アキラ100%「裸芸人が決勝に残るのか…死活問題です」

アキラ100%「裸芸人が決勝に残るのか…死活問題です」

「R−1グランプリ2018」の前哨戦?本番を前に関根、RG、アキラ100%が出場芸人をチェック

12月23日(土)深夜2時からカンテレで「R-1ぐらんぷり2018開催決定SP 関根を笑わすひとり芸 今夜開店!R-1Bar」が放送されることが決定した。

2017年大会の優勝者・アキラ100%がマスターを務めるバーに、常連客の関根勤と有名人の物まねをしたレイザーラモンRGが来店。R-1になじみの深い3人が、優勝を狙う芸人たちのひとり芸を独自の観点でチェックするバラエティーだ。さらにRG、アキラ100%が初めてR-1に参戦した際の秘蔵映像も公開していく。収録を終えた関根とアキラ100%が取材に応じた。

――収録を終えられた感想は?

関根:決勝が楽しみですね。若い人もドンドン出てきて層が厚くなってますね!

アキラ:「こんなに面白い人がまだたくさんいるんだ」って驚きました! 面白さもそうですけど「うわっ! こんなにまだいるじゃん!」みたいな、怖さがありました。

――これまで何度も決勝で審査員を務めた関根さんから見たR-1の楽しみ方は?

関根:R-1はとにかく審査が難しいんですよ。というのはね、裸ネタ、リズムネタ、フリップネタと全く違うジャンルのネタをやるから、比べるのが難しいんですよ! でも、その分面白いですよね。普段コンビやトリオの人も、落語家さんも、一般の方も参加できるし。一発当てれば有名になれるっていう、まさに“ジャパニーズドリーム”ですよね!

――審査が難しいというお話の中で、関根さんの基準は?

関根:迷ったら、自分が笑った方! R-1は視聴者がデータ放送で投票できるじゃないですか? 自分の票が視聴者とズレてないか怖いんですよね。「アイツ分かってね〜な!」って言われるのが怖い。

――アキラさんは優勝した今だから言える、R-1を勝ち抜くコツやポイントはありますか?

アキラ:僕はお盆ネタっていう一点特化のネタで、例えば今年も決勝に残ったサンシャイン池崎も“イエーイ!”に特化したネタ。一点集中でその技を研ぎ澄ましたネタが、突き抜けていく可能性があるんですよね。なので、今迷っている人も、いろんなものに手を出さずに、自分のコレと決めた技に磨きをかける!というのがいいんじゃないかなと思いますね。

――最後に、番組の見どころをお願いします。

関根:アキラ100%の成功例をみんな見てますから、必死ですよね(笑)。あとやっぱり、女性(芸人)が強くなってるね! そこも見逃せないですね!

アキラ:いろんなバラエティーに富んだ芸人を見られるのは、やっぱりR-1なんじゃないかと思うんですよね。あと、裸芸人が決勝に残るのか注目してみたいなと思います。死活問題になりかねないですもんね(笑)。

関根:来年も勝ったら、ハリウッドザコシショウから裸芸人の三連覇! 裸三人組で営業できますよ。ネイキッドチャンピオンズ!

アキラ:すごい(笑)。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)