【あらびき連載 Vol.6】XTRAP「フィンガータットの世界へようこそ!」

【あらびき連載 Vol.6】XTRAP「フィンガータットの世界へようこそ!」

異色のパフォーマー・XTRAPに直撃!

12月29日(金)夜11時50分から、TBSで「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」が放送される。

「あらびき団」は、 “あら削り”な一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組で、2007年10月から2011年9月までレギュラー放送されていた。MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、ファンの中では“伝説”と称される異色の番組だ。

番組の魅力に迫る短期連載企画の第6回では、番組初登場となる異色のパフォーマー・XTRAPに直撃した。

世界最大のオーディション番組「アジアゴットタレント2017」で、世界トップクラスの緻密な指のダンス“フィンガータットダンス”を披露し、審査員全員一致の大絶賛を獲得。そんな、世界から注目を集めるXTRAPがまさかの「あら−1グランプリ」へ参戦する。意気込みなどを聞いた。

■ あらびき団と私

――ご自身にとって、「あらびき団」という番組はどのような存在ですか?

ZANGE:直球で言うと「新しいチャンスをつかめる場所!」と思っています。僕たちも世代的に過去の「あらびき団」をしっかり見ていた世代なので、今回出演できて純粋にうれしく思っています。

収録スタジオに入ったときに「あーここでパフォーマンスできる日が来たか…」と感慨深い思いでした(笑)。しかも、いつもの僕たちのショーに全く予想外の展開をプラスしての出演…。

これはまさにフィンガータットの世界へようこそ!

■ あらびき団員としての心得

――あらびき団員としてネタを披露する上で、大事だと思ったことはありますか?

NARI:フィンガータットの世界へ! 僕たちは常に世界中に拡散される事を意識して作品作りをしています。

新たな作品を創り出す僕たちの気持ちは常に“あらびき状態!”です。

もっと多くの人たちに知ってほしいですし、僕らはあらびき団員として、世界へ飛び出していきます!

収録ではどうしたらマニアックな、このパフォーマンスをエンタメにできるか、意識して臨みました。(○○さんとの)展開も今後の新しい発想につながるかもしれません♪

これからもぜひ応援してください!

■ あらびき団と苦悩と喜び

――これまで現在のパフォーマンスをしていく中で、苦労したことやうれしかった出来事などありますか?

RYOGA:新しいアートを、そしてWEB動画でも現場でも大満足してもらえる作品作りを目指してきました。そこを両立してのパフォーマンスは制作過程でさまざまな壁があり、常にミーティングを重ねています。

メンバー全員、家族よりも、友達よりも、誰よりもXTRAPと一緒にいますね(笑)。でもそれを苦労とは思っていません。これが楽しくて、ショーを見て喜んでもらえることがもっと楽しい。

動画の拡散や、「アジアズゴットタレント」(世界的に有名なオーディション番組)への出演で、世界中の見ず知らずの人のコメントが何万、何十万と届いたときは「続けてきて良かったな…」と!

アレ…真面目になり過ぎましたかね?(笑) 一言でまとめると…「フィンガータットの世界へようこそ!」です。

■ あら1―グランプリと私

――今回「あら―1グランプリ」の第3弾ということで、グランプリを取る自信はありますか?

ZANGE:僕たちはもしかすると、異質な出演者かもしれませんが…「あら-1グランプリ」優勝をもちろん目指します!! 業界の大先輩の(ハリウッド)ザコシショウさんに続いて世に出たいなと思っております!

テレビの前の人たちに「何だあのパフォーマンスは!? 何だヤツらは!?」と思っていただきたいですね! 絶好のチャンスです。皆さんXTRAPに期待してください。

■ あらびき団と野望

――あらびき団を通しての野望みたいなものがあれば教えてください。

RYOGA:あらびき団員として“全国ツアー!”なんて実現したいですね。ぜひXTRAPに密着してください(笑)。

僕たちはあらびき団さんの過去の放送もがっつり見ていたので、今回も楽しみですし、もしまたレギュラー放送になっと時には、XTRAPもレギュラーに昇格したいですね。

そしていろんな方とコラボしていきたいです。これからもXTRAPにご注目ください!

フィンガータットの世界へようこそ! ありがとうございました!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)