HKT48・松岡はなが宣言!1stアルバムに続く夢は「専用劇場を建てる!」

HKT48・松岡はなが宣言!1stアルバムに続く夢は「専用劇場を建てる!」

12月27日(水)に初めてのアルバム「092」をリリースするHKT48・田島芽瑠、朝長美桜、松岡はなに直撃インタビュー!

2017年10月でグループ結成から7年目に突入したHKT48が、1stアルバム「092」を12月27日(水)にリリースする。デビューシングル以降の全表題曲や新曲のほか、現メンバー48人全員がそれぞれ主人公となった48作の短編映画が収録されたDVDも同梱される。

そのスペシャルな仕様となったアルバムのリリースを前に、歴代表題曲でセンターを務めた経験を持つ田島芽瑠、朝長美桜、松岡はなが、念願の1stアルバムに対する思いや今後の活動について語ってくれた。

■ 自分の顔がアルバムのジャケットに写るのは幸せ!(田島)

――まさに“念願のアルバムリリース!”といった心境でしょうか?

田島:もちろん待ちに待ったという感じなんですけど、私たち以上にファンの方が喜んでくださっているんじゃないかと思います。

朝長:うんうん。握手会とかでも「やっと発売だね!」って喜んでくれているもんね。リリースが決まったときはうれしかったですし、長くお待たせした分、ステキなものをお届けできるように!って気合が入りました(笑)。

――ドラフト生として2015年にHKT入りした松岡さんも含め、AKB48のアルバムには参加経験がありますよね。

松岡:AKBのアルバムには1曲だけ参加させてもらっただけなので、やっぱりHKTとしての1作目には感慨深さがあります。しかも、私の場合は入ってから2年ぐらいでアルバムのリリースというタイミングになったので、うれしいような申し訳ないような(苦笑)。

朝長:いや、グッドニュースなんだから喜んでいいよ〜。私もAKBのアルバムには、何曲か参加させてもらっているけど、みんなと一緒にジャケット写真の撮影から参加するのは今回が初めて。だから、本格的にアルバムの制作に関わっているという点では、初めての感覚があります。

田島:うんうん。今までシングルは何枚も出させてもらってきたけど、自分の顔がアルバムのジャケットに写るなんて…やっぱり幸せ(笑)。

■ 過去ツアーで回っていない都道府県に行きたい!(朝長)

――田島さん、朝長さんにとっては5年の間に後輩がたくさん増えました。先輩として何か感じていることはありますか?

田島:2017年の大きな出来事として、博多座でやらせていただいた「フレッシュコンサート」があります。若い世代の24人がF24としてステージに立ったんですけど、1年前に高知と鳥取でF24として参加した公演と比べて、みんな見違えるぐらい成長しました。

朝長:本当に変わったよね。後輩のみんながどんどん意見を出してくれて、私たちが支えてもらった面もあったり。

田島:そうそう。あの博多座でみんなの成長を見た後、次の目標ができたんですよ。F24で武道館に立ちたい!って。2013年に「AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜HKT48単独公演」があって、その当時メンバーだったのは私たち“めるみお”だけなんです。

朝長:それ以外のイベントでも、武道館に立ったことがあるメンバーってすくないんじゃないかな?

松岡:私も立ったことないです。

田島:やっぱりそうだよね。HKTのコンサートの歴史は武道館から始まったんですよ。だから、あの景色を後輩たちにも見せてあげたいなって。

――2018年の目標は“武道館公演”の実現?

田島:はい! あと個人的には、ことし念願のデジカメを買ったので“めるカメラマン”としての活動もさらに大きなものにしていきます!

朝長:大きなものと言えば…私の目標は全国ツアーです! 過去のツアーで回っていない都道府県に行きたいですね。

松岡:北海道がいいなぁ。

朝長:冬の北海道は寒そう!

田島:夏の北海道もステキだよね!

松岡:じゃあ、私も大きなこと言っちゃいますね。専用劇場を建てたい!

朝長:壮大だね〜。でも、実現したい! 私たちにとっては切実な問題だよ…。

松岡:ファンのみなさんに会える場所は確保しないといけませんからね。どうせ建てるならみなさんが来やすい場所がいいなぁ。

朝長:空港の近くとか?

松岡:いいですね! 建物自体、HKT48専用劇場ということで一から建てましょう。

朝長:おおっ〜! 夢は大きい方がいいからね。

田島:頼もしい後輩だ…って、実は同い年だけど(笑)。

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)