【あらびき連載 Vol.4】ゆーびーむ☆「“あらびき団Bar”を作ってママをやりたい」

【あらびき連載 Vol.4】ゆーびーむ☆「“あらびき団Bar”を作ってママをやりたい」

ゆーびーむ☆に直撃!

12月29日(金)夜11時50分からTBSで「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」が放送される。

「あらびき団」は、あら削り”な一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組で、2007年10月から2011年9月までレギュラー放送されていた。

MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、ファンの中では“伝説”と称される異色の番組だ。

番組の魅力に迫る短期連載企画の第4回では、4年ぶりの復活となった2016年の年末の放送で初めて出演し、東野と藤井のツボにはまった注目の女性芸人・ゆーびーむ☆に直撃した。

■ あらびき団と私

――ご自身にとって、「あらびき団」という番組はどのような存在ですか?

人生を変えてくれる番組。最近のバラエティ−番組は、正統派ばかりオンエアされていて、いわゆる“イロモノ芸人”たちはテレビ向けじゃないといわれている中、「あらびき団」だけは全く関係なく、イロモノから正統派まで出演している番組。

ですが、あらびき団出身者から続々と賞レースファイナリストや王者が出てきているので、もしかしたら、めちゃくちゃすごい番組なのかも!

■ あらびき団員としての心得

――あらびき団員としてネタを披露する上で、大事だと思ったことはありますか?

収録の前日はめちゃめちゃお酒を飲んで、やる気&テンションを上げて収録に臨みます。酔っぱらってヘラヘラしている姿を褒めてくれる唯一の番組です。

「これはテレビに流せないわー!」って言われてネタを変えてくる人は“あらびき団員”ではない! 「コンプライアンス上等!!」これぞあらびき団員です。

「人に流されない! 自分は自分!」、格好いいアーティストの歌詞にありそうなせりふを大事に、お祭りだと思って挑んでいます。

■ あらびき団と苦悩と喜び

――これまであらびき団に出演してきて、苦労したことやうれしかった出来事などありますか?

芸能人の方々が「あらびき団」を見てくれていて、自身のラジオで「ゆーびーむ☆面白い」と言ってくれたことがあってめちゃめちゃうれしかったです!

苦労したことは、ノリノリで収録したかったのに、朝早い収録の時があって、テンションが上がらずに困ったことですね。ここだけの話、(その時は)軽くアルコールを入れて、テンションを取り戻しました(笑)。

次回からは深夜2時くらいで飲みながら収録したいので、その辺のところよろしくお願いします。

■ あら1-グランプリと私

――今回「あら-1グランプリ」の第3弾ということで、グランプリを取る自信はありますか?

ある! ある! ある! ある! ある! ある!

「あら−1グランプリ」以外で賞を取れることが絶対にないので、ここで取るしかないんです。

「あらびき団」は、芸人人生の一部! 私の一部! いや、半分です! 絶対に取りたいです。普段は、収録の前日にネタを考えているのですが、今回のネタはもっと前に考えて、この日のために試して、試して仕上げてきました。

普通の賞レースと違い、イロモノから正統派まで、めちゃめちゃいろいろなタイプがいるので、すごくレベルの高い大会になると思います。

地上波レベルの高いこの大会で、優勝します!!

■ あらびき団と野望

――あらびき団を通しての野望みたいなものがあれば教えてください。

この番組きっかけに注目され、“あらびき団Bar”を作ってママをやりたいです。

あらびき団員をバイトで雇って、そのBarが繁盛して、「あらびき団」が週1のレギュラー化してくれたら最高です。

そして、さらに注目され、大ブレーク、ゆくゆくはプロ野球の始球式をやりたいです!

コンプライアンスを意識した生活の中で、「コンプライアンスなんて関係ねぇ!」って思い出させてくれる場所なので、「あらびき団」をもっともっとテレビでやってほしいです。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)