ディズニー最新ドラマへ「キラキラした気持ちで」―声優・鈴宮早織インタビュー

ディズニー最新ドラマへ「キラキラした気持ちで」―声優・鈴宮早織インタビュー

「アンディ・マック」で主人公・アンディの声を担当する鈴宮早織

ディズニー・チャンネルでは、13歳の女の子・アンディの日常を描くドラマ「アンディ・マック」の放送を1月8日(月)夜9時から開始する。

全米では、放送から5週目にして、放送・3日間録画・デジタル配信なども含め約4000万人が視聴する大ヒットを記録し、既にシーズン2の放送がスタートしている本シリーズ。ヒラリー・ダフ主演のドラマ「リジー&Lizzie」(2003年)の制作陣が手掛ける最新作だ。13歳の誕生日前日に、姉が母親で、両親が祖父母だったという衝撃の事実を知ったアンディが、戸惑いながらも、家族や親友に囲まれて新しい一歩を踏み出していく物語が描かれる。

今回、アンディの日本語吹き替えを担当する声優・鈴宮早織の合同インタビューの模様をお届け。本作が初主役となる鈴宮に、作品の魅力や収録の模様を語ってもらった。

――アンディ役に決まった際の気持ちを教えてください。

本当にただただびっくりしました! マネジャーさんからのメールで知ったのですが、何度も見返しました(笑)。最初はとてもうれしかったのですが、冷静になってからはプレッシャーも感じ始め、それから最初の収録までの1週間はあまりご飯も食べられずに“そわそわ”“ふわふわ”していました。

――初めての収録はいかがでしたか?

最初はアンディというキャラクターに私の演技が合っているか不安がありました。ですが、実際はイメージしていた演技で問題がなかったので安心しました。それと同時に、実際に役を演じてみて「アンディ、楽しい!」という気持ちになったので、今後の収録も楽しんでできそうだなと思いましたね。

――アンディにどういった印象を持ちましたか?

アンディ自身は自分をインドア派と称しているのですが、結構活発な子です。また、13歳にしては自分の意思をすごく持っている子で、それを自ら発信する力のある子だと感じました。

――鈴宮さん自身と似ていると感じた部分はありますか?

運動が得意じゃない部分は私とすごく似ています(笑)。他にも、優等生で曲がったことが嫌いなところも似ていると思いました。ただ、それを発信していく勇気は13歳の時の私にはありませんでしたね。

――アンディを演じる上で意識している点はどこですか?

自分の意見をはっきりと言うので少し大人っぽい子なのですが、13歳の女の子らしい部分もたくさんあるので、そういったところでは大人っぽくなり過ぎないように気をつけました。

――好きなシーンやせりふを教えてください。

個人的に面白くてお気に入りなのは、3話で図書館司書が出てくるシーンです。アンディの反応がすごく面白くて、自分でも演じていて笑ってしまうくらいでした。

――本作は、アンディが誕生日の前日に「実は姉が母親で、両親が祖父母」という事実を知るところから始まりますが、このストーリーを聞いた時はどのように感じました?

最初は「え!? いきなりそんなネタばらししちゃうの?」とびっくりしました(笑)。もし私だったら、アンディのように前向きに捉えられないとも思いましたね。でも、そんな展開で始まったので、次の話がどうなるのか期待感が大きかったですし、次の台本を頂くのが毎回楽しみでした。

――作品の見どころはどこになりますか?

毎回いろいろな事件や出来事が起こるのですが、アンディやみんながそれに対し、明るく前向きに乗り越えていくところがこの作品の魅力だと思います。暗くて重たい話になるような題材も時には扱っているのですが、笑いも交えた明るいテイストなので、楽しく見られる作品になっています。

――本作はアンディと同年代のティーンの視聴者も多いと思いますが、その点について意識した点はありますか?

私個人としては、収録にはテンションを上げてキラキラした気持ちで臨もうとしていました。やはり13歳くらいの子どもはいろいろな可能性や楽しい未来があるので、そういったキラキラ感を持っていると思うんです。なので、私もキラキラしないと駄目だと思ったので、まずは自分が作品を楽しんでできるよう心掛けています。

――収録現場の雰囲気はいかがですか?

初対面の方が多く最初は緊張したのですが、この「アンディ・マック」がすごく楽しい作品なので、和気あいあいとした雰囲気で収録できています。登場人物のTシャツの柄の話で盛り上がったりと、楽しく収録していました。

――鈴宮さんご自身の誕生日の印象深い思い出はありますか?

アンディみたいな衝撃的なことはないですね(笑)。最近だと、10年来の友人とちょっと良いホテルでお祝いし合いました。彼女とは誕生日が1日違いなので、まずその子の誕生日を祝って、日をまたいだら私が祝われるみたいな(笑)。ケーキを贈り合ったりして楽しく過ごしました。

――鈴宮さんは13歳の頃どんな女の子でした?

アンディみたいに自分の意思を持った活発な子ではなかったです。冒頭でアンディが13歳になった記念でスクーターを買っていますが、私はあんなこと絶対できなかったと思いますし(笑)。だいぶ静かな子で、当時は部活動の吹奏楽と習い事に一生懸命でした。

――アンディのように、何かを知って驚いた体験はありますか?

単純に驚いたということで言えば、今回のアンディ役に決まったことですね(笑)。まさか決まるとは思っていなかったので驚きました。

――最後にこの記事を見た読者へメッセージをお願いします。

「姉が母親で、両親が祖父母」という衝撃的なシーンから始まるので、次の話、またその次の話と、先が期待できる作品になっています。また、みんながいろんな問題に対して前向きに生きていこうとするところを楽しみながら見てほしいです。私自身、初主役ということでとても思い入れのある作品なので、この「アンディ・マック」のファンになっていただき、作品を愛していただければうれしいです。ぜひご覧ください!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)