かやらせていただいているんですけど、生きている心地がしないくらい、嫌ですね〜(笑)。

堤:何十本積み上げた揚げ句じゃないですか。それでも緊張されるんですか?

葉加瀬:そうですね。30年近くやっていますけど、毎回本番が嫌で嫌で帰りたくなります。

堤:本当ですか? こんなに楽しそうにしていて?(笑)

葉加瀬:仕方ないからやっているんですよ(笑)。本当に5分前までぶるぶる震えるほど怖いです。でも出ていって拍手をもらった瞬間忘れちゃうのも確かで、生放送でないとできないものもあるんですよね。

――最後にあらためて、見どころをお願いします。

堤:毎年すごい質のコンサートですが、ことしは特にエンターテインメント性が高まっていると思います。葉加瀬さんが作ったオリジナルの楽曲の中には一日があり、一年があり、人生が描かれています。

そこを体現されているから、今回のコンサートにおいても、起承転結があって、頭と終わりがあって、お客さんに何を持って帰ってもらうか非常に明確にされているんだと思います。

音楽と人間の関係性みたいな部分が述べられているし、笑いだけでもなく、超絶技巧の音楽だけでもない、単なる演奏会ではない“エンターテインメントショー”をお楽しみいただきたいです。

葉加瀬:お客さんと放送を見る方には、とにかく楽しんでいただきたいです。コンサートを見た後で、皆さんが普段の生活の中で、ふっと曲の断片でもいいしセットのワンシーンでもいいし、そういうものを思いだしてもらえたらいいなと。

そこからが音楽の仕事だと思っているので、そういうふうに楽しんでいただきたいですね。放送まで、ますます完成度を高めていきますので、ぜひご覧になってください!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)