AKB48、乃木坂46、欅坂46らが“最後の”「日本レコード大賞」への思いを語る

AKB48、乃木坂46、欅坂46らが“最後の”「日本レコード大賞」への思いを語る

「第59回輝く!日本レコード大賞」で各賞を受賞したアーティストらが集結

12月30日(土)昼5時30分から生放送の「第59回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)に出演者するアーティストたちが会見を行った。

優秀作品賞からはAAA・浦田直也、欅坂46(菅井友香、小林由依、今泉佑唯)、AKB48(横山由依、渡辺麻友、松井珠理奈)、乃木坂46(桜井玲香、白石麻衣、齋藤飛鳥)、三浦大知が登壇。

さらに、企画賞からThe KanLeKeeZ、三浦祐太朗の2組、新人賞からUNIONE、中澤卓也、NOBU、つばきファクトリーが登壇したほか、特別賞の荻野目洋子、日本作曲家協会選奨の杜このみが登壇した。

今回、秋元康プロデュースのアイドルグループが3組優秀作品賞を受賞したことについて、感想を聞かれたAKB48・横山は「この3組が同じステージ立たせていただくことで、秋元先生の楽曲は素晴らしいなと再確認しました。

私たちだけでなく出演される皆さまがライバルだと思いますので、私たちはAKB48らしく大賞を目指していきたいと思っています」とコメント。

乃木坂46・桜井も「結成当時からAKB48さんを目標にしてきて、欅坂46は私たちと同じ坂道グループの妹分としてそれぞれ頑張ってきて…。AKB48の皆さんと一緒にこうしてこの場所に立てるとは夢にも思っていなかったですし、妹たちまで一緒にこうやって初めてを経験して共有できるということは本当に奇跡だと思います」と感激した様子。

欅坂46・菅井も「今あらためて、AKBさん乃木坂さんという憧れの先輩方とここに立たせていただけていることに本当に感謝しています。私たちもこれから先輩方のようなアイドルになれるように、精いっぱい気を引き締めて頑張ってまいりたいと思います」と意気込んだ。

また、2017年いっぱいでグループを卒業するAKB48・渡辺は「(自身にとって)最後のレコード大賞という場において、自分たちの後輩とそろったことでいい刺激になるというか。お互い切磋琢磨(せっさたくま)して、当日それぞれのグループが最高のパフォーマンスをお見せできるように私たちAKB48も頑張っていきたいと思います」と、持ち前のアイドルスマイルを披露した。

さらに、乃木坂46、欅坂46と並び今回で初めて優秀作品賞に輝いた三浦は「三浦大知という一人の名前でやらせていただいてはいますけれども、やっぱりチームという感覚がすごく強くて。

パフォーマンスの時もダンサーがいるし、ライブではバンドがいたり、楽曲を作るにも詩を一緒に考えてくれる人、音を作ってくれる人がいて…。作品賞というのはそのチームをすごく評価していただけた賞だなと僕は感じていてそれがすごくうれしいです」と、喜びをかみ締めた。

ことし、バブリー芸人・平野ノラのブレークや大阪府立登美丘高等学校ダンス部による楽曲使用などにより企画賞を受賞した荻野目は「32年ぶりに『ダンシング・ヒーロー』が皆さまに再注目していただけたという、私にとっては奇跡の一年となりました」とはにかんだ。

そして「いろいろな方の力があったと思いますが、中でも一番のインパクトを与えてくださった登美丘高等学校ダンス部の皆さんとの受賞になりました。当日はその日しかない、特別なパフォーマンスをお届けしたいと思います!」と、アピールした。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)