マツコデラックス、美人社長令嬢に「300万円の時計、いま買ってもらえ!」と入れ知恵!?

マツコデラックス、美人社長令嬢に「300万円の時計、いま買ってもらえ!」と入れ知恵!?

「マツコ会議」の中継で、セレブが集まる高級時計店の実態を知り、驚くマツコデラックス

12月23日(土)に日本テレビ系で放送される「マツコ会議」(夜11:00-11:30)は、セレブが集う東京・銀座の高級時計専門店から中継。

■ “腕時計しない派”マツコでも興味津々になる空間!

中継をつないだ店舗は、「ブラッド・ピットが200万円のオーデマ ピゲを買った」という情報もあるほどの高級店。

普段から何百万円の高級時計をいくつも買っているセレブなお客さんたちが、3カ月に1度、交流会をしているという。

マツコデラックスは「時計って私したことないかも」「何もしたくなくない? スッキリしたくない?」と腕時計に消極的。

しかし、「店内に置いてある時計は数百万円は当たり前で、一番安いものでも40万円はする」と聞くと、桁違いの高級時計に興味津々。

■ マツコ、314万円の腕時計の交渉に挑戦!?

ダンディーな男性客が多い中、マツコが最初に話を聞いたのは24歳の美しき社長令嬢。

彼女が目をつけているのは、314万円もするパテック フィリップのカラトラバという時計。

マツコが「お父様はその時計、今日買ってくれそう?」と聞くと、「大学卒業など人生の節目で買ってもらっているので、次は多分結婚の時だと思います…」と諦めムード。

そんな彼女に対し、「結婚するってウソついて買ってもらえばいい。買った後、破談になったって言えばいいのよ」とアドバイス。

さらに「お父様を私が説得する!」とマツコ自ら中継中に交渉を宣言。果たしてマツコはどんな交渉術を見せるのか、そして交渉の結果は放送で明らかになる。

■ 時計マニア大興奮の“背面細工”とは?

この他にも、この日は規格外のセレブが続々登場。

注文した2300万円の時計を取りに来たという経営者の男性に品物を見せてもらうと、ダイヤが散りばめられたキラキラ仕様で、マツコは仰天。

さらには店の金庫から世界三大時計の一つ、パテック フィリップの1億円超えの時計が登場。その背面に施された細工に、時計マニアのセレブたちが大興奮。その魅力にマツコが迫る。

なぜセレブは高級時計に魅了されるのか。その奥深き世界をのぞき見てほしい。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)