「すべらない話」に宮根誠司、霜降り・せいや、チャンス大城が初参戦!

「すべらない話」に宮根誠司、霜降り・せいや、チャンス大城が初参戦!

1月20日(土)、「土曜プレミアム『人志松本のすべらない話』」(夜9:00-11:10フジテレビ系)で、宮根誠司(写真右から2番目)が第32回大会のゲストとして初出演

1月20日(土)、「土曜プレミアム『人志松本のすべらない話』」(夜9:00-11:10フジテレビ系)で、第32回大会のゲストとして宮根誠司が初出演。

今大会には、宮根以外にも、千原ジュニア、宮川大輔、秋山竜次、春日俊彰、小籔千豊らおなじみのメンバーに加え、期待の若手芸人である霜降り明星・せいや、ジュニアと同期の芸人だが、今までテレビ出演がほとんどなかった不遇の芸人・チャンス大城が初参戦。チャンス大城は、2017年12月21日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で、まさかの初優勝。優勝の勢いそのままに、今回はMVS(モスト・ヴァリュアブル・すべらない)の獲得を目指す。

収録を終えた松本人志、宮根らのコメントを紹介!

■ 松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、宮根誠司 コメント

――収録を終えて

松本:宮根さんに(生放送終わりで)お疲れのところ、いらしていただいて、その気持ちがうれしいですよね。芸人ばっかりの現場で、うるさかったでしょう?

宮根:いやいや。今日、僕、15ネタくらい用意してきたんですよ。だから、もうちょっと、しゃべりたかったです(笑)。

松本:何か、終わってから急に強気になりましたね(笑)。

宮根:この現場の空気や緊張感を知らなかったんで(笑)。独特の空気感がありますよね。でも、ちょっとクセになりそうです。オファーを受けた際は、正直、嫌やなと思ったんですが(笑)。

松本:2回目、3回目もぜひ。今度は、僕の横に座ってくださいよ。あそこに座るのを嫌がっていたって聞いてますよ。

宮根:あそこは、何かスペシャルな感じがするじゃないですか。何で、(座り位置を)ずらしてもらったかと言うと、レギュラーを狙っているんです(笑)。

松本:逆に(笑)。ゲスト扱いされるよりも(笑)。そこは、古舘(伊知郎)さんと違うところですね。

宮根:あの人、変わりもんですから(笑)。

千原:(宮根を指して)こっちの方が変わりもんですよ(笑)。

――番組を楽しみにされている方々へのメッセージ

宮川:宮根さんはもちろん、新しいメンバーもいまして、(千原ジュニアと)同期のチャンス大城さんは、本当にもう怖いくらいに面白かったので、楽しみにしていただきたいなと思います。

千原:チャンス大城は同期ですから。30年、世に出てこなかったんです(笑)。それが一番面白くないですか? チャンス大城は、これから出てくると思います。

宮根:ずっと、この番組を見させていただいているんですけど、“笑い”が変わってきたように感じました。僕らが思っている“笑い”と、若い人たちの“笑い”が違っていて、逆に新鮮で面白いなぁと、新しい発見がありましたので、今後、番組に取り入れたいと思います(笑)。

松本:本当にね、最終回にふさわしい…(笑)。

宮根:やめてください(笑)。まだまだ、やりますよね、僕はレギュラーを狙っているんですから(笑)。

松本:これからも、ぜひ楽しみにしてください(笑)、(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)