池上彰、2017年を表す漢字一文字は「忙」

池上彰、2017年を表す漢字一文字は「忙」

取材会に出席した大江麻理子キャスター、池上彰、相内優香アナ

2018年1月3日(水)にテレビ東京系で放送される「池上彰の2018年 世界を見に行く」の取材会が行われ、池上彰と大江麻理子キャスター、相内優香アナウンサーが出席した。

池上が北朝鮮とアメリカへ行き、世界情勢を解説する同番組。朝鮮半島の軍事境界線付近を宮崎美子と小島瑠璃子と共に取材し、ミサイル問題に迫る他、坂下千里子とはアメリカで、白人至上主義団体KKKを直撃する。

池上は「2018年は2017年の延長線上にあるため、2017年を振り返る必要があります。だから北朝鮮とアメリカを軸に番組を展開することとなりました。僕は何度か取材してますが、宮崎さんと小島さんは軍事境界線上にある板門店に初めて訪れたため、二人の感想が新鮮に感じました」と振り返った。

また、2017年を漢字一文字で表すなら「忙」と表現し、「働き過ぎだったなと思います。来年は働き方を変えたいです。働き方改革です!」と目標を語った。

しかし、同番組の放送を前に、2018年1月1日(月)「池上彰の新春生放送!2018年を初解説」(朝6:30-9:10テレビ東京系)にも出演する。生放送で、世界各国と中継を結び、ニュースを読み解く。これについて「朝6時30分より生放送で、一体何時に起きるんだ?と思いました。働き方改革を目指しているのに」と話し、笑いを誘った。

そんな中、大江キャスターが「テレビ東京が相当働かせてしまったような気がします…大変お世話になりました」と恐縮した様子で切り出したが、相内アナが「2018年もよろしくお願いします!!」と早くも次の番組出演への期待を寄せた。テレビ東京と池上彰の最強タッグは2018年も見逃せない。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)