初座長・鳥越裕貴、ボケ過多カンパニーに苦労?「ツッコミどころ満載」 舞台「文豪ストレイドッグス」が“聖地”横浜で開幕

初座長・鳥越裕貴、ボケ過多カンパニーに苦労?「ツッコミどころ満載」 舞台「文豪ストレイドッグス」が“聖地”横浜で開幕

会見に出席した(左から)橋本祥平、植田圭輔、鳥越裕貴、多和田秀弥、輝馬

来春の劇場版公開も控える同名テレビアニメを原作とした、舞台「文豪ストレイドッグス」が12月22日(金)、KAAT 神奈川芸術劇場(ホール)で開幕。初日公演に先駆けて公開ゲネプロと囲み取材が行われ、主人公・中島敦役の鳥越裕貴、太宰治役の多和田秀弥、国木田独歩役の輝馬、芥川龍之介役の橋本祥平、中原中也役の植田圭輔が出席した。

本作は、「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載中の朝霧カフカ(原作)、春河35(作画)による漫画のアニメ版を原作に初の舞台化。アニメは2016年4〜6月に第1クール、10〜12月に第2クール(TOKYO MXほか)で放送され、2018年3月3日(土)には映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』の公開も控えている。 

本作でも“ヨコハマ”を舞台に、実在の文豪と同じ名前の登場人物たちがそれぞれの文豪にちなんだ作品の名を冠した“異能力”でバトル。劇作家・中屋敷法仁氏による演出では、音と映像、俳優の芝居が見事に融合した“異能力アクションバトル”で魅せ、さらにはアンサブルの“ドッグスチーム”によるパントマイム等も加わり、演劇ならではの表現を可能にした。

舞台初主演で探偵集団・武装探偵社に勤める中島敦を演じる鳥越は、初めての座長として「『文豪ストレイドッグス』を知らなかった人もスタッフさんまでもが作品を愛してくれて、すごいカンパニーになった」と手応えをのぞかせたが、「天然ちゃんやボケる人が多くて、稽古中からどんどんツッコむ作業。ツッコミどころ満載」と気苦労も。

対立する立場のポートマフィア幹部・中原中也役を務め、旧知の仲でもある植田からは「一番しんどいよな」「一番の盛り上げ役は本来ならトリ(鳥越)だもんね」と労われると、「だから大変なんです。(ボケとツッコミ)両方やらなきゃいけないからね。武装探偵社がみんなマイペースで、それに振り回されている」と憎まれ口を叩きながらも楽しそうに笑った。

見どころについては多和田が「演じる太宰は登場人物みんなからいろいろな思いをぶつけられるキャラクター。そのモテモテ具合をぜひ見てほしい」と胸を張り、「“自殺愛好者”という一面もあるので、どんな自殺方法を見せるか楽しみに見て」と独特のアピールを付け加えて早速「どんな作品やねん!」と鳥越の鋭いツッコミを受けた。

橋本は「小学生の時から“技”を出したかった」と、漫画やアニメでよくある“技名を叫ぶ”という誰しも憧れたあの頃の思い出を振り返り、「個人的には一番技を出しているので、そのイキイキとしているところ。芥川龍之介として叩きのめす技、『羅生門(らしょうもん)』を見てください」と得意げ。

「洒落たことを言うとすれば、演劇、表現という“異能力”を使って、皆さんに『文スト』の世界をお届けできるのではないかと楽しみにしています」とドヤ顔であいさつした植田は、「中原中也は本当にカッコいい。“チビカッコいい”という新しいジャンルを、自分の体を使って世間に広めていきたい」と並々ならぬ思いを語った。

また、敦が巨大で獰猛な虎に変身する異能力の持ち主であるように、身につけたい異能力を問われると、鳥越が「スベり知らずという異能。何をやってもウケる、こんなに気持ちいいことはない」と全員からの同意を獲得。輝馬も「1回見ただけで台本を覚える異能。けっこう苦労するので…」と役者のリアルなお役立ち異能を挙げて同じく支持を得た。

最後は、横浜公演を皮切りに大阪公演、東京公演とまわる一座を代表し、座長・鳥越が「スタッフさん、キャストさん、原作チームの皆さんも舞台『文スト』に対してすごく愛をくださっている。お客さんの愛にも僕らの愛をマシマシで返せるように、劇場に来て演劇を体感していただきたいと思います」とファンへメッセージを寄せた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)