「有吉の壁9」芸人インタビュー前編 アルコ&ピース平子「安村さんの不在はカズが外された時みたい」

「有吉の壁9」芸人インタビュー前編 アルコ&ピース平子「安村さんの不在はカズが外された時みたい」

「有吉の壁」第9弾に参戦する(前列左から)菅良太郎、向井慧、山本浩司、関太(後列左から)尾形貴弘、脳みそ夫、友近、平子祐希、酒井健太

12月29日(金)、日本テレビ系にて放送される「エンタの神様&有吉の壁『年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP』」。その中で、「有吉の壁」第9弾に参戦するパンサー、アルコ&ピース、タイムマシーン3号、友近、脳みそ夫にインタビューを敢行。前編となる今回は、収録時の舞台裏などを語ってもらった。

■ 「有吉の壁」の招集レターは“赤紙”

――今回で「有吉の壁」第9弾となりましたが、まずは収録を終えての感想をお願いします。

菅良太郎(パンサー):そうですね…、やっぱり独特の番組じゃないですか。本当に…辛いです、毎度。もう搾りかすみたいなネタしか出てこないです。…でも楽しいですけどね(笑)。

向井慧(パンサー):毎回「もう出たくない」って終わるたびに思うんですけど(笑)、いよいよ気付いたら初回から出ているメンバーが僕らとあばれる君だけになりまして。とにかく明るい安村さんがちょっと今回は出てらっしゃらないんですけど、安村さんが帰ってくるまではちょっとがんばって、残っていようという気持ちで臨んでいます。

尾形貴弘(パンサー):何か部活みたいな感じで楽しかったです。前回は入らなかったんですけど、最後みんなでお風呂に入るのがあって、そこで何かこう、部活みたいな感じで…。

菅:前回の話してるんですか?

尾形:いや、今回の話。

向井:今回は(風呂に)入ってないです。

尾形:今回は…。

一同:(笑)。

菅:びっくりしちゃった。急に前回の話になっちゃって。

関太(タイムマシーン3号):(「壁」に挑んでる最中)結構頭打ったからな〜。

山本浩司(タイムマシーン3号):記憶が失われてる(笑)。

尾形:ミスが結構ウケたりとか、それで僕は得したというか。ミスして良かったなというか。ミ、ミスが…。

平子祐希(アルコ&ピース):それしか言ってないでしょ。

尾形:はい、ミスが…。あの、よく、ウケて、良かったです。

平子:僕もちょこちょこ、この番組に出させていただいてて、OAがあるとTwitterでファンの方が「有吉の壁楽しみにしてます!」なんて来るんですけど、前回は番組が始まると「平子さん、いつぐらいに出られますか?」って(リプライが)来て。

一同:(笑)。

平子:で、中盤、後半越えて、「平子さ〜ん、私楽しみに待ってますよ〜!」、その後「平子さんがんばれ〜!」になって、番組が終わると「平子さん、いつ出てらしたんですか?」って来て。

で、その後「Hulu版楽しみにしてます!」ってあって、見た人が「いつ出られるんですか?」、終わったら「平子さん出てらっしゃらなかったんですね」となって…。本当に、すごく嫌な思い出です。

一同:(爆笑)。

向井:やめましょ! それは(笑)。

山本:ダメだよ(笑)。

尾形:楽しかったじゃないですか。

平子:今回は本当に、復讐のつもりでしかないですね。復讐心だけです。

酒井健太(アルコ&ピース):一年で一番しんどい仕事だと思います。(ロケの)前日もパンサーさんと一緒だったんですけど、(お互い)本当にため息しか出なかったです。

一同:(笑)。

向井:そうですね、確かに(笑)。

酒井:「あ、みんな同じ気持ちなんだ」っていうのがわかって良かったですね。

山本浩司:「有吉の壁」からのオファーのことを、我々は“赤紙”と呼んでいまして(笑)。また今回も駆り出されて、何とか命からがら逃げ帰ってきましたけど、いつまた来るかと思うとおびえて…。竹やりすらも支給されないので、とにかく裸一貫で立ち向かっていくだけっていう感じですね。

関太:皆さんも言ってましたけど、一年で一番ピリッとする仕事ですね。僕は嫁がいるんですけど、(「有吉の壁」があると)すごく仲良くなりますね(笑)。本当に、「これが最後なんじゃないか」みたいな(気持ちで毎回挑んでいて)。

第4ステージくらいまであるんですけど、ステージごとに嫁に電話しちゃいますね。「やっと一つ終わったよ」「二つ目終わったよ」「あと一つ終わったら帰れるから」って(笑)。そういう仕事はこれくらいですね。

友近:私は結構皆さんとは真逆で。普段からスベったりとかしても全然気にしないというか(笑)、そういう感じで一年目からずっとやってきたので、もう「やりっぱなしでやり逃げ」っていうのが結構得意なタイプなので。

一同:(笑)。

友近:そういう意味ではすごく向いてるんじゃないかな?反応を気にせず、自分のやりたいことだけやって、それでテレビに映るっていう、すごい楽しい番組だなと思って出させてもらいました。

――では、脳みそ夫さんお願いします。

脳みそ夫:こんちわっす!

一同:(笑)。

向井:いや、(ここでネタやっても)文字になるんだからね?

山本:(記者さんが)欲しいのは音だから。

酒井:そこ座ってくれて助かったよ(笑)。

脳みそ夫:唯一、若手予選会から今日(の取材会に)呼んでいただいて、良かったっす! 楽しかったっす!

一同:(笑)。

脳みそ夫:スタートでチャ〜ンス! みんなに届ける、ハピネ〜ス! ごっつぁんです!

一同:(笑)。

山本:必死に考えてきたんじゃないですか(笑)。

平子:(自分の中での)ゴールネタでしょ(笑)。

■ オードリー・春日の活躍は「単価が高い」

――今回の収録を振り返って、一番印象に残ってらっしゃる場面は?

向井:僕は本当に、それこそ友近さんとかが「リアクションの壁を越えろ!おもしろ爆破フリーキック」っていう、結構激しい爆破のコーナーに参加されてて、「そういうところに友近さんを入れてくるんだ!」っていうのはびっくりしました。

友近:私はそれをみんなが驚いてることにびっくりしたんですよ。

関:だって、ありますか?そんな企画(に出たこと)。

友近:ただそういうオファーが来ないだけで。全然もう、わちゃわちゃするのは好きなの。

向井:爆破ですよ?

友近:本当に爆破したら怖いけど(笑)、そのギリギリは楽しめます。

向井:それに僕はびっくりしました。友近さんも爆破やるんだってなったら、僕らぐらいの若手もやんなきゃいけないなっていう。

関:もう(爆破に巻き込まれて)燃えなきゃいけないレベルだよねこっちは。

一同:(笑)。

向井:逃げてちゃいけない(笑)。

関:そうそう、「こっちは燃えるようにやんなきゃ」っていう。でもやっぱり、爆破はすごかったと思いますけどね。

山本:(「ごちそうの壁を越えろ!寿司ネタ争奪!おもしろ選手権」という)大喜利も今回独特でしたけどね。チーム戦みたいになっていて、よしもとチーム、ナベプロチーム、他の多国籍軍みたいな感じで。あんなに「任せとけ!」って言ってたオードリーの春日(俊彰)さんが、60分の収録の前半30分ダンマリだったんです。

一同:(爆笑)。

関:一言の単価が異様に高いですよね。

一同:(笑)。

山本:震えましたね。めちゃくちゃ(見せるはずの)背中小さかったですね(笑)。

関:あと電車(なりきりの壁を越えろ!有名人しか乗れないVIP電車)も大変だったな〜。電車も面白かったですね。物まね電車ですけど、二巡目・三巡目は本当に、電車が揺れる中でメークしなきゃいけないんで、メークさんも大変そうでしたけど。

酒井:大変そうでしたね、確かに。

友近:でも、クオリティー高かったですよね?みんな。

関:いや〜、高かったですよ。すごいです。パンサーも「まだ(ネタ)あるんだ!」と思いましたもん。見ていて。

尾形:本当ですか?

向井:もう無いんですよ! 本当に。もうネタが無い中、僕らも毎回「菅さん合わせ」なんで(笑)。菅さんが何に似てるかで僕らが(そこに)寄っていくって形なんですけど。今回はわりと、寄ったわりには一番いいのが出せたかなっていう。

尾形:俺はもう全然だめだったな〜。

菅:尾形さんは本当に全然だめでした。

一同:(爆笑)。

関:本当にへこんでましたからね。

友近:めっちゃ好きやったけどな、尾形のヤツ。

尾形:本当ですか? あ〜うれしい!

酒井:あれは良かったよ! めちゃくちゃ面白かったよ。

尾形:本当ですか? 唯一自分一人でやったヤツ。

友近:(その時撮った)写メ毎日見てるもん(笑)。

尾形:うれしいです! いたんですねそんな人が。

平子:(尾形は)へこみすぎて喫煙所で地べたに座ってましたからね。

関:あんな汚いところで(笑)。

尾形:もうバブルス(の物まね)がヤバすぎて。でも(みんなにウケてて)良かった〜。

■ とにかく明るい安村の不在は「カズが外された時みたい」

――脳みそ夫さんは予選会からの参加でしたが、予選会はいかがでしたか?本編とはまた雰囲気が違ったと思いますが。

脳みそ夫:やっぱり本戦はすごく大変だなと思って。一日がかりになるので、今考えると、(予選会は)体験版みたいな感じで。

向井:一つのステージだけですもんね?予選会は。

脳みそ夫:そうですね、最初のステージ1だけお試し、みたいな。

平子:(脳みそ夫が)ちゃんと喋れる…(笑)。

一同:(笑)。

脳みそ夫:言うな言うな! ただやっぱり、尾形さんとかもナーバスになられていたので、「あ、ガチだな〜」と思って。

尾形:そりゃあね…。

脳みそ夫:でもおいらは、直前に尾形さんのネタの相手役にさせられそうになったんです。

尾形:もう一人で出るのが怖すぎて! 巻き添えにしてやろうと思って。怖いよだって。

脳みそ夫:「あ、そういう感じなんだ」と思いましたね。…びっくら古今和歌集!

一同:(笑)。

平子:もう(ネタが)無いはずだから(笑)。

関:もう(最後のネタ)出た(笑)?

向井;今ので最後なんですか(笑)。

酒井:舞台と勘違いしてるのかな…(笑)。

――今回の参加芸人さんの中で、皆さんがライバル視していた方はいらっしゃいましたか?

山本:結構、各々ですもんね? ほかの人が何やってるかあまりわかんない状態ですし。

酒井:全然わかんないですね。

関:逆に仲良くならないですか? 誰かに「お願いします、参加してください」とか、「一緒に(ネタ)やらせてくれませんか?」みたいな。なので、仲良くなった人は結構いますけど。

平子:薄っぺらい話すると「己(おのれ)」ですよ。

一同:(笑)。

向井:どういうテンションなんですか(笑)。怖いんですよ一人だけ。

関:向かい合い方がぶっ飛んでるんですよ(笑)。

平子:「これ試そうかな」とか、恐らく(参戦が)決まった一週間前くらいからみんな頭の中でいろんなシチュエーションを張り巡らせて「これの時はこれ使えるんじゃないか」「大喜利でこれ行けるんじゃないか」とかいろいろ考えるんです。

でも、ラブレターと一緒で、朝見てみると「これ何だったんだ?」っていうのを当日とか前日とかに感じて、一回おじゃんにしたりするんですよ。全部白紙にして。で、また0から1を構築して、破壊と構築を一週間繰り返して、そこから生き残った物だけを頭の中に携えて戦場に向かっていくっていう…。

向井:ダセェな(笑)! 長々と(喋っておきながら)。

関:僕らもOAが無い時ありましたからね。

向井:ライバルとかって感じじゃないかもしれないですね、本当に。

――ちなみに、とにかく明るい安村さんが今回出演されないことに関して、現場では常連の皆さんの間で何か話題になっていましたか?

向井:激震は走りましたね。

尾形:そうですね。安村さん何で出なかったんですか?

向井:やっぱ初回のMVPで、「有吉の壁」の立役者みたいな方なので。

関:いつも結果出してましたし。

平子:本当に大げさじゃなく、ワールドカップでカズ(三浦知良選手)が外された時みたいな。

一同:(笑)。

向井:それくらいの衝撃ありましたね(笑)。

関:当日も安村君つぶやいてましたからね。なんか「今から公園行こう!」みたいな。「あ、(スケジュール)空いてはいるんだ?」みたいな。

尾形:すげ〜。

向井:お休みだったんだ…。「明日は我が身」ってみんな思ったんじゃないですかね、それで。

平子:不倫したからなんですかね?それが遅れてきたんですかね。

向井:ちょっと!だとしたら時差がすごいですよ(笑)。

平子:スタッフさんに情報が入ってくるのが遅かったってだけなんじゃないかっていう。

向井:いやいやいやいや…。

山本:(さらば青春の光の)東ブクロ出てるじゃないですか(笑)。

平子:本当だ(笑)。確かに。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)