須田亜香里、MV編集に激怒「スクール水着姿を全カットされた」RaMuは変態に怒り

須田亜香里、MV編集に激怒「スクール水着姿を全カットされた」RaMuは変態に怒り

須田亜香里がミュージックビデオの編集に激怒

12月22日に放送された「必殺!バカリズム地獄」(AbemaSPECIAL)で、AKB総選挙で2年連続“神7”入りするSKE48の人気メンバー・須田亜香里が、ミュージックビデオの編集に激怒する場面があった。

オープニングで、バカリズムが「ファンへの神対応で話題のこの人が、一体何に鬼ギレするのでしょうか?」と須田を紹介すると、須田は「怒らなそうって言われるんですけど、めちゃくちゃ短気です。いつも内心すごくイライラしているんですけど、今日もカバンに小魚を入れてきました」とイライラしないために、カルシウムを摂っていることを明かした。

意外そうに見詰めるバカリズムを前に、須田は「結構ネチネチいくタイプだと思います」と、持ち前の笑顔で語った。

そんな須田が“鬼ギレ”したエピソードについて語る場面になり、須田は「アイドルのミュージックビデオの編集に“鬼ギレ”です!」と発表。

「バラエティーとかの編集は、面白くするために、自分のつまらないところを切ってくれたりするから、むしろありがたいんですよ。だけど、アイドルのミュージックビデオのカットは、えげつない」と前置き。

そして「私の1番ひどかったエピソードは、20歳になった頃に、早朝の撮影で極寒の中『スクール水着を着てほしい』って言われて、朝6時からスクール水着を着て、頭から水をかぶって、それでカメラに向かって無表情で歩いて行くっていうシーンを、何回も、何回も撮ったんです」と、過酷なエピソードを明かす。

続けて「それなのに出来上がりを見たら、全カットされていて…。しかも私の見せ場そこだけだったんです。居た意味ないレベルにされちゃうことが普通にある」と怒りをあらわにした。

同じくゲストの鳥居みゆきから「何か飛び出ちゃっていたんじゃない?」とツッコミが入り、スタジオに笑いが起こったものの、怒りが収まらない様子の須田は「だから、もうすぐ新曲出るけど、あまり期待していないです」と、当時の出来事をいまだに引きずっている様子を見せた。

続いて、豊満なバストが魅力のグラビアアイドル・RaMuが“鬼ギレ”エピソードを発表。

「私、YouTubeをやっていまして、そこにいろいろな挑戦することを載せたりしているんですけど、顔に輪ゴムを何個巻けるかという挑戦をやったんです。30秒間に何個巻けるかで、私、63個巻けたんです。それって顔が変になるから面白いじゃないですか? それを載せたら、コメント欄に『おまえの乳にゴムをはめたい』みたいなのとか。

本当に、気色が悪い!! Twitterとかもリプライで、男性が局部を送ってくるんですよ。グラビアアイドルは結構されるんですよ! “おまえそれ、プリントアウトして、実家の壁に貼ってやろうか!”と思う」と怒りを爆発させた。

あまりにもすごい剣幕で怒るRaMuに、スタジオは笑いに包まれたが、本人的には全く笑えない出来事のようだった。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)