クロちゃんの“奇行”に「マジでヤバイ」の声

クロちゃんの“奇行”に「マジでヤバイ」の声

クロちゃん

12月27日放送の「水曜日のダウンタウン 2時間SP」(TBS系)で、安田大サーカス・クロちゃんへのドッキリ企画を放送。放送直後からSNSには視聴者から番組内でのクロちゃんへの感想が寄せられた。

同番組ではこれまでもたびたびクロちゃんにドッキリ企画を敢行。

今年8月にはクロちゃんの自宅に設置した隠しカメラが、Twitterで嘘の投稿を連発しているクロちゃんの様子を捉えたが、それを受けて今回は「Twitter企画第2弾」を放送。

クロちゃんに美女との恋を予感させるハニートラップを用意して、今回も隠しカメラによる10日間の完全密着でクロちゃんの心の葛藤をVTRに収めた。

ドッキリ企画の進行中の10日間、クロちゃんは「(お弁当の)ご飯は少なめでいただきまーす♪」(実際は通常の量を完食)や「マネージャーに寝顔撮られてたしん!!」(実際はタヌキ寝入り、かつ自撮り)などの嘘ツイートをまたもや連発。

スタジオでVTRを見ていた高橋みなみは、クロちゃんが嘘をつく理由がわからず「なんなんだろう!?」と叫びながら顔をしかめ、松本人志も爆笑しつつも半ば呆れながら「楽しませてくれるね〜」と漏らす。

ハニートラップでクロちゃんのハートをがっちりと掴んだのはモデルの小林レイミ。

クロちゃんは「レイちゃま」と呼ぶ小林への恋心を募らせる一方、居酒屋で席を外した小林のグラスに口をつけて間接キスを奪うなどの行動もたびたび見せる。

ドッキリ企画とは知らずに自分の思いを小林にガチ告白したクロちゃんだったが、最終的には番組が用意した落とし穴に落とされてしまった。

放送終了後、視聴者のSNSには、「めちゃくちゃおもしろかった」「(片思いが実らず号泣するクロちゃんの姿に)ラストで泣いた」という絶賛の声のほか、「クロちゃんマジでヤバイ」「クロちゃん逮捕されそう」など、嘘ツイートや奇行の数々に恐怖するコメントも多数見受けられた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)