「ビートたけしの超常現象」オカルト否定派・大槻義彦教授が “脳を読み取る男”と緊急対決!!

「ビートたけしの超常現象」オカルト否定派・大槻義彦教授が “脳を読み取る男”と緊急対決!!

緊急来日した脳を読み取る男が、芦田愛菜に“洗脳”実験を行うが結果は…!?

テレビ朝日系で12月23日(土)夜6時56分に放送される「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル 祝20周年!嵐のオカルト砲さく裂SP!」が20周年に突入。オカルト否定派の大槻義彦教授が“脳を読み取る男”に宣戦布告し、緊急対決を行うことが分かった。

毎年年末恒例となっている「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」は、世界を震撼させる超常現象の数々にスポットを当てているスペシャル番組。今回は、ボビー・オロゴンがタイで巨大ドラゴンの激撮に挑戦する他、“2018年、人類は滅亡する”というノストラダムスの予言を徹底検証するなど、盛りだくさんの内容となっている。

オランダから緊急来日した、脳を読み取る男=“マインドスキャナー”・ティモン・クロースと、スタジオで芦田愛菜らゲストたちと大実験を実施。相手の脳を瞬時にスキャンして、考えを読み取ることができるというティモンは、まずは“洗脳”実験を芦田を相手に行うことに。左右どちらの手にコインを隠しているかと当てるというものだが、“洗脳”することで隠す手をコントロールできるというのだが、果たして結果は…!?

出演者の脳内もコントロールするというティモンは、イメージしたサイコロの目を出演者11人の脳内に送信。最後に残るひとりを予測するのだが、衝撃の結果にスタジオは騒然…!?  さらに、ティモンは三四郎・小宮浩信のスマートフォンのパスワードを指先からマインドスキャンして、キーロックの解除に挑戦する実験も行うのだが…!  

そんな中、超常現象否定派で早稲田大学の名誉教授・大槻義彦がティモンに、自らのタブレットの暗証番号を当てるよう宣戦布告。「疑っていますね?」と声をかけるティモンに、超能力など存在しないという大槻は「私は超能力なんていうものがあったら大学を辞めると20年、言い続けているんです!」と真っ向から反論。そして、「もし当たったら、早稲田大学名誉教授の称号を返上します!!」と力強い宣言も飛び出した。この後、放送開始から20周年にして大衝撃の展開が待ち受けているのだが、緊迫の対決に行方は放送で確認しよう。

このほか、2017年に世界で注目を集めた超常現象の衝撃映像も一挙大公開。また、アメリカ国防総省が秘密裏にUFO宇宙人の調査を行っていたことが複数のメディアで報じられ、その調査対象となっている2004年サンディエゴで空軍機が撮影したUFO映像も公開される。番組独自の調査で国防総省極秘プロジェクトの核心に迫っていく。スタジオでは、恒例となっている超常現象肯定派と否定派の大激突も過去最高の盛り上がりに。20周年を迎えた年末恒例の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」で、2017年を締めくくろう。

ほか、江口ともみ、大竹まこと、大槻義彦、劇団ひとり、古坂大魔王、寺島進、羽鳥慎一、堀田茜が出演。超常現象肯定派として、国際気能法研究所・所長の秋山眞人、動物研究家・實吉達郎、予言専門家・白神じゅりこ、科学問題研究家・竹本良、UFO宇宙博士のトパーズ・ルアール、UMA研究家・中沢健、たま出版社長・韮澤潤一郎、作家でオカルト研究家の山口敏太郎が登場する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)