「わろてんか」に“乙女”&“女子寮”登場! 安来節乙女組って何者?

「わろてんか」に“乙女”&“女子寮”登場! 安来節乙女組って何者?

「わろてんか」第13週から安来節乙女組が登場した

12月26日に放送された、葵わかな主演の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合ほか)が、平均視聴率20.2%を獲得。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

総支配人・風太(濱田岳)が「北村笑店の目玉になり得る存在」と豪語する“安来節乙女組”の登場もあってか、これで13週連続で大台を突破した。

12月25日からの第13週では、大正10年秋になり、北村笑店は芸人200人以上、傘下の寄席15軒も抱える大きな会社になっていた。

北村笑店の将来を見すえ新しい演目を探す藤吉(松坂桃李)は、風太が見つけてきた安来節に関心を持ち、急いで島根へ向かう。てん(葵)は藤吉からお金を大至急持って来いと電話で言われ、慌てて安来に出向いたが、それは図らずも結婚して以来初めての夫婦2人水入らずの旅行となった。

安来では大々的な踊り子の選考会を開き、都(大後寿々花)をはじめ優秀な娘たち4人を選び、大阪へと連れ帰った。大阪で安来節を売り出すために娘たちの稽古が始まるが、息が合わずバラバラで、業を煮やした風太が監督役を買って出る…というストーリー。

この週のキーパーソンとなる、初登場の安来節乙女組。そのメンバーは?

■ 安来節乙女組メンバー

●安達都…大後寿々花(おおご・すずか)

乙女組の中で最年長ということもあり、てんからリーダーに抜てきされる。父親の反対を押し切り、てんたちと共に大阪へ。稼いだお金を全部仕送りして、親を楽にさせるために牛を買いたいという、親思いな子。てんの手伝いも率先してこなし、藤吉&てんからの踊りの評価も現時点では一番高い。

●勝部なつ…畦田ひとみ(うねだ・ひとみ)

「一度踊れば、見ている人みんなをとりこにします」や、取り柄は「この目鼻立ちと長い手足」と豪語する、乙女組の“クールビューティ−”。見るからに勝ち気なまなざしが魅力で、プライドも高いからか都がリーダーになったのが気に食わない。また、出来の悪いとわに、かみつくなど、乙女組を今後もかき回しそうな予感。

●錦織あや…鈴木球予(すずき・たまよ)

大阪に行きたい理由は「とにかく通天閣が見たい!」という、乙女組の中で最も“ミーハー”ちゃん。よく笑い、愛嬌(あいきょう)もいい。乙女組の中では最も“現代っ子”感があると言ってもいいビジュアルの女の子。野望・野心があるという感じでもなく、すてきな人とレストランや活動写真館に行きたいと夢見る少女だ。

●小豆沢とわ…辻凪子(つじ・なぎこ)

歌も踊りもあまり自信がなく、自信があることは甘いものを「食べること」。見るからに癒やし系で、4人の中では最も愛されキャラ的な存在だ。大阪に来て、踊りの稽古を始めてから早速踊りの出来が悪いところが露呈してしまい、なつに怒られてしまう。だからこそ伸びシロは無限大かも?

そんなメンバーの中で特に注目なのが、飛び抜けたキャリアを誇るリーダー役の大後と、存在感を発揮している畦田。

「セクシーボイスアンドロボ」(2007年、日本テレビ系)でのヒロイン役で一気に知名度を上げた大後は、ことしも「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)や「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)など、ゲスト出演でもインパクトの大きな役どころで好演した。

先日最終回を迎えたBS時代劇「赤ひげ」(NHK BSプレミアム)にもレギュラー出演しており、週をまたいで立て続けの和装姿も好評を博している。朝ドラには「瞳」(2008年)以来、約10年ぶりのレギュラー出演となる。

出演して早々に見せ場となる、父と子のやりとりでも迫真の演技を見せ、いきなり「大後寿々花ここにあり!」の存在感を見せつけた。

また、畦田はいわゆるBK(NHK大阪局)制作の朝ドラに「あさが来た」(2015-16年)「べっぴんさん」(2016-17年)と続けて3回連続で出演中。「気に入ったら離さなへんで!」でおなじみ(?)の“BK御用達”女優として、今後さらに大きな役どころでの出演も十分ありそうだ。

■ 乙女組は“乙女寮”メンバーの再来か?

「わろてんか」の前作「ひよっこ」でも出てきたうら若き乙女たちによる女子寮が、「わろてんか」でも登場し、SNSでは早くも「女子寮キター!」「ここからスターが出るのか!?」「ひよっこを思い出すなあ」「あまちゃんっぽい!」と一部で話題に。

寮の名前は違うものの、“乙女組”なる女子たちが寮に入って一喜一憂するという展開に、期待が膨らんでいるのかも。

さらに言えば、彼女たちの名前を決めた張本人こそ、元・乙女新党の葵が演じるてんなのも見逃せない。葵の口から乙女組の名前が出た瞬間、乙女新党を思い浮かべたファンも少なくなさそうだ。

そして乙女組以外にも、てんの息子・隼也(南岐佐)が反抗期のようなそぶりを見せるなど、一難去ってはまた一難の北村笑店。来年こそは、みんなそろって“笑える”のか?(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)