相楽樹、中谷美紀に愛される謎めいた悪女に!?「自分の武器を出せたら…」

相楽樹、中谷美紀に愛される謎めいた悪女に!?「自分の武器を出せたら…」

舞台「黒蜥蜴」に出演する相楽樹にインタビュー! 黒蜥蜴を演じる中谷美紀に誘拐される早苗を熱演

2018年1月9日(火)より東京・日生劇場にて、三島由紀夫の最高傑作戯曲の一つ「黒蜥蜴(とかげ)」が上演される。本作はこれまで何度も舞台化されてきたが、このたび英国人演出家であるデヴィッド・ルヴォーの手により新たな作品として描かれる。

主演の黒蜥蜴を中谷美紀、黒蜥蜴の運命の恋人でもある探偵・明智小五郎を井上芳雄、黒蜥蜴に誘拐される女性・早苗を相楽樹が演じる。ほか、朝海ひかる、たかお鷹、成河ら豪華キャストが名を連ねる。

今回、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」('16年、NHK総合ほか)、「3人のパパ」('17年、TBSほか)などのドラマでも注目を集めた相楽にインタビューを行い、自身の役柄や作品に懸ける思いなどを聞いた。

■ 自分の持っている武器を出していきたい

――出演のお話しを聞かれたとき、どうでしたか?

これまでは小劇場でやることが多かったので、ルヴォーさんとご一緒で、しかも日生劇場という大きな舞台に立つというのは、私の中ではかなりの挑戦だなと思いました。それから、以前に美輪明宏さんの「黒蜥蜴」を拝見していて、すごくご縁を感じていたので純粋にうれしかったです。でもそのあと、ちょっと不安にもなりました(苦笑)。

――今回、大きな劇場でやることに関して、何か心掛けていることはありますか?

舞台が大きいと、それだけで声の出し方や見せ方だったりが変わってきたりすると思います。私はこれまでなるべく小さく、小さく、テレビとかでもできるお芝居を目指して、小劇場でやってきたので、逆のことをやることになります。だからといって、大き過ぎるお芝居をしてもいけないし、やっぱりミュージカルや宝塚をやられた方にはかなわない部分もあるので、それ以外で自分ができることを見つけていきたいです。

――早苗をどのように演じたいですか?

早苗には秘密があるので、前半と後半ではかなり見方が変わると思います。そこをどう見せるかというのが、大きなポイントだと思います。ほとんど中谷さんと井上さんとお芝居しているシーンが多いのですが、すごく大好きなお2人で役者としてもずっと憧れの人だったので、そこに負けず劣らず今の自分だからできる武器を持って早苗を作っていきたいと思います。

■ 今回の「黒蜥蜴」はシックなモノトーン!?

――三輪さんの「黒蜥蜴」を見られたきっかけは何でしたか? 

三輪さんの作品は、出演者に知り合いがいたので、その方を見に行きまいた。三輪さんのお芝居を拝見するのは初めてでしたが、視覚的にすごく豪華で、セットも衣装もきれいで華やかでした。

――今回はどのような「黒蜥蜴」なると思われますか?

最初、三輪さんの「黒蜥蜴」のイメージが固定概念としてあったのですが、ルヴォーさんのお話を聞いたり、皆さんとのワークショップや稽古をしたりしていたら、もっとシックなモノトーンの世界を考えていらっしゃるんだなという感じがしてきました。

多分、ルヴォーさんの観点から見た「黒蜥蜴」って、きっと三輪さんのとは違う華やかさやすごくグロテスクな部分があって、私が思っていたものとは全然違う舞台になる気がします。

■ 相楽が考える女性の美しさとは?

――共演者の方の印象はどうですか?

中谷さんが誰にでも気さくに、分け隔てなくたくさんお話しをされる方なので、すごくすてきだなと思いました。それで、出演者みんなが一つになれたんです。ルヴォーさんはちょっと目が合っただけでも笑顔で「How are you?」と話し掛けてくださって。ルヴォーさんって駄目出しするより、みんなを褒めてくださるんです。だから、その優しさが全体をいい雰囲気にしているんだなと思います。

――衣装もすてきですね。

すごくかわいいです! この袖のあたりとか、すごくこだわって作ってくださって。この網タイツもちょっと毒のある感じで、すごく早苗っぽいです。

――早苗は、黒蜥蜴に美しく見せるという役どころ。美しく見せるために考えていることはありますか?

女性の美しさって、見た目とかスタイルもあると思いますが、私は所作やしぐさ、話し方なんじゃないかと思うんです。舞台って、そういうので、空気感が伝わると思うので。指先とかそういう細かい部分まで意識することで、かなり変わると思います。ワークショップの時に、ルヴォーさんに「バレエのような動きで」と言われたのですが、バレエみたいにおだやかになめらかに動くことは大事かなと。すごく「黒蜥蜴」に合っているんだと思います。踊りは日本舞踊しかやったことはないですが、日本舞踊の動きもバレエのようにゆっくりなので、そういう意味では波長が近いものを感じています。

■ 「黒蜥蜴」は運命的に出合った作品

――三島さんの戯曲は口語調な部分もあり難しいかなと思われますが、そこも含めての挑戦ですね。

そうですね。三島さんの作品は、すごく詩的なんですよね。すごく言葉の数が多いように思われるかもしれないですが、ちゃんと読みといていくと、すごく詩的でおしゃれなんです。テレビとか小劇場でやっていると、まず触れることがなかった作品なので、大きい舞台でそういう話し方をしている役者さんを見て、ちょっと憧れはあったんです。「ああいう口語的なせりふをしゃべってみたいな」って。だから、すごく今はわくわくしています。

音に頼ったりとか、勢いでせりふを言ったりとか、そういうことをしないようにしていきたいです。言葉には全部意味があって、力があってというお話しをルヴォーさんとしていて、今まであまり考えてこなかった台本との向き合い方をより感じるようになりました。

――三島さんという作家について、思うことはありますか?

舞台を見る全然前ですけど、三島さんを初めて知ったのが、「黒蜥蜴」でした。行きつけの喫茶店に、「黒蜥蜴」の本が置いてあって読んだんです。その後、舞台を見て、今回出演のお話しをいただいて…運命的なものを感じますね(笑)。

――最後に、印象的なシーンを教えて下さい。

黒蜥蜴と明智さんの恋ですね。すごく情熱的で、本当にお2人のすてきなシーンがあるんです! ソファーの中に明智さんがいて、本当にソファーをめでるように黒蜥蜴がソファーにキスするんです。そこは中谷さんの艶っぽさが本当にすてきです!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)